フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • ブログランキング


    人気ブログランキングへ
  • 日本ブログ村

キリスト教エッセー

2022年6月24日 (金)

2022年キリストの聖体〜年間第13主日: イエスのみ心と聖ファウスチナ

93_20220624185201 476 神の慈しみのチャプレットの啓示

 

この祈りはわたしの怒りを宥めることに役立つ。

あなたは、ロザリオの珠を使って、九日間、それを次のように唱えなさい。最初に主の祈り、アヴェ·マリアの祈り、使徒信条を唱えなさい。

 

次に主の祈りの珠で、次の言葉を唱えなさい。「永遠の父よ、わたしたちと全世界のすべての罪の償いのために、あなたの最愛の子、わたしたちの主イエス·キリストの御体と御血、御霊魂と神性を御前に献げます。」

 

アヴェ·マリアの祈りの珠を使って、次の言葉を唱えなさい。「イエスの痛ましい御受難によって、わたしたちと全世界に慈しみを注いでください。」

 

結びとしてこの言葉を三回唱えなさい。

「聖なる神、聖なる全能の神、聖なる永遠の神よ、わたしたちと全世界を憐れんでください。」

(《ファウスチナの日記》p.220、祈りの部分のみ抜粋)

 

お元気ですか。ご無事ですか。しぇるりんです。(^ ^)

 

6月24日は「イエスのみ心」の祝日なので、今回は聖ファウスチナの「慈しみのチャプレット」の祈りをご紹介します。

 

物価高騰が、わたしたちの生活を直撃しています。これは日本だけじゃなく、世界的にも物価高に苦しんでいます。

 

すでに世界90か国以上で、物品税(消費税)など諸税の減税措置が行われましたが、日本だけは「増税」という奇妙な状況です。収入や年金額は減っており、光熱水道費の値上げはかなり深刻な幅です。

 

日本政府の物価指数では3%なのに、消費者の体感する支払額の三割ぐらい上がってます。輸入品は、更に値上がりするでしょう。

 

世界の多くの国は、人為的な食糧危機に瀕しています。自国の穀物生産を減らした結果、フィリピンでは主食の米が買えない値段になりました。インドが小麦輸出の停止を発表後のスリランカは、デフォルト+食糧危機です。

 

世界は、ロシアによる侵略戦争·ウクライナの食糧輸出妨害·排外主義が荒れ狂っています。神の愛と慈しみが何よりも必要な時に、わたしたちは心からの祈りによる救いがあることを忘れがちです。

 

ロシア軍によるウクライナ侵略から、ちょうど120日が経ちました。この戦争は、ロシア軍が戦争を止めると決めて、実行すれば終わります。既に負け戦に決まっている戦争を少しでも有利な所まで引っぱりたい…という政治家の権力欲が、世界中の混乱を深めています。

 

そこで、今回は聖ファウスチナと聖ヨハネ·パウロ二世の出会い、そしてイエスのみ心の祈りの勧めについて一言添えたいと思います。

 

  • 聖ファウスチナと聖ヨハネ·パウロ二世の出会い

 

聖ファウスチナ(ヘレナ·コヴァルスカ)は1905年にポーランドの片田舎で生まれ、7歳の時に修道召命への内的な声を聴きました。

 

両親の反対で19歳まで家政婦として3軒の家庭で働いたのち、1925年に「神の慈しみの聖母修道会」に入会。パン製造所、台所、菜園、受付などの役割を病弱な身体で従順のうちに果たした修道女です。

神の慈しみの内的な声を日記にしるした聖ファウスチナの「日記」は、青年時代に神の慈しみを追い求めたヨハネ·パウロ二世(カルロ·ヴォイティワ)の目に止まっていました。

 

聖ファウスチナが主イエスのヴィジョンを最初に見た1931年、ポーランドはナチス·ドイツの台頭、隣国ウクライナのホロドモール(赤い飢餓)、ソ連のスターリン独裁政権など「世界の悲鳴」の真っ只中で震えていました。

 

神への信頼を失った人々…聖ファウスチナが自らを罪のあがないの生けにえとして捧げた人々は、彼女の周りに大ぜいいた名もない人々です。

 

たましいの痛みを身体的苦痛と霊魂の痛みとして感じ続けた聖ファウスチナの祈りは、若きカルロ·ヴォワティエ神学生(聖ヨハネ·パウロ二世)の支えとなりました。

 

「祖国の意向のため」に祈った聖ファウスチナは、今も「全世界のため」に祈るよう招いておられます。彼女のなかで、祖国と全世界がイエスの慈しみ、神の愛によって一つになった時を、思い起こしましょう。

 

聖ファウスチナは、全世界·全人類、すべての罪人を主のもとに連れて来て、慈しみのうちに神への信頼を再発見させるよう、主に遣わされました。

 

一人の人間として個人的につながれる世界は、時代と状況により限られています。全世界の「痛み·苦しみを共に苦しむ」のは聖人の賜物です。

 

でも、神の愛と慈しみのなかにおける全世界」は、確かにあると思うのです。

 

小さなクラクフ大司教区のなかで、図書館所蔵の日記を通じて、聖ファウスチナは聖ヨハネ·パウロ二世と出会いました。

 

主は、確かに導いておられます。毎日は奇跡の連続です。日々の生活のなかに奇跡を見出して、祈りましょう。

 

  • 主のいつくしみのチャプレットのノヴェナ

 

九日間の祈り、またはノヴェナと呼ばれる祈りは何かのご利益を求める祈りではありません。

 

九日間という区切りがあることで、ノヴェナの祈りを続けやすいという点はあります。また、九日間に聖家族やキリストの御受難など、一つのテーマに沿った観想を誰もがしやすいのは事実です。

 

祈り·勉強·仕事の習熟度でもそうですが、目移りしてばかりいると、徒労ばかりで前に進めません。

 

その点、ある目標に向かって「九日間祈りながら、努力してみる」のは有用です。「神への信頼を取り戻す·深める」ことが、ノヴェナのほんとうの目的だからです。

 

主イエスはそれぞれが神と人への信頼を取り戻せるよう、いろいろなやり方で招いてくださいます。父なる神の聖霊以外の何者もこれは出来ないだろう…というやり方でそれぞれをお導きになります。

 

大切なのは、聖霊の導きに従順でいることです。その導きは、人間の浅はかな思慮は決して及ばない何かです。

 

主の内的な声に従って生きようとすればするほど、理不尽なことがらが起きるかもしれません。それでも、前に進みましょう。

 

一歩進むつもりがとんでもない後戻りにつながったように見えても、主の内的な導きにすべてお任せしましょう。

 

主が何をどうされようとしているのか、人間の小さな思い·ことば·行い·怠りのなかでは、分からないものだからです。

 

この時代の変革期にあって、ほんの数年先のことですら人間には分からないのが人生だと、つくづく感じます。

 

自分や家族、周りの人々への導きを求めて、慈しみのチャプレットを祈りましょう。主のみ旨が行われるために、わたしたちにも出来ることが何かあります。

 

どうぞ、ご自愛ください。暑くなりましたが、マスクはまだ着用した方が良さそうです。

 

ご無事で!

 

 

6月26日(日・主・緑) 年間第13主日

第一朗読: 列王記上19·16b,19-21 

答唱詩篇: 98①②⑤(詩編16·5,8,11)

第二朗読: ガラテヤの信徒への手紙 5·1,13-18

アレルヤ唱:269(13C)(サムエル上3·9+ヨハネ6·68c)

福音朗読: ルカによる福音書9·51-62

 

(カトリック中央協議会《教会暦と聖書朗読2022年C年》より引用しました。)

動画配信情報(6月24日午後時点):敬称ほぼ略

 

緊急事態宣言中・医学的パンデミック中は、公開ミサ全面中止、動画ミサ配信のみ、予約制・人数制限のある小教区・教区・大教区もあります。体調に不安のある方、高齢者と同居されている方だけでなく、教会共同体への愛のためにも、ご自宅で安心してあずかれる動画ミサで教会の祈りに参加しましょう。主日のミサ免除の規定など、詳しくは所在地の教区、大教区の教区長、小教区主任司祭および教会委員会のガイドラインをご確認ください。2022年1月14日以降、サムネイル事前告知のないカトリック教会のチャンネルについては、チャンネルのみのご紹介とします。

 

カトリック東京大司教区

登録チャンネル: こちら

「週刊大司教 第八十一回 キリストの聖体」

こちら 

菊池大司教さまの「週間大司教」再開です!

  

カトリック関口教会 

チャンネル登録:こちら

※当日配信のようです。

 

St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会(旧:聖イグナチオ教会事務室) 

St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会

こちら 

※当日配信&サムネイルの更新が土曜日のようです。

 

Please register “St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会” for further information. 

 
Với những thông tin về các Thánh Lễ được phát trên YouTube sắp tới đây, xin vui lòng đăng ký vào trang của 『St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会』( Văn Phòng Nhà Thờ Thánh Inhaxio)

Por favor regístrese  “San Ignacio, Tokio, Centro Loyola.

 

カトリック高円寺教会

チャンネル登録:こちら 

*サムネイル事前登録がありません。

 

カトリック吉祥寺教会 青年会若葉

チャンネル登録:こちら 

カトリック吉祥寺教会は、大祝日などには入場者制限があるため青年会がライブ配信する、とのことです。

カトリック碑文谷教会

チャンネル登録:こちら

 

カトリック葛西教会チャンネル

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック葛西教会/キリストの聖体 ミサ・ライブ配信~2022年6月19日(日)10時

こちら

江戸川区近辺の皆さま、カトリック葛西教会のミサ・ライブ配信を確認しました。

 

カトリック潮見教会(Shiomi Kyokai Channel)

チャンネル登録:こちら 

※ 主日ライブ配信のチャンネルです。

  

尊者エリザベト北原玲子を守護の聖人とする、おなじみカトリック潮見教会さんが動画ミサ配信をしているのをやっと見つけました。ライブ配信です。

カトリック本所教会 

チャンネル登録:こちら 


横浜教区(登録チャンネル名:catholicyamate) 

登録チャンネル:こちら 

年間第13主日 ~ カトリック山手教会 ~(2021年6月26日11:25~)

こちら 

The Body and Blood of Christ | Sacred Heart Cathedral Yokohama(19th June 2022, 9:25~Live Streaming)

HERE 

カトリック末吉町教会
登録チャンネル:こちら 

※ ライブ配信チャンネルです。

 

末吉町教会教会学校

登録チャンネル:こちら

 

教会学校のチャンネルをやっとみつけました。探してたのに…。

 

カトリック保土ヶ谷教会

登録チャンネル:こちら  

2022年6月26日 年間13主日10:00~

こちら

 

カトリック鍛冶ケ谷教会青年会

チャンネル登録: こちら   

年間第13主日 ミサ 生配信(2022年6月26日10:30~)
こちら  

 

カトリック大船教会 

チャンネル登録:こちら

※チャンネルに当日アクセスしてみてください。

 

カトリック平塚教会

チャンネル登録:こちら        

年間第13主日(6月26日 9:30:ミサ)

こちら

 

カトリック雪ノ下教会(yukinoshita church)

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック鷺沼教会

チャンネル登録:こちら

 

カトリック二俣川教会

登録チャンネル:こちら

カトリック二俣川教会ホームページからも見られます。

 

カトリック太田教会(さいたま教区、群馬県)

チャンネル登録:こちら

  

さいたま教区(群馬県)のカトリック太田教会さんのミサ動画録画配信を確認しました。

カトリック加須教会

チャンネル登録:こちら 

カトリック加須教会 年間第13主日ミサ  2022年6月26日 14:00

こちら

 

さいたま教区(埼玉県)のカトリック加須教会さんのチャンネルをやっとヒットしました!

 

札幌教区「日ごとの福音テレビ」

日毎の福音チャンネル: こちら  

年間第13主日のミサ・日ごとの福音テレビ (6月26日07:00~)

こちら

カトリック新潟教区

チャンネル登録: こちら 

岡秀太助祭 司祭叙階式

こちら

 元三位一体聖ベネディクト会修道士のマキシミリアノ・マリア・コルベ岡秀太助祭の司祭叙階式がありました。

 

カトリック広島教区「平和の使徒推進本部」Catholic Hiroshima Diocese

 

広島教区ライブミサ配信は、カトリック幟町教会チャンネルさんが主体です。世界平和記念聖堂が、とても美しいです

カトリック幟町教会の登録チャンネル:こちら
2022年6月26日 - 年間第13主日ミサ  9:30

こちら

Diocese of Fukuoka カトリック福岡司教区 

※当日更新をご確認ください。

直方カトリック教会の動画

チャンネル登録:こちら 

※ライブ配信チャンネルです。

 京都 みんなで捧げるミサ

登録チャンネル: こちら 

 

京都洛北ブロック主日ミサの登録チャンネル名が変更になりました。

※ 主日前の土曜日ライブ配信です。

 

カトリック名古屋教区- Nagoya Diocese

登録チャンネル: こちら

 

カトリック安城教会(Kyokai AnjoTv)

登録チャンネル: こちら 

※ 当日ライブ配信です。

 

やっとヒットしました。愛知県のカトリック安城教会さんのミサ配信です。

 

カトリック岐阜教会

登録チャンネル:こちら

※ 当日ライブ配信です。

 

カトリック南山教会

登録チャンネル:こちら 

 

カトリック岸和田教会michael 

※ 当日ライブ配信です。

 

Sacra Familia Osaka

(サグラダファミリア・カトリック大阪梅田教会)
チャンネル登録:こちら 

※ 当日ライブ配信です。

カトリック大阪梅田教会さんのミサ配信続いてます。大阪大教区の皆さん、大阪人のみなさん、ぜひチャンネル登録お願いします!

 

カトリック和歌山紀北教会-屋形町聖堂

チャンネル登録:こちら    

 

ミサ(和歌山紀北教会の献堂式)14:00~

こちら 

※献堂式後、当日配信に変更になったようです。

カトリック仁川教会

チャンネル登録:こちら 

 

兵庫県西宮市のカトリック仁川教会💒さんをやっと見つけました。正直、関西地方の地名はよく判らない所も多いので、失礼しました!

 

酒井俊弘司教

チャンネル登録:こちら 

平和のためのロザリオの祈りの集い その4

こちら 

その1~3もあるようです。

 

カトリック鹿児島教区

登録チャンネル:こちら 

 

Roman Catholic Archdiocese of Nagasaki

カトリック長崎大司教区登録チャンネル:こちら 

 

カトリック黒島教会福音宣教部

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック平戸口教会

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック司祭・修道院の登録チャンネルのご紹介;

名古屋教区内 

Kataoka Yoshihiroチャンネル登録: こちら 

 オンライン教会学校 初聖体クラス Lesson②

こちら

初聖体クラスって何をしているの?と素朴な疑問にお答えして!

Hiro Francisco(カトリック大和高田教会)

チャンネル登録:こちら 

  

聖パウロ修道会サンパウロ

登録チャンネルURL: こちら 

 

第82回 津和野・乙女峠【カトリック入門】※字幕付き

こちら 

カトリック入門テーマは「津和野・乙女峠」。殉教者たちの道をたどります。

 

カルメル会上野毛修道院チャンネル登録:こちら

 

サレジオ会日本管区チャンネル登録: こちら 

 

主に平日ミサは小立神父の「ぼっちミサ」へどうぞ!
小立花忠チャンネル: こちら

毎日、平日ミサなら「ぼっちミサ」カトリック彦根教会の小立神父司式でどうぞ!

 

迫真のぼっちミサ、ついにC年まで続いています。基礎疾患がある、平日ミサがないとどうも元気の出ない方はぜひどうぞ!(継続中を確認済)

 

Gerard GOUINEAUグイノジェラール

チャンネル登録:こちら

 

🥀🍀【2022年 5月と6月の花の紹介】アガパンサス、バラ、紫陽花🌺など・Floralies

こちら

そう言えば、海外で紫陽花はみたことないです。ありましたっけ?  

 

オマケ!

イエスのみ心ってなに?

こちら

「緊急支援」で有名なカリタス修道女会も、イエスのみ心を大切にする修道女会の一つです。ご紹介動画を見つけました。

 

※YOUTUBEでのチャンネル登録者数や再生回数の増加、および操作回数とわたしの検索頻度により、ライブ&動画配信情報に時差が生じております。ご容赦ください。また、掲載されていないカトリック教会のミサが多々あると思われますが、増減する動画配信に一人で検索する限界を感じています。全国で公開ミサが行われるようになり次第、ライブ配信・動画情報提供も終了いたします。

 

 

霊的読書(レクチオ・ディヴィナ)とは、聖書(主に福音書)などを音読し、その中の「ちょっと気になる一句」に心を留めて、祈りのうちに神さまを思い、その一句を通して神さまと語り合うことを指します。ブログ中の聖書の解釈に関する内容は、しぇるりん個人の感想です。聖句そのものと、地理、人間関係などの事実関係は、特別な記載がないものは、日本聖書協会2008年版≪新共同訳 新旧約聖書続編つき≫の解説部分に依拠しています。詳しくは、日本聖書協会発行の≪新共同訳 新約聖書≫≪新共同訳 聖書≫をご参照ください。なお、ミサの朗読福音は、カトリック中央協議会発行の《毎日のミサ》によります。

 

モルモン教、ものみの塔(エホバの証人)、世界基督教統一神霊協会(統一教)、新天地イエス教証しの幕屋聖殿、Apostolic Catholic Church(カトリック使徒教会)は正統派のキリスト教ではありません。「カルト宗教」です。ご注意下さい。

 

「しぇるりん」になりすまし、他の方のブログにコメントを書き込む事例があるとのご指摘を受けました。私は他のブログに書き込みをしません。また「しぇるりん」を騙るニセブログもあるようですが、このブログの書き手とは別人です。ご注意下さい。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村←ポチッとしてください。励みになります。 ポチッとよろしく!

 

English blog is also available http://shelillelinnecatholictipoff.blogspot.jp/

 

定番の聖書なら→日本聖書協会《新共同訳 新約聖書詩編付》

 



わかりやすいと大好評のカトリック入門書

 



カトリック書籍と聖具は定価で買えるドンボスコ社HPからどうぞ!

 

ドンボスコ社ネットショップ

 





Helps meditation and lectio divina according to the Benedictine monastic spirituality.

 



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ<br/><a href=にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへにほんブログ村 カトリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
<
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ポチッとしてください。励みになります。 ポチッとよろしく!





2022年6月17日 (金)

2022年三位一体〜キリストの聖体: 祝福とは?

Corpuschristios4 いと高き神の祭司であったメルキゼデクも、パンとぶどう酒を持って来た。彼はアブラムを祝福して言った。

「天地の創り主、いと高き神に

 アブラムは祝福されますように。

 敵があなたの手に渡され、

 いと高き神がたたえられますように。」

 

ガーナの小教区での聖体行列(菊池大司教)                         (創世記14·18-20) 

 

お元気ですか。ご無事ですか。しぇるりんです。(^ ^)

 

どうも世の中、暗いニュースばかりで気分が滅入っている方も多いと思います。

 

その上、物価高です。原油先物価格や円安など、世界の取引相場の異常な状態が原因です。しばらくは、日本政府の支援もなく、税額と物価が上がり続けるでしょう。

 

岸田内閣は、内容もよく判らないまま「貯蓄から投資へ」などと言ってます。しぇるりんの現在のお仕事は投資(投機·ギャンブル·金融機関ではない)関連。

 

プロも「正直、分からない」と言い、長年の投資ファンですら「退場」や「お勧めできない」状況で、素人の方に国政の責任者がオススメするような発言をすること自体、異常です。長年の投資ファンの多くは、投資に関する本を何十冊も読み、関連の講演会や勉強会に参加し、日々情報蒐集などを楽しく感じるタイプの方々です。

 

長年好きでやってる投資家ですら、薄氷をふむ思いでビクビクしている時です。決して、惑わされないでください。

 

わたしたちの教会は、まもなく聖体の祝日を迎えます。しぇるりんの通う教会は、この日に初聖体を祝います。

 

幼児洗礼で主の教会共同体の一員となった子どもたちが、カトリック教会の教えをならい、はじめてもゆるしの秘蹟とご聖体拝領をします。

 

式次第に従って祝福を受ける子どもたちの姿が、目の前に見えるようです。

 

聖体の祝日に読まれる、「創世記」の朗読から、日本の教会では「司祭、代父母、家族が儀式のなかでする」と考えがちな「祝福」の意味を考えてみましょう。

 

  • メルキゼデクの祝福

 

「生まれた日から、あなたには王の威厳が備わっている。

 あなたは朝の露のように生まれ、光り輝く。

「メルキゼデクのように、おまえは永遠の祭司。」

これは、ゆるぎない神のことば。

 

神は、その右の手で

怒りの日、王たちを砕かれる。

主は諸国をさばき、勝利をおさめ、

遠く地の果てまで、力をもって君臨する。」

(詩篇110 王であり祭司である救い主: 教会の祈りより)

 

「創世記」で唐突にあらわれる永遠の祭司、「メルキぜデク」。彼は、アブラムにパンとぶどう酒をもって来て祝福します。

 

神があなたの在るがままの状態を、喜んでおられます。祝福とは、確かに神に愛されているよ…と主なる神はアブラムに伝えました。

 

この創世記の続きを読むと、祝福を受けたアブラムはメルキゼデクにすべての物の10分の1を贈ります。アブラムは、親族ロトを助け出すため、結果としてソドムの王らも救出しました。

ソドムの王は領民の返還を求める代わり、自分の財産を贈るとアブラムにいいます。一種の外交辞令ですね。この時アブラムは「あなたの物は、たとえ糸一本、靴ひも一本でもいただきません!」と厳しく拒絶します。

 

つまり、ソドム王の財産は「祝福されていないもの」だから受け取らなかった…という事のようです。

 

主なる神が「祝福する」かどうかを、お決めになるという「旧約聖書」の考え方は、「新約聖書」に受け継がれます。

 

主イエスは、古代社会では「取るに足りない存在·一人前の人間になっていないもの」として扱われていた子どもたちを祝福します。

 

弟子たちを福音宣教の旅に出す時も、祝福して送り出します。

 

神の愛、キリストの教会の交わりと、聖霊の働きがあるところに、祝福があります。

 

日本に住むわたしたちは、誰かを祝福する習慣が信徒のあいだでもあまり一般的ではありません。キリスト者の多い社会では、我が子だけでなく「キリストの祝福を受けるに相応しい行いをする人」を見かけると、気軽に祝福する習慣がまだ残っているようです。

 

神の愛に相応しい行いをする人に、祝福を願うだけでなく、十字架のしるしをして祝福できる時って大切だと思います。

 

また、神さまから頂いた祝福を受けた人に相応しい行いができるよう、祈りのうちに自分自身を振り返りましょう。

 

  • モノの祝福

 

祝福を受けるのは、人間だけではありません。たとえば、戦艦、潜水艦や空母などは、女性に洗礼を授けてもらうのが習慣のようです。

 

「船舶に洗礼を授けるのは女性」は、かなり強い概念のようです。米国の原子力空母「ロナルド·レーガン」に洗礼を授けたのは、ご存命だったレーガン元大統領令夫人でした。

たとえば、旧ソ連の潜水艦K-19の洗礼を授けたのは男性でした。洗礼中に、シャンパンが跳ね飛ぶハプニング発生。その後、退役までこのK-19潜水艦は、すべての乗船者に不吉な思いを抱かせた…という逸話はミリオタの間ではわりに有名です。

 

軍人が個人の思想信条により折々、祝福を受けることはゆるされています。が、軍隊そのものが司牧者の祝福を受けることは、21世紀には一般的ではありません。

 

ロシア正教会のキリル一世首教が、ウクライナ侵略戦争に赴く軍隊(国の命令で動いている状態の軍人)や核兵器にも「祝福」を与えたことは、キリスト教世界では大きな問題になっています。

 

ロシア正教会の名誉のために言い添えますと、2020年にトゥトゥノフ司教は「核兵器などに司祭が祝福するのは、キリストの教えにも、ロシアの伝統にも反している」と語っています。一時期「アトミック正教危惧論」が、ロシア正教会内にもありました。

 

今回のウクライナ侵略では、キリル一世首教座が直接、し祭団を引き連れて武器や軍隊を祝福しただけでなく、ウクライナ征服戦争そのものを祝福しています。

 

船舶·軍艦などの「洗礼」でも名誉職にある女性が洗礼を授ける…という習慣は、米露問わず一般的なようです。

 

20世紀半ばまで「不吉だ」と考えられて来た男性、しかも教会の司祭団による「祝福式=洗礼の意味を深める行為」が、21世紀のロシアの「当たり前」になっていったのでしょうか。

 

背後には、旧ソ連の諜報機関KGBの工作があると言われています。

 

ロシアの一般男女は、2014〜2016年ごろから急速に起きたこの変化の異常さに、気づいていたようです。2020年に声を上げた人がいても、2022年の状況は変えられなかったのです。

 

わたしたちは当たり前に、家を新築する際の建前や竣工、新車購入などの時に司祭の訪問と祝福を求めます。農耕や漁業の節目の時に、祝福を求める習慣が残る地域もあるでしょう。

 

聖体の祝日に、初聖体、成人洗礼の日を思い浮かべつつ、祝福を受ける意味、祝福する意味を観想しましょう。

 

じぶんのなかにある、思い、ことば、行いが主の祝福を受けるに相応しいものなのか…も考えてみましょう。

 

さまざまな理由で動画ミサに与っている方は、リアルご聖体に与るチャンスがなかなかないでしょう。

 

霊的聖体拝領と霊的花束としての祈りを、現実の日々の生活のなかで活かして行けるよう、キリストと共に歩みましょう。

 

ご自愛ください。どうぞ、ご無事で。

 

 

6月19日(日・祭・白) キリストの聖体 

第一朗読:  創世記14·18-20 

答唱詩篇:159①②(詩編110·1+2,3+4)

第二朗読:  コリントの信徒への第二の手紙11·23-26

アレルヤ唱: 266(キリストの聖体)(ヨハネ6·51)

福音朗読: ルカによる福音書9·11b-17

 

(カトリック中央協議会《教会暦と聖書朗読2022年C年》より引用しました。)

動画配信情報(6月17日午後時点):敬称ほぼ略

 

緊急事態宣言中・医学的パンデミック中は、公開ミサ全面中止、動画ミサ配信のみ、予約制・人数制限のある小教区・教区・大教区もあります。体調に不安のある方、高齢者と同居されている方だけでなく、教会共同体への愛のためにも、ご自宅で安心してあずかれる動画ミサで教会の祈りに参加しましょう。主日のミサ免除の規定など、詳しくは所在地の教区、大教区の教区長、小教区主任司祭および教会委員会のガイドラインをご確認ください。2022年1月14日以降、サムネイル事前告知のないカトリック教会のチャンネルについては、チャンネルのみのご紹介とします。

 

カトリック東京大司教区

登録チャンネル: こちら

「週刊大司教」紹介

こちら 

菊池大司教さま、無事回復されたようで「週間大司教」のご案内がありました!

  

カトリック関口教会 

チャンネル登録:こちら

※当日配信のようです。

 

St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会(旧:聖イグナチオ教会事務室) 

St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会

こちら 

※当日配信&サムネイルの更新が土曜日のようです。

 

Please register “St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会” for further information. 

 
Với những thông tin về các Thánh Lễ được phát trên YouTube sắp tới đây, xin vui lòng đăng ký vào trang của 『St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会』( Văn Phòng Nhà Thờ Thánh Inhaxio)

Por favor regístrese  “San Ignacio, Tokio, Centro Loyola.

 

カトリック高円寺教会

チャンネル登録:こちら 

*サムネイル事前登録がありません。

 

カトリック吉祥寺教会 青年会若葉

チャンネル登録:こちら 

カトリック吉祥寺教会は、大祝日などには入場者制限があるため青年会がライブ配信する、とのことです。

カトリック碑文谷教会

チャンネル登録:こちら

 

カトリック葛西教会チャンネル

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック葛西教会/キリストの聖体 ミサ・ライブ配信~2022年6月19日(日)10時

こちら

江戸川区近辺の皆さま、カトリック葛西教会のミサ・ライブ配信を確認しました。

 

カトリック潮見教会(Shiomi Kyokai Channel)

チャンネル登録:こちら 

※ 主日ライブ配信のチャンネルです。

  

尊者エリザベト北原玲子を守護の聖人とする、おなじみカトリック潮見教会さんが動画ミサ配信をしているのをやっと見つけました。ライブ配信です。

カトリック本所教会 

チャンネル登録:こちら 


横浜教区(登録チャンネル名:catholicyamate) 

登録チャンネル:こちら 

キリストの聖体 ~ カトリック山手教会 ~(2021年6月19日11:25~)

こちら 

The Body and Blood of Christ | Sacred Heart Cathedral Yokohama(19th June 2022, 9:25~Live Streaming)

HERE 

カトリック末吉町教会
登録チャンネル:こちら 

※ ライブ配信チャンネルです。

 

末吉町教会教会学校

登録チャンネル:こちら

 

教会学校のチャンネルをやっとみつけました。探してたのに…。

 

カトリック保土ヶ谷教会

登録チャンネル:こちら  

2022年6月19日 キリストの聖体10:00~

こちら

 

カトリック鍛冶ケ谷教会青年会

チャンネル登録: こちら   

キリストの聖体 ミサ 生配信(2022年6月19日10:30~)
こちら  

 

カトリック大船教会 

チャンネル登録:こちら

※チャンネルに当日アクセスしてみてください。

 

カトリック平塚教会

チャンネル登録:こちら        

キリストの聖体(6月19日 9:30:ミサ)

こちら

 

カトリック雪ノ下教会(yukinoshita church)

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック鷺沼教会

チャンネル登録:こちら

 

カトリック二俣川教会

登録チャンネル:こちら

カトリック二俣川教会ホームページからも見られます。

 

カトリック太田教会(さいたま教区、群馬県)

チャンネル登録:こちら

  

さいたま教区(群馬県)のカトリック太田教会さんのミサ動画録画配信を確認しました。

カトリック加須教会

チャンネル登録:こちら 

カトリック加須教会 キリストの聖体の主日ミサ  2022年6月19日 14:00

こちら

 

さいたま教区(埼玉県)のカトリック加須教会さんのチャンネルをやっとヒットしました!

 

札幌教区「日ごとの福音テレビ」

日毎の福音チャンネル: こちら  

キリストの聖体のミサ・日ごとの福音テレビ (6月19日07:00~)

こちら

カトリック新潟教区

チャンネル登録: こちら 

岡秀太助祭 司祭叙階式

こちら

 元三位一体聖ベネディクト会修道士のマキシミリアノ・マリア・コルベ岡秀太助祭の司祭叙階式がありました。

 

カトリック広島教区「平和の使徒推進本部」Catholic Hiroshima Diocese

 

広島教区ライブミサ配信は、カトリック幟町教会チャンネルさんが主体です。世界平和記念聖堂が、とても美しいです

カトリック幟町教会の登録チャンネル:こちら
2022年6月19日 - キリストの聖体ミサ(祭日) - 9:30

こちら

Diocese of Fukuoka カトリック福岡司教区 

※当日更新をご確認ください。

直方カトリック教会の動画

チャンネル登録:こちら 

※ライブ配信チャンネルです。

 京都 みんなで捧げるミサ

登録チャンネル: こちら 

 

京都洛北ブロック主日ミサの登録チャンネル名が変更になりました。

※ 主日前の土曜日ライブ配信です。

 

カトリック名古屋教区- Nagoya Diocese

登録チャンネル: こちら

 

カトリック安城教会(Kyokai AnjoTv)

登録チャンネル: こちら 

※ 当日ライブ配信です。

 

やっとヒットしました。愛知県のカトリック安城教会さんのミサ配信です。

 

カトリック岐阜教会

登録チャンネル:こちら

※ 当日ライブ配信です。

 

カトリック南山教会

登録チャンネル:こちら 

 

カトリック岸和田教会michael 

※ 当日ライブ配信です。

 

Sacra Familia Osaka

(サグラダファミリア・カトリック大阪梅田教会)
チャンネル登録:こちら 

※ 当日ライブ配信です。

カトリック大阪梅田教会さんのミサ配信続いてます。大阪大教区の皆さん、大阪人のみなさん、ぜひチャンネル登録お願いします!

 

カトリック和歌山紀北教会-屋形町聖堂

チャンネル登録:こちら    

 

ミサ(和歌山紀北教会の献堂式)14:00~

こちら 

※献堂式後、当日配信に変更になったようです。

カトリック仁川教会

チャンネル登録:こちら 

 

兵庫県西宮市のカトリック仁川教会💒さんをやっと見つけました。正直、関西地方の地名はよく判らない所も多いので、失礼しました!

 

酒井俊弘司教

チャンネル登録:こちら 

平和のためのロザリオの祈りの集い その4

こちら 

その1~3もあるようです。

 

カトリック鹿児島教区

登録チャンネル:こちら 

 

Roman Catholic Archdiocese of Nagasaki

カトリック長崎大司教区登録チャンネル:こちら 

 

カトリック黒島教会福音宣教部

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック平戸口教会

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック司祭・修道院の登録チャンネルのご紹介;

名古屋教区内 

Kataoka Yoshihiroチャンネル登録: こちら 

 オンライン教会学校 初聖体クラス Lesson①

こちら

初聖体クラスって何をしているの?と素朴な疑問にお答えして!

Hiro Francisco(カトリック大和高田教会)

チャンネル登録:こちら 

  

聖パウロ修道会サンパウロ

登録チャンネルURL: こちら 

 

第81回 浦上四番崩れ【カトリック入門】※字幕付き

こちら 

カトリック入門テーマは「浦上四番崩れ」。

 

カルメル会上野毛修道院チャンネル登録:こちら

 

サレジオ会日本管区チャンネル登録: こちら 

 

主に平日ミサは小立神父の「ぼっちミサ」へどうぞ!
小立花忠チャンネル: こちら

毎日、平日ミサなら「ぼっちミサ」カトリック彦根教会の小立神父司式でどうぞ!

 

迫真のぼっちミサ、ついにC年まで続いています。基礎疾患がある、平日ミサがないとどうも元気の出ない方はぜひどうぞ!(継続中を確認済)

 

Gerard GOUINEAUグイノジェラール

チャンネル登録:こちら

 

🗣️三位一体の祭日⏏️2022年6月12日 説教🧔ステファノスの殉教は(使徒言行録7章)

こちら  

先週のお説教ですが、三位一体の主日と聖ステファノス

 

オマケ!

19.サンクリスの 聖体行列とスイーツ祭:6月23日の聖体節の宗教行事

こちら

南米の多くの国々では、聖体の主日は行列をして盛大に祝います。こちらは、メキシコ南部のチアパス州でのにぎやかな聖体の主日の様子。(2011年) 

※YOUTUBEでのチャンネル登録者数や再生回数の増加、および操作回数とわたしの検索頻度により、ライブ&動画配信情報に時差が生じております。ご容赦ください。また、掲載されていないカトリック教会のミサが多々あると思われますが、増減する動画配信に一人で検索する限界を感じています。全国で公開ミサが行われるようになり次第、ライブ配信・動画情報提供も終了いたします。

 

 

霊的読書(レクチオ・ディヴィナ)とは、聖書(主に福音書)などを音読し、その中の「ちょっと気になる一句」に心を留めて、祈りのうちに神さまを思い、その一句を通して神さまと語り合うことを指します。ブログ中の聖書の解釈に関する内容は、しぇるりん個人の感想です。聖句そのものと、地理、人間関係などの事実関係は、特別な記載がないものは、日本聖書協会2008年版≪新共同訳 新旧約聖書続編つき≫の解説部分に依拠しています。詳しくは、日本聖書協会発行の≪新共同訳 新約聖書≫≪新共同訳 聖書≫をご参照ください。なお、ミサの朗読福音は、カトリック中央協議会発行の《毎日のミサ》によります。

 

モルモン教、ものみの塔(エホバの証人)、世界基督教統一神霊協会(統一教)、新天地イエス教証しの幕屋聖殿、Apostolic Catholic Church(カトリック使徒教会)は正統派のキリスト教ではありません。「カルト宗教」です。ご注意下さい。

 

「しぇるりん」になりすまし、他の方のブログにコメントを書き込む事例があるとのご指摘を受けました。私は他のブログに書き込みをしません。また「しぇるりん」を騙るニセブログもあるようですが、このブログの書き手とは別人です。ご注意下さい。

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村←ポチッとしてください。励みになります。 ポチッとよろしく!

 

English blog is also available http://shelillelinnecatholictipoff.blogspot.jp/

 

定番の聖書なら→日本聖書協会《新共同訳 新約聖書詩編付》

 



わかりやすいと大好評のカトリック入門書

 



カトリック書籍と聖具は定価で買えるドンボスコ社HPからどうぞ!

 

ドンボスコ社ネットショップ

 





Helps meditation and lectio divina according to the Benedictine monastic spirituality.

 



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ<br/><a href=にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへにほんブログ村 カトリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
<
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ポチッとしてください。励みになります。 ポチッとよろしく!





2022年6月10日 (金)

2022年聖霊降臨〜三位一体(年間): キリストが下さる希望

410pxangelsatmamretrinityrublev1410 このように、わたしたちは信仰によって義とされたのだから、わたしたちの主イエス・キリストによって神との間に平和を得ており、このキリストのお陰で、今の恵みに信仰によって導き入れられ、神の栄光にあずかる希望を誇りにしています。

 

そればかりでなく、苦難をも誇りとします。わたしたちは知っているのです、苦難には忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生むということを。

 

希望はわたしたちを欺くことがありません。わたしたちに与えられた聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからです。

(ローマの信徒への手紙5・1-5)

 

お元気ですか?ご無事ですか?

しぇるりんです。(^ ^)

 

2022年の復活節は、新型コロナ禍、ロシアによるウクライナへの侵略戦争、世界的な物価高騰と食糧危機になんら解決の目処が立たないまま聖霊降臨祭を迎えました。

 

6月終わりのG7首脳会議で、少なくとも日本よりやる気のある政治家らが現実的な手段を模索して欲しいです。

 

ウクライナの穀物サイロは一杯で次の収穫を入れる場所もないまま、世界の食糧危機は人災の様相を呈しています。

 

これは不条理です。穀物輸出に制裁を受けていないロシアが、外交工作のために世界を飢餓に追い込み、生命を人質に取っています。

 

黒海を通るオデーサ→イスタンブール(トルコ)経由の船便ではなく、ウクライナからルーマニア経由の鉄道輸送での代替ルートがG7首脳7カ国会議で検討される予定のようです。

 

人間や社会に対する信頼性、基本的人権や人間的な温もりへの共感がもてるか、持てないかが問われています。

 

日本国内では、物価高騰にも関わらず増税+年金額0.4%の削減です。社会的に見れば、希望は持てないかも知れません。

 

そこで今週は年間第11週の第二朗読、ローマの信徒への手紙を紐解いてみましょう。忍耐と我慢、世俗的な希望とキリストにおける希望の違いが今回のテーマです。

 

  • 忍耐と我慢の違い

 

以前もどこかでお話ししたかも知れませんが、「我慢」はほんらい仏教用語の「八大煩悩」の一つで、「自己にとらわれ心おごること」に由来します。

 

日本では、「どんな嫌な事があり、貶められ、暴力暴言で苦しんでも、自分の率直な気持ちを受け入れて社会に告発せずに怒りの爆発を我慢する」することを、一種の美徳だと感違いしている人が多いです。

 

キリストにおける忍耐は、我慢とは正反対の状態です。

 

わたしたちのイエス・キリストは罪のゆるしと償いのため、ご自身をみずから十字架と苦難に引き渡され、苦しみの中にも神と人への愛を最後まで生き通されました。

 

ご受難の時にも、聖母や女性たち、弟子たちへの愛を行い、全人類のためにただ一度の償いのわざを成し遂げられました。

 

忍耐は、自身の苦しみ、痛み、嫌なことまですべて受け入れてなお、人間的な怒りや憤りを遥かに超える神の愛、それぞれへのみ恵みが聖霊の光としてたましいの内側から差し込み、自然に起こる情緒の一つです。

 

忍耐は、自分のなかにある怒りや憤りを忘れさせます。

強い神の愛、聖霊のみ恵みへの信頼が、人間なら誰もが感じるはずの不安感や焦燥感を忘れさせます。また、目の前にある事実と自分の中にある期待値とのギャップから来る失望や焦りから、わたしたちを救います。

 

「類は友を呼ぶ」というのは実際にあります。

 

あなたが我慢ではない「キリストへの愛に満たされた忍耐」に辿り着いたとしましょう。

 

あなたは忍耐を小さな祈りを犠牲とともに捧げ、犠牲を祈りと共に聖母マリアの頼もしいみ手に託して、聖霊のみ恵みを誰かに届けられる、という希望に生きられます。

 

真の忍耐は、小さな犠牲から得られた練達=相手の人間性へのより深い思いです。

 

我慢はしてはいけません。自分の怒りを抑制しすぎると、心身の健康によくないです。「迷惑をかけない」ことは、常に美徳ではないです。ものごとの善悪を糺すことは、必要です。

 

そういう意味で、日本社会は病んでいると思います。

 

病んだ社会にたまたま置かれたからと言って、小さくとも美しい信仰の花を咲かせてはならない…と決めつけることは人間にはできません。

 

神を愛して得る忍耐とは、病んだ周囲の人々に神の愛の光を少しでも届けたい…と切望してなおストレスにならないような印象を持っています。

 

あなたのいま、心に秘める感情は忍耐でしょうか、我慢でしょうか?自分の中に何らかの怒りがあることは、健康なあかしです。その怒りへの、自分の対応方法で自分も周囲も変われることもあるのだと思います。

 

  • 期待値と希望の違い

 

「誰かがどうにかして欲しい」。

 

よくある願望です。人は誰も一人ぼっちでは生きていけないです。何かに期待値を抱き、誰かがどうにかしてくれ!と気持ちをぶつける。

 

99%の場合、相手は神さまじゃなく人間なので、特定個人の期待値を満たすための道具にはなってくれません。

 

たまに部分的にある種の期待値と別の人の期待値がガッツリ出会うこともあるかも知れません。

 

が、たいていの場合、自分の期待値を満たし続けてくれる事以外の欲望は何もないことを知り、ガッカリして去っていくでしょう。

 

キリストへの愛に基づいた希望、自然な自分自身を受け入れられる忍耐は、「個人的期待値」とは本質的に違います。

 

自分の期待値を相手に押し付けないこと、相手の期待値にも制限付きで対応することで、自分を傷つけない希望を忍耐から見出せます。

 

希望は、自分のなかにある世俗的で歪んだ期待値をイエス・キリストの光にお任せして生きる道を示します。

 

それは、期待値通りにセットアップされている、舗装された高速道路ではありません。

 

草原の小道を駆け抜ける自由さと、爽やかな風の流れを堪能しながら生きられるのが、主キリストにより頼む希望です。

 

期待値を立てても、主の希望により頼んでも、厳しい時は厳しいです。苦しい時は、息詰まるほど苦しいです。

 

主イエスの希望と愛により頼み、祈りを捧げながら生きるなら、自分のなかにある根拠なき期待値の達成を求めるより、ぐっと気持ちが楽になります。

 

苦境に立たされても、忍耐を余儀なくされても、痛み、苦しんでも、ののしり、恨む感情に苛まれることが少なくなります。

 

必要な時には、怒りも恨みも発散しましょう。また、正義を告発すべき時代が来たら、正義を告発し、神の前に正すべきことを、正しましょう。

 

#MeToo運動や#BlackLivesMatterなど、黒人・有色人種や女性に対する差別を糾そうという動きが世界の表舞台に立ったきっかけは今回の場合、パンデミックと戦争です。

 

ここらあたりで、時代の流れもひとの考え方や生き方も変わっていく兆しが見えています。

 

時代から取り残される人と、時代の流れの先を行ける人で、ここからの将来すら左右されるでしょう。

 

願わくばどのような場所に置かれても、主イエスがご受難と十字架、そしてご復活と聖霊降臨で下さった希望のともしびを追い求め続けられますように。

 

しぇるりんの経験から言うと、心身の疲れは希望のともしびを見失わせることがあります。

 

できるかぎり心身の疲れをいやすべく努力しつつ、日々の暮らしのまっただなかで主キリストに出会い続けられるよう、いつも祈りましょう。

 

まだまだ、新型コロナ禍は終息していません。

マスク着用の上、熱中症にも気をつけてご自愛ください。

 

6月12日(日・祭・白) 三位一体の主日 

第一朗読:  箴言8・22-31

答唱詩篇: 48①②(詩編8・4+5,6+7)

第二朗読:  ローマの信徒への手紙5・1-5 

アレルヤ唱: 266(三位一体)(黙示録1・8 参照)

福音朗読: ヨハネによる福音書16・12-15

 

(カトリック中央協議会《教会暦と聖書朗読2022年C年》より引用しました。)

動画配信情報(6月10日午後時点):敬称ほぼ略

 

緊急事態宣言中・医学的パンデミック中は、公開ミサ全面中止、動画ミサ配信のみ、予約制・人数制限のある小教区・教区・大教区もあります。体調に不安のある方、高齢者と同居されている方だけでなく、教会共同体への愛のためにも、ご自宅で安心してあずかれる動画ミサで教会の祈りに参加しましょう。主日のミサ免除の規定など、詳しくは所在地の教区、大教区の教区長、小教区主任司祭および教会委員会のガイドラインをご確認ください。2022年1月14日以降、サムネイル事前告知のないカトリック教会のチャンネルについては、チャンネルのみのご紹介とします。

 

カトリック東京大司教区

登録チャンネル: こちら

「シノドスへの歩み」第四十一回 みことばと共に 2022年5月29日主の昇天の主日C

こちら 

タルシチオ菊池功大司教さまの体調の最新情報。詳細はこちら

大司教さまのご快癒のために祈りましょう。今週はシノドス担当の小西広志神父さんの講話です。

  

カトリック関口教会 

チャンネル登録:こちら

※当日配信のようです。

 

St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会(旧:聖イグナチオ教会事務室) 

St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会

こちら 

※当日配信&サムネイルの更新が土曜日のようです。

 

Please register “St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会” for further information. 

 
Với những thông tin về các Thánh Lễ được phát trên YouTube sắp tới đây, xin vui lòng đăng ký vào trang của 『St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会』( Văn Phòng Nhà Thờ Thánh Inhaxio)

Por favor regístrese  “San Ignacio, Tokio, Centro Loyola.

 

カトリック高円寺教会

チャンネル登録:こちら 

*サムネイル事前登録がありません。

 

カトリック吉祥寺教会 青年会若葉

チャンネル登録:こちら 
 2022.6.12 10:30 三位一体の主日 堅信式 ライブ配信 Live Mass

こちら

カトリック吉祥寺教会は、大祝日などには入場者制限があるため青年会がライブ配信する、とのことです。

カトリック碑文谷教会

チャンネル登録:こちら

 

カトリック葛西教会チャンネル

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック葛西教会/三位一体の主日 ミサ・ライブ配信~2022年6月12日(日)10時

こちら

江戸川区近辺の皆さま、カトリック葛西教会のミサ・ライブ配信を確認しました。

 

カトリック潮見教会(Shiomi Kyokai Channel)

チャンネル登録:こちら 

※ 主日ライブ配信のチャンネルです。

  

尊者エリザベト北原玲子を守護の聖人とする、おなじみカトリック潮見教会さんが動画ミサ配信をしているのをやっと見つけました。ライブ配信です。

カトリック本所教会 

チャンネル登録:こちら 


横浜教区(登録チャンネル名:catholicyamate) 

登録チャンネル:こちら 

三位一体の主日 ~ カトリック山手教会 ~(2021年6月12日11:25~)

こちら 

Trinity Sunday | Sacred Heart Cathedral Yokohama(12th June 2022, 9:25~Live Streaming)

HERE 

カトリック末吉町教会
登録チャンネル:こちら 

※ ライブ配信チャンネルです。

 

末吉町教会教会学校

登録チャンネル:こちら

 

教会学校のチャンネルをやっとみつけました。探してたのに…。

 

カトリック保土ヶ谷教会

登録チャンネル:こちら  

2022年6月12日 三位一体の主日10:00~

こちら

 

カトリック鍛冶ケ谷教会青年会

チャンネル登録: こちら   

三位一体の主日 ミサ 生配信(2022年6月12日10:30~)
こちら  

 

カトリック大船教会 

チャンネル登録:こちら

※チャンネルに当日アクセスしてみてください。

 

カトリック平塚教会

チャンネル登録:こちら        

三位一体の主日(6月12日 9:30:ミサ)

こちら

 

カトリック雪ノ下教会(yukinoshita church)

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック鷺沼教会

チャンネル登録:こちら

 

カトリック二俣川教会

登録チャンネル:こちら

カトリック二俣川教会ホームページからも見られます。

 

カトリック太田教会(さいたま教区、群馬県)

チャンネル登録:こちら

  

さいたま教区(群馬県)のカトリック太田教会さんのミサ動画録画配信を確認しました。

カトリック加須教会

チャンネル登録:こちら 

カトリック加須教会 三位一体の主日ミサ  2022年6月12日 14:00

こちら

 

さいたま教区(埼玉県)のカトリック加須教会さんのチャンネルをやっとヒットしました!

 

札幌教区「日ごとの福音テレビ」

日毎の福音チャンネル: こちら  

三位一体のミサ・日ごとの福音テレビ (6月12日07:00~)

こちら

カトリック新潟教区

チャンネル登録: こちら 

岡秀太助祭 司祭叙階式

こちら

 元三位一体聖ベネディクト会修道士のマキシミリアノ・マリア・コルベ岡秀太助祭の司祭叙階式がありました。

 

カトリック広島教区「平和の使徒推進本部」Catholic Hiroshima Diocese

 

広島教区ライブミサ配信は、カトリック幟町教会チャンネルさんが主体です。世界平和記念聖堂が、とても美しいです

カトリック幟町教会の登録チャンネル:こちら
2022年6月12日 - 三位一体の主日ミサ(祭日)・洗礼式 -9:30

こちら

Diocese of Fukuoka カトリック福岡司教区 

※当日更新をご確認ください。

直方カトリック教会の動画

チャンネル登録:こちら 

※ライブ配信チャンネルです。

 京都 みんなで捧げるミサ

登録チャンネル: こちら 

 

京都洛北ブロック主日ミサの登録チャンネル名が変更になりました。

※ 主日前の土曜日ライブ配信です。

 

カトリック名古屋教区- Nagoya Diocese

登録チャンネル: こちら

 

カトリック安城教会(Kyokai AnjoTv)

登録チャンネル: こちら 

※ 当日ライブ配信です。

 

やっとヒットしました。愛知県のカトリック安城教会さんのミサ配信です。

 

カトリック岐阜教会

登録チャンネル:こちら

※ 当日ライブ配信です。

 

カトリック南山教会

登録チャンネル:こちら 

 

カトリック岸和田教会michael 

※ 当日ライブ配信です。

 

Sacra Familia Osaka

(サグラダファミリア・カトリック大阪梅田教会)
チャンネル登録:こちら 

※ 当日ライブ配信です。

カトリック大阪梅田教会さんのミサ配信続いてます。大阪大教区の皆さん、大阪人のみなさん、ぜひチャンネル登録お願いします!

 

カトリック和歌山紀北教会-屋形町聖堂

チャンネル登録:こちら    

 

ミサ(和歌山紀北教会の献堂式)14:00~

こちら 

※献堂式後、当日配信に変更になったようです。

カトリック仁川教会

チャンネル登録:こちら 

 

兵庫県西宮市のカトリック仁川教会💒さんをやっと見つけました。正直、関西地方の地名はよく判らない所も多いので、失礼しました!

 

酒井俊弘司教

チャンネル登録:こちら 

平和のためのロザリオの祈りの集い その4

こちら 

その1~3もあるようです。

 

カトリック鹿児島教区

登録チャンネル:こちら 

 

Roman Catholic Archdiocese of Nagasaki

カトリック長崎大司教区登録チャンネル:こちら 

 

カトリック黒島教会福音宣教部

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック平戸口教会

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック司祭・修道院の登録チャンネルのご紹介;

名古屋教区内 

Kataoka Yoshihiroチャンネル登録: こちら

 

Hiro Francisco(カトリック大和高田教会)

チャンネル登録:こちら 

 

ドミニコの友OP(カトリック松山教会)

チャンネル登録:こちら

チャンネル名が「Antonio Lee, OP」から「ドミニコの友OP」に変更になりました。

  

聖パウロ修道会サンパウロ

登録チャンネルURL: こちら 

 

第80回 日本の信徒発見の聖母【カトリック入門】※字幕付き

こちら 

カトリック入門テーマは「日本の信徒発見の聖母」。

 

カルメル会上野毛修道院チャンネル登録:こちら

 

サレジオ会日本管区チャンネル登録: こちら 

 

主に平日ミサは小立神父の「ぼっちミサ」へどうぞ!
小立花忠チャンネル: こちら

毎日、平日ミサなら「ぼっちミサ」カトリック彦根教会の小立神父司式でどうぞ!

 

迫真のぼっちミサ、ついにC年まで続いています。基礎疾患がある、平日ミサがないとどうも元気の出ない方はぜひどうぞ!(継続中を確認済)

 

Gerard GOUINEAUグイノジェラール

チャンネル登録:こちら

 

🐏2022年6月の窓🐸「水と生命の営み」🌧️🦆 activité de la vie reliée à l'eau

こちら  

6月の窓のテーマは「水と生命の営み」です。梅雨ですね。ジメジメがキツい!

 

オマケ!

Coptic hymn to the Holy Trinity - キリスト教 コプト聖歌 "聖三位一体の賛歌" - [ Vinyl record ]

こちら

たまには、ちょっと毛色の違うもの…ということでコプト正教会(聖墳墓教会)の「聖三位一体の賛歌」をお届けします。中東風の物悲しげなメロディーもさることながら、最初に爆撃音が聞こえるのが主のご受難の厳しさを思わせます。

 

※YOUTUBEでのチャンネル登録者数や再生回数の増加、および操作回数とわたしの検索頻度により、ライブ&動画配信情報に時差が生じております。ご容赦ください。また、掲載されていないカトリック教会のミサが多々あると思われますが、増減する動画配信に一人で検索する限界を感じています。全国で公開ミサが行われるようになり次第、ライブ配信・動画情報提供も終了いたします。

 

 

霊的読書(レクチオ・ディヴィナ)とは、聖書(主に福音書)などを音読し、その中の「ちょっと気になる一句」に心を留めて、祈りのうちに神さまを思い、その一句を通して神さまと語り合うことを指します。ブログ中の聖書の解釈に関する内容は、しぇるりん個人の感想です。聖句そのものと、地理、人間関係などの事実関係は、特別な記載がないものは、日本聖書協会2008年版≪新共同訳 新旧約聖書続編つき≫の解説部分に依拠しています。詳しくは、日本聖書協会発行の≪新共同訳 新約聖書≫≪新共同訳 聖書≫をご参照ください。なお、ミサの朗読福音は、カトリック中央協議会発行の《毎日のミサ》によります。

 

モルモン教、ものみの塔(エホバの証人)、世界基督教統一神霊協会(統一教)、新天地イエス教証しの幕屋聖殿、Apostolic Catholic Church(カトリック使徒教会)は正統派のキリスト教ではありません。「カルト宗教」です。ご注意下さい。

 

「しぇるりん」になりすまし、他の方のブログにコメントを書き込む事例があるとのご指摘を受けました。私は他のブログに書き込みをしません。また「しぇるりん」を騙るニセブログもあるようですが、このブログの書き手とは別人です。ご注意下さい。

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村←ポチッとしてください。励みになります。 ポチッとよろしく!

 

English blog is also available http://shelillelinnecatholictipoff.blogspot.jp/

 

定番の聖書なら→日本聖書協会《新共同訳 新約聖書詩編付》

 



わかりやすいと大好評のカトリック入門書

 



カトリック書籍と聖具は定価で買えるドンボスコ社HPからどうぞ!

 

ドンボスコ社ネットショップ

 





Helps meditation and lectio divina according to the Benedictine monastic spirituality.

 



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ<br/><a href=にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへにほんブログ村 カトリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
<
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ポチッとしてください。励みになります。 ポチッとよろしく!





2022年6月 3日 (金)

2022年復活節主の昇天〜聖霊降臨: 聖霊はいつもともに!

Maino_pentecost_c3_a9s_16201625_museo_de 「あなたがたは、わたしを愛しているならば、わたしの掟を守る。わたしは父にお願いしよう。父は別の弁護者をつかわして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる。…」

 

「わたしを愛する人は、わたしの言葉を守る。わたしの父はその人を愛され、父とわたしはその人のところに行き、一緒に住む」

(ヨハネによる福音書14・15-16,23b-26)

 

お元気ですか。ご無事ですか。しぇるりんです。(^ ^)

 

とまらぬ物価高騰、新型コロナ対策は不備ばかりで大変なことになっています。

 

光熱水道費は、およそ昨年同月比で1.5倍以上に跳ね上がっています。多くの要因の中でいちばん日本に影響があるのは「原油先物価格の高騰」です。

 

昨年同月比(6月)で45%以上、原油1バーレル(=159ℓ)あたりの原油先物価格が跳ね上がっています。

「商品先物」を簡単に説明しましょう。今日の原油先物価格が表示されたおよそ3ヶ月後にその「商品現物価格」を決定する可能性のある数字だと思ってください。

 

3ヶ月後、6ヶ月後の「値上げ予告」が出来る仕組みが、商品先物市場の数字です。つまり、多くの生活必需品の値上げもまだまだこれから…ということです。

 

さて今回は、「ウクライナ」そして「聖霊降臨とそのみ恵み」がテーマです。

 

- 聖霊降臨のみ恵みをウクライナに!

ウクライナとしぇるりんの細いつながりから、現地についてお話ししましょう。

 

今日2022年6月3日で、ロシア軍によるウクライナ侵略からちょうど100日目になりました。ロシア軍占領下で生活だけでなく仕事するウクライナの人々がいます。

 

ウクライナの首都であり、カトリック教会の大司教座があるキーウ(旧称: キエフ)は、「世界のカトリック教会の霊的な首都」と呼ばれるようになりました。

 

キーウのさほど多くないカトリック教会、司祭や修道者と信徒は、ウクライナ全土の人道支援と霊的支援のため精力的に働いています。

 

カリタス・ウクライナでの人道支援のため、どうか霊的花束と献金を引き続きお願いします。

 

しぇるりんのウクライナの同僚たちのある人々は近隣諸国などに避難し、別な人々は女子供と年寄りだけでの避難が不安でウクライナ西部国境線近くに何回か避難を繰り返しました。

ロシア軍占領下での生活の苦難は、言葉に語り尽くせません。

 

ロシア連邦の教育が夏休みなしで始められようとしています。ウクライナでは米国と同じく5月終わりに学年が修了、9月2日~新学期です。夏休みは農業休みでもあり、実際に農家の子は農業や家事手伝いが必須な時期でもあります。

 

使えるお金は、本当にロシア全域で使えるのか真偽不明のルーブル紙幣。現実には、PayPalなどでの米ドル決済が信用通貨になっているようです。

市民らが反ロシア平和集会を開ける状態ではあっても、ウクライナ軍制圧地域への越境は困難が伴うようです。薬品、オムツなど足りない尽しです。

 

もともとロシアは、ウクライナより貧富の格差がある社会で、多くの国民は貧しい暮らしを強いられているようです。

 

戦争中なので、避難した先がまた被弾して別の場所に移動し…という生活です。仕事のある人の多くは、IT関係のオンラインワーク。インターネット回線状況が悪い場所では、仕事ができません。

 

戦争中でもGDP(国民総生産)の向上のため、多くのITエンジニアやプログラマがウクライナ国内外企業で就活中です。彼らの多くは、就労しながら、国家総動員令による「自由意志による奉仕活動」に携わっています。

 

「戦争中に仕事をしている」という感覚は、日本人には分かりづらいでしょう。自主的な義勇兵にも「フルタイムの兵士」と「パートタイムの義勇兵や支援者」がいるということです。

 

通訳、投降希望のロシア兵とウクライナ軍のあいだでの連絡係、PCを使ったさまざまな作業など、パートタイムでできる兵役が実際にウクライナにはあるようです。

 

ロシア国境線の手前でウクライナ軍が無事に専守防衛の任務が終えられるよう、主なる神、子なるキリストと聖霊のみ恵みをお祈りください。

 

第三次世界大戦が起きないよう祈るようお勧めになった、ファティマの聖母のとりなしを求めましょう。

 

この戦争でいちばん難しいのは「ソ連から分離独立した時点に遡って、ウクライナーロシアの国境線をウクライナ軍が越境しない」専守防衛だけで戦争を終わらせることです。

 

  • 主キリストと共に生きる

 

困難な時代、むずかしい時期にこそ主イエスが共に十字架をになって歩いて下さる愛を思い起こしたいものです。

 

わたしたちはそれぞれ限りある命を生きていれば、それぞれの重荷があります。

 

主はもしその人が負う荷が重すぎると思えば、ご自身の十字架を重くしてでもわたしたちそれぞれの人生の重荷を減らしてくださいます。

 

大切なのは、わたしたちのたましいの窓を主イエスに向かって開けることです。とびらはドンドン叩けば開くのではなく、主キリストのみ助けを疑わずに行動することです。

 

その行動の結果がどんな結果をもたらすのか、わたしたちは誰も知りません。主キリストは、わたしたちに善いものを下さると信じるのは大切です。

 

苦い経験や思い起こすのもイヤな人生経験は、誰にでもいっぱいあるでしょう。だからと言って、恨み言や嫌味だけで人生を終わらせるたら、たった一度きりの生命の時間がもったいないです。

 

心の中の苦しみは減らず、苦しむ人をさらに苦しめたがる鬼はこの世に多いようです。弱い人から奪うのは、強い人を打ち倒すより簡単だからです。

 

主キリストがわたしたちに聖霊を遣わし、働けるよう導くやり方は、人間には決して真似できないものだとつくづく感嘆します。

 

なにひとつ無駄なく、無理なく救いのわざに信じる全ての人を招かれるからです。

 

聖母マリアのとりなしで捧げる父と子と聖霊への祈りの花束は、いつも輝く聖霊の光で彩られ、花開きます。

 

いつ、どのように花咲くのか、私たちは憂えることなく祈りましょう。主はわたしたちの歩く道のすべてをご存じです。

 

どうかご無事で。ご自愛ください。

 

6月5日(日・祭・赤) 聖霊降臨の主日

第一朗読: 使徒言行録2・1-11

答唱詩篇: ①②③(詩編104・1b+24,29+30,31+34)

第二朗読:  ローマの信徒への手紙8・8-17

続唱: 典礼聖歌 352

アレルヤ唱: 266または264(聖霊降臨)

福音朗読: ヨハネによる福音書14・15-16,23b-26 

(第2 朗読と福音朗読ではABC 年共通の下記の箇所を用いることもできる)

第二朗読: コリントの信徒への第二の手紙12・3b-7,12-13 

福音朗読: ヨハネによる福音書20・19-23

●閉祭のあいさつに「アレルヤ」を加える。

 

(カトリック中央協議会《教会暦と聖書朗読2022年C年》より引用しました。)

動画配信情報(6月3日午後時点):敬称ほぼ略

 

緊急事態宣言中・医学的パンデミック中は、公開ミサ全面中止、動画ミサ配信のみ、予約制・人数制限のある小教区・教区・大教区もあります。体調に不安のある方、高齢者と同居されている方だけでなく、教会共同体への愛のためにも、ご自宅で安心してあずかれる動画ミサで教会の祈りに参加しましょう。主日のミサ免除の規定など、詳しくは所在地の教区、大教区の教区長、小教区主任司祭および教会委員会のガイドラインをご確認ください。2022年1月14日以降、サムネイル事前告知のないカトリック教会のチャンネルについては、チャンネルのみのご紹介とします。

 

カトリック東京大司教区

登録チャンネル: こちら

「週刊大司教 第七十八回 主の昇天」

こちら 

タルシチオ菊池功大司教が、5月23日に新型コロナに感染されたとのお知らせが出ていました。10日間の隔離生活だそうです。詳細はこちら

祈りましょう。動画は5月18日撮影のものだそうです。

  

カトリック関口教会 

チャンネル登録:こちら

※当日配信のようです。

 

St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会(旧:聖イグナチオ教会事務室) 

St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会

こちら 

※当日配信&サムネイルの更新が土曜日のようです。

 

Please register “St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会” for further information. 

 
Với những thông tin về các Thánh Lễ được phát trên YouTube sắp tới đây, xin vui lòng đăng ký vào trang của 『St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会』( Văn Phòng Nhà Thờ Thánh Inhaxio)

Por favor regístrese  “San Ignacio, Tokio, Centro Loyola.

 

カトリック高円寺教会

チャンネル登録:こちら 

*サムネイル事前登録がありません。

 

カトリック吉祥寺教会 青年会若葉

チャンネル登録:こちら 
2022.6.5 10:30 聖霊降臨の主日 洗礼式 ライブ配信 Live Mass 

こちら

カトリック吉祥寺教会は、上記の大祝日には入場者制限があるため青年会がライブ配信する、とのことです。

カトリック碑文谷教会

チャンネル登録:こちら

 

カトリック葛西教会チャンネル

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック葛西教会/聖霊降臨の主日 ミサ・ライブ配信~2022年6月5日(日)10時

こちら

江戸川区近辺の皆さま、カトリック葛西教会のミサ・ライブ配信を確認しました。

 

カトリック潮見教会(Shiomi Kyokai Channel)

チャンネル登録:こちら 

※ 主日ライブ配信のチャンネルです。

  

尊者エリザベト北原玲子を守護の聖人とする、おなじみカトリック潮見教会さんが動画ミサ配信をしているのをやっと見つけました。ライブ配信です。

カトリック本所教会 

チャンネル登録:こちら 


横浜教区(登録チャンネル名:catholicyamate) 

登録チャンネル:こちら 

聖霊降臨の主日 ~ カトリック山手教会 ~(2021年6月5日11:25~)

こちら 

Pentecost Sunday | Sacred Heart Cathedral Yokohama(5th June 2022, 9:25~Live Streaming)

HERE 

カトリック末吉町教会
登録チャンネル:こちら 

※ ライブ配信チャンネルです。

 

末吉町教会教会学校

登録チャンネル:こちら

 

教会学校のチャンネルをやっとみつけました。探してたのに…。

 

カトリック保土ヶ谷教会

登録チャンネル:こちら  

2022年6月5日 聖霊降臨の主日10:00~

こちら

 

カトリック鍛冶ケ谷教会青年会

チャンネル登録: こちら   

聖霊降臨の主日 ミサ 生配信(2022年6月5日10:30~)
こちら  

 

カトリック大船教会 

チャンネル登録:こちら

※チャンネルに当日アクセスしてみてください。

 

カトリック平塚教会

チャンネル登録:こちら        

聖霊降臨の主日(6月5日 9:30:ミサ)

こちら

 

カトリック雪ノ下教会(yukinoshita church)

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック鷺沼教会

チャンネル登録:こちら

 

カトリック二俣川教会

登録チャンネル:こちら

カトリック二俣川教会ホームページからも見られます。

 

カトリック太田教会(さいたま教区、群馬県)

チャンネル登録:こちら

  

さいたま教区(群馬県)のカトリック太田教会さんのミサ動画録画配信を確認しました。

カトリック加須教会

チャンネル登録:こちら 

カトリック加須教会 聖霊降臨の主日ミサ  2022年6月5日 

こちら

 

さいたま教区(埼玉県)のカトリック加須教会さんのチャンネルをやっとヒットしました!

 

札幌教区「日ごとの福音テレビ」

日毎の福音チャンネル: こちら  

聖霊降臨のミサ・日ごとの福音テレビ (6月5日07:00~)

こちら

カトリック新潟教区

チャンネル登録: こちら 

岡秀太助祭 司祭叙階式

こちら

 元三位一体聖ベネディクト会修道士のマキシミリアノ・マリア・コルベ岡秀太助祭の司祭叙階式がありました。

 

カトリック広島教区「平和の使徒推進本部」Catholic Hiroshima Diocese

 

広島教区ライブミサ配信は、カトリック幟町教会チャンネルさんが主体です。世界平和記念聖堂が、とても美しいです

カトリック幟町教会の登録チャンネル:こちら
  

2022年6月5日 - 聖霊降臨の主日ミサ(祭日)・堅信式  -9:30~

こちら

Diocese of Fukuoka カトリック福岡司教区 

※当日更新をご確認ください。

直方カトリック教会の動画

チャンネル登録:こちら 

※ライブ配信チャンネルです。

 京都 みんなで捧げるミサ

登録チャンネル: こちら 

 

京都洛北ブロック主日ミサの登録チャンネル名が変更になりました。

※ 主日前の土曜日ライブ配信です。

 

カトリック名古屋教区- Nagoya Diocese

登録チャンネル: こちら

 

カトリック安城教会(Kyokai AnjoTv)

登録チャンネル: こちら 

※ 当日ライブ配信です。

 

やっとヒットしました。愛知県のカトリック安城教会さんのミサ配信です。

 

カトリック岐阜教会

登録チャンネル:こちら

※ 当日ライブ配信です。

 

カトリック南山教会

登録チャンネル:こちら 

 

カトリック岸和田教会michael 

※ 当日ライブ配信です。

 

Sacra Familia Osaka

(サグラダファミリア・カトリック大阪梅田教会)
チャンネル登録:こちら 

※ 当日ライブ配信です。

カトリック大阪梅田教会さんのミサ配信続いてます。大阪大教区の皆さん、大阪人のみなさん、ぜひチャンネル登録お願いします!

 

カトリック和歌山紀北教会-屋形町聖堂

チャンネル登録:こちら    

 

ミサ(和歌山紀北教会の献堂式)14:00~

こちら 

 

カトリック仁川教会

チャンネル登録:こちら 

 

兵庫県西宮市のカトリック仁川教会💒さんをやっと見つけました。正直、関西地方の地名はよく判らない所も多いので、失礼しました!

 

酒井俊弘司教

チャンネル登録:こちら 

平和のためのロザリオの祈りの集い その4

こちら 

その1~3もあるようです。

 

カトリック鹿児島教区

登録チャンネル:こちら 

 

Roman Catholic Archdiocese of Nagasaki

カトリック長崎大司教区登録チャンネル:こちら 

 

カトリック黒島教会福音宣教部

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック平戸口教会

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック司祭・修道院の登録チャンネルのご紹介;

名古屋教区内 

Kataoka Yoshihiroチャンネル登録: こちら

 

Hiro Francisco(カトリック大和高田教会)

チャンネル登録:こちら 

 

ドミニコの友OP(カトリック松山教会)

チャンネル登録:こちら

チャンネル名が「Antonio Lee, OP」から「ドミニコの友OP」に変更になりました。

  

聖パウロ修道会サンパウロ

登録チャンネルURL: こちら 

 

第79回 日本205福者殉教者【カトリック入門】※字幕付き

こちら 

カトリック入門テーマは「日本205福者殉教者」。

 

カルメル会上野毛修道院チャンネル登録:こちら

 

サレジオ会日本管区チャンネル登録: こちら 

 

主に平日ミサは小立神父の「ぼっちミサ」へどうぞ!
小立花忠チャンネル: こちら

毎日、平日ミサなら「ぼっちミサ」カトリック彦根教会の小立神父司式でどうぞ!

 

迫真のぼっちミサ、ついにC年まで続いています。基礎疾患がある、平日ミサがないとどうも元気の出ない方はぜひどうぞ!(継続中を確認済)

 

Gerard GOUINEAUグイノジェラール

チャンネル登録:こちら

 

🖼️2022年6月の福音宣教のパネル、天の元后マリア🤱Regina coeli

こちら  

いつもながらに、気合の入った福音宣教のパネル!

オマケ!

典礼聖歌 352番 聖霊の続唱

こちら

聖霊の続唱をオンラインでオルガン・歌を合わせるなんて離れ業も、パンデミックがなければ、誰も考えなかったと思うの。YOUTUBEの新しい使い方。

 

※YOUTUBEでのチャンネル登録者数や再生回数の増加、および操作回数とわたしの検索頻度により、ライブ&動画配信情報に時差が生じております。ご容赦ください。また、掲載されていないカトリック教会のミサが多々あると思われますが、増減する動画配信に一人で検索する限界を感じています。全国で公開ミサが行われるようになり次第、ライブ配信・動画情報提供も終了いたします。

 

 

霊的読書(レクチオ・ディヴィナ)とは、聖書(主に福音書)などを音読し、その中の「ちょっと気になる一句」に心を留めて、祈りのうちに神さまを思い、その一句を通して神さまと語り合うことを指します。ブログ中の聖書の解釈に関する内容は、しぇるりん個人の感想です。聖句そのものと、地理、人間関係などの事実関係は、特別な記載がないものは、日本聖書協会2008年版≪新共同訳 新旧約聖書続編つき≫の解説部分に依拠しています。詳しくは、日本聖書協会発行の≪新共同訳 新約聖書≫≪新共同訳 聖書≫をご参照ください。なお、ミサの朗読福音は、カトリック中央協議会発行の《毎日のミサ》によります。

 

モルモン教、ものみの塔(エホバの証人)、世界基督教統一神霊協会(統一教)、新天地イエス教証しの幕屋聖殿、Apostolic Catholic Church(カトリック使徒教会)は正統派のキリスト教ではありません。「カルト宗教」です。ご注意下さい。

 

「しぇるりん」になりすまし、他の方のブログにコメントを書き込む事例があるとのご指摘を受けました。私は他のブログに書き込みをしません。また「しぇるりん」を騙るニセブログもあるようですが、このブログの書き手とは別人です。ご注意下さい。

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村←ポチッとしてください。励みになります。 ポチッとよろしく!

 

English blog is also available http://shelillelinnecatholictipoff.blogspot.jp/

 

定番の聖書なら→日本聖書協会《新共同訳 新約聖書詩編付》

 



わかりやすいと大好評のカトリック入門書

 



カトリック書籍と聖具は定価で買えるドンボスコ社HPからどうぞ!

 

ドンボスコ社ネットショップ

 





Helps meditation and lectio divina according to the Benedictine monastic spirituality.

 



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ<br/><a href=にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへにほんブログ村 カトリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
<
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ポチッとしてください。励みになります。 ポチッとよろしく!





2022年5月27日 (金)

2022年復活節第6主日〜主の昇天: 心の目を開いて

1590404560 イエスは言われた。「わたしについてモーセの律法と預言者の書と詩篇に書かれている事柄は、必ずすべて実現する。これこそ、まだあながたと一緒にいたころ、言っておいたことである。」

 

そしてイエスは、聖書を悟らせるために彼らの心の目を開いて、言われた。

 

「次のように書いてある。『メシアは苦しみを受け、三日目に死者の中から復活する。また、罪の赦しを得させる悔い改めが、その名によってあらゆる国の人々に宣べ伝えられる」と。

 

エルサレムから始めて、あなたがたはこれらのことの証人となる。わたしは、父が約束されたものをあなたがたに送る。高い所からの力に覆われるまでは、都に留まっていなさい。」

 

イエスは、そこから彼らをベタニアの辺りまで連れて行き、手を上げて祝福された。そして、祝福しながら彼らを離れ、天に上げられた。彼らはイエスを伏して拝んだ後、大喜びでエルサレムに帰り、神殿の境内にいて、神をほめたたえた。

(ルカによる福音書24:44~53)

 

お元気ですか。ご無事ですか。しぇるりんです。(^ ^)

 

止まらぬ物価高、PCR検査や治療など具体策は取られぬまま広がる新型コロナ感染拡大にサル痘の発生など、日本国内では、漠然とした社会不安が広がっています。

 

その社会不安がSNSでの暴言や人種・性差別や公務員や政治家・芸能界関係者などの暴力・暴言の告発など、さまざま波紋を呼び起こしています。

 

この暴言や暴力の傾向は、一般人にも広がっています。弱者や犯罪被害者は声を上げることもはばかられるような状況で、SNS上で、リアルに怒号ばかりが飛び交っている状況です。

 

「真実を知らされていない」不安感が、日本社会を覆い尽くしているように見えます。「ニッポン・スバラシイ」的なTV番組が増え、憲法を遵守すべき政治家が、憲法を改悪して国民の基本的人権を奪おうと企てているようです。

 

十二使徒がイエスと出会ったとき、主イエスを「世直しする預言者」と勘違いしていた部分がありました。それだけ、十二使徒の時代のローマ帝政下のユダヤ王国も荒んだ政治状況だったのです。

 

主の昇天を祝うこの時に、ルカ福音書でイエスのメッセージを語った24章44節~53節まで書き写してみました。

主の昇天の直前に、弟子たちは何を考え、何を感じていたのでしょうか?今の時代にも通じるものが、そこにはあるように思えてなりません。

 

  • 都に留まっていなさい

 

主イエスがご復活され、エマオやガリラヤ湖畔へと弟子たちがエルサレムから「一時避難」しようとした…のはご復活になった主イエスが、彼らのもとに現れたことで暗示されています。

 

つまり、弟子たちはエルサレムに留まるのが怖かったから逃げた…ということです。

 

主はエマオに向かう弟子たちと共に歩き、ガリラヤ湖畔で弟子たちとパンと魚を用意して待っておられました。

 

主イエスは、弟子たちにあらわれて発したメッセージは「都に留まっていなさい」です。

 

主イエスがご受難に遭われたのは、過越祭の直前でした。祭りの間に暴動が起きるのはよろしくない=過越祭が暴動の原因になりやすかった…という文化的背景があったのでしょう。

 

最近の「被害者・弱者・迷惑行為へのバッシング」にも見られるように、誰かを何かを見せしめ処罰することで、社会的な怒りが政権や王権への反感が爆発しないよう抑制していたのでしょう。

 

主イエスの時代、権力誇示のための見せしめのため、無実の罪で殺害された人は大ぜいいたことでしょう。

 

ご自身の昇天もまた、エルサレムの都で起きるのだから「都に留まっていなさい」と弟子たちに諭されました。

 

それは、「恐れることはない」という主イエスのことばを思い起こさせます。

 

疲れ、弱り、絶え間ないストレスを抱えていたのは、弟子たちも現代の私たちと何ら変わりなかったでしょう。

 

主イエスはそんな弟子たちに「都に留まっていなさい」と言われました。どうしろと言うのでしょうか?

 

弟子たちはご復活された主イエスのことばに従い、エルサレムに留まります。

 

「恐れることはない」という主のみことばは、何も怖がるなという意味ではないでしょう。「正しく恐れなさい」ということだと思います。

 

恐れるべきものは正しく恐れ、自分の中にある不安感への対処を具体的、かつ論理的に対処していくことは、恐怖と闘うすべでもあります。

 

あなたなら、わたしなら…主イエスがご受難に遭ったエルサレムの都に留まれますか?

 

祈りのうちに、想ってみましょう。

 

  • 手を上げて祝福された

 

主イエスはご昇天になる時、手を上げて祝福されました。

 

弟子たちは、どんな思いで主イエスを見送ったのでしょうか。

 

まだ、弟子たちは聖霊のたまものを受けていません。主を心から愛していること、主イエスなしに生きていけない自分はわかっていても、まだ聖霊のたまものは受けていないのです。

 

聖霊のたまものは、ひとの魂を少しずつ変えてくれます。弟子たちとて、主のご復活とご昇天の祝福を受けて、ハイそうですか…と主の愛を悟ったわけじゃなさそうです。

 

主イエスの弟子たちへの愛は、とても深いです。ご昇天の時も、弟子たちが心折れないよう同じ説明を繰り返しておられます。

 

「主の昇天」の福音朗読には入っていない44~45節の部分で、主イエスがなぜ弟子たちと共に過ごされたのか、モーセ五書と預言者のことばを詩篇のうたを引用して、語られます。

 

ご昇天を見送る弟子たちは、どんな気持ちだったでしょう?

 

誰よりも愛し、慕った師イエスへの喪失感がゼロだったとは思えません。

 

むしろ、この先どうしたらいいのか…という思いがあったのではないでしょうか。弟子たちは主イエスを慕って、以前の仕事や故郷の家族を置いて、旅をして来ました。

 

もう帰る家や職業のない人も、多かったでしょう。元の職業や故郷に帰れば、帰ったで石もて追われる可能性も否定できません。

 

将来への不安を抱えたまま、弟子たちはエルサレムの神殿で以前そうしたように、主イエスのみことばを語り始めました。

 

その時の弟子たちはおそらく、多くの語り部としての預言者の群れに紛れてしまったのかもしれません。

 

主の昇天を見送ったばかりの弟子たちは、その他大ぜいの律法学者や預言者の群れの一人に見えたかもしれません。

 

聖霊のたまものが与えられる前に、弟子たちはみずから少しずつ変わりました。

 

 

あなたは、わたしは、ことしの主の昇天の主日を迎え、自分自身の成長を感じてますか?

 

復活節は、主がみ恵みをくださるという受け身のお祭りではなく、ご復活の主イエスに自分が照らされたい…という祈りの時です。

 

主のご受難が暗い死の季節ではないように、主のご復活とご昇天もまた、自分のなかにある不安と恐れとの闘いでもあります。

 

不安と闘うには、その不安の構成要素は何であり、相手は何を感じ、何を思い、何をしたいのか…など不安感を具体的に捉えることです。

 

いまは一寸先は闇、という不安のなかにいます。誰もがそうでしょう。日々刻々と時代が足早に移り変わりつつあるなか、主イエスが十字架を担われたその道を主に従って歩きましょう。

 

そう思えば、きっと少しだけ気持ちが楽になるでしょう。

 

どうぞご自愛ください。フェイクニュースにお気をつけて!

 

 

5月29日(日・祭・白) 主の昇天 

第一朗読: 使徒言行録1・1-11  

答唱詩篇: 112①②③(詩編47・2+3,6+7,8+9)

第二朗読: ヘブライの信徒への手紙9・24-28; 10・19-23 
(第2 朗読ではABC 年共通の下記の箇所を用いることもできる)

第二朗読:  エフェソ1・17-23 

アレルヤ唱: 266または264(主の昇天)(マタイ28・19a+20b)

福音朗読: ルカによる福音書24・46-53

 

(カトリック中央協議会《教会暦と聖書朗読2022年C年》より引用しました。)

動画配信情報(5月27日午後時点):敬称ほぼ略

 

緊急事態宣言中・医学的パンデミック中は、公開ミサ全面中止、動画ミサ配信のみ、予約制・人数制限のある小教区・教区・大教区もあります。体調に不安のある方、高齢者と同居されている方だけでなく、教会共同体への愛のためにも、ご自宅で安心してあずかれる動画ミサで教会の祈りに参加しましょう。主日のミサ免除の規定など、詳しくは所在地の教区、大教区の教区長、小教区主任司祭および教会委員会のガイドラインをご確認ください。2022年1月14日以降、サムネイル事前告知のないカトリック教会のチャンネルについては、チャンネルのみのご紹介とします。

 

カトリック東京大司教区

登録チャンネル: こちら

「週刊大司教 第七十七回 復活節第六主日」

こちら 

タルシチオ菊池功大司教が、5月23日に新型コロナに感染されたとのお知らせが出ていました。10日間の隔離生活だそうです。詳細はこちら

祈りましょう。

  

カトリック関口教会 

チャンネル登録:こちら

※当日配信のようです。

 

St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会(旧:聖イグナチオ教会事務室) 

St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会

こちら 

※当日配信&サムネイルの更新が土曜日のようです。

 

Please register “St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会” for further information. 

 
Với những thông tin về các Thánh Lễ được phát trên YouTube sắp tới đây, xin vui lòng đăng ký vào trang của 『St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会』( Văn Phòng Nhà Thờ Thánh Inhaxio)

Por favor regístrese  “San Ignacio, Tokio, Centro Loyola.

 

カトリック高円寺教会

チャンネル登録:こちら 

*サムネイル事前登録がありません。

 

カトリック吉祥寺教会 青年会若葉

チャンネル登録:こちら

カトリック吉祥寺教会は、上記の大祝日には入場者制限があるため青年会がライブ配信する、とのことです。

カトリック碑文谷教会

チャンネル登録:こちら

 

カトリック葛西教会チャンネル

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック葛西教会/主の昇天 ミサ・ライブ配信~2022年5月29日(日)10時

こちら

江戸川区近辺の皆さま、カトリック葛西教会のミサ・ライブ配信を確認しました。

 

カトリック潮見教会(Shiomi Kyokai Channel)

チャンネル登録:こちら 

※ 主日ライブ配信のチャンネルです。

  

尊者エリザベト北原玲子を守護の聖人とする、おなじみカトリック潮見教会さんが動画ミサ配信をしているのをやっと見つけました。ライブ配信です。

カトリック本所教会 

チャンネル登録:こちら 


横浜教区(登録チャンネル名:catholicyamate) 

登録チャンネル:こちら 

主の昇天 ~ カトリック山手教会 ~(2021年5月29日11:25~)

こちら 

The Lord's Ascension | Sacred Heart Cathedral Yokohama(29th May 2022, 9:25~Live Streaming)

HERE 

カトリック末吉町教会
登録チャンネル:こちら 

※ ライブ配信チャンネルです。

 

末吉町教会教会学校

登録チャンネル:こちら

 

教会学校のチャンネルをやっとみつけました。探してたのに…。

 

カトリック保土ヶ谷教会

登録チャンネル:こちら  

2022年5月29日 主の昇天10:00~

こちら

 

カトリック鍛冶ケ谷教会青年会

チャンネル登録: こちら   

主の昇天 ミサ 生配信(2022年5月29日10:30~)
こちら  

 

カトリック大船教会 

チャンネル登録:こちら

※チャンネルに当日アクセスしてみてください。

 

カトリック平塚教会

チャンネル登録:こちら        

主の昇天(5月29日 9:00ロザリオの祈り、9:30:ミサ)

こちら

 

カトリック雪ノ下教会(yukinoshita church)

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック鷺沼教会

チャンネル登録:こちら

 

カトリック二俣川教会

登録チャンネル:こちら

カトリック二俣川教会ホームページからも見られます。

 

カトリック太田教会(さいたま教区、群馬県)

チャンネル登録:こちら

  

さいたま教区(群馬県)のカトリック太田教会さんのミサ動画録画配信を確認しました。

カトリック加須教会

チャンネル登録:こちら 

カトリック加須教会 復活節第7主日 主の昇天ミサ 2022年5月29日 14:00

こちら

 

さいたま教区(埼玉県)のカトリック加須教会さんのチャンネルをやっとヒットしました!

 

札幌教区「日ごとの福音テレビ」

日毎の福音チャンネル: こちら  

主の昇天のミサ・日ごとの福音テレビ (5月29日07:00~)

こちら

カトリック新潟教区

チャンネル登録: こちら 

岡秀太助祭 司祭叙階式

こちら

 元三位一体聖ベネディクト会修道士のマキシミリアノ・マリア・コルベ岡秀太助祭の司祭叙階式がありました。

 

カトリック広島教区「平和の使徒推進本部」Catholic Hiroshima Diocese

 

広島教区ライブミサ配信は、カトリック幟町教会チャンネルさんが主体です。世界平和記念聖堂が、とても美しいです

カトリック幟町教会の登録チャンネル:こちら
  

2022年5月29日 - 主の昇天ミサ(祭日) -9:30~

こちら

Diocese of Fukuoka カトリック福岡司教区 

※当日更新をご確認ください。

直方カトリック教会の動画

チャンネル登録:こちら 

※ライブ配信チャンネルです。

 京都 みんなで捧げるミサ

登録チャンネル: こちら 

 

京都洛北ブロック主日ミサの登録チャンネル名が変更になりました。

※ 主日前の土曜日ライブ配信です。

 

カトリック名古屋教区- Nagoya Diocese

登録チャンネル: こちら

 

カトリック安城教会(Kyokai AnjoTv)

登録チャンネル: こちら 

※ 当日ライブ配信です。

 

やっとヒットしました。愛知県のカトリック安城教会さんのミサ配信です。

 

カトリック岐阜教会

登録チャンネル:こちら

※ 当日ライブ配信です。

 

カトリック南山教会

登録チャンネル:こちら 

 

カトリック岸和田教会michael 

※ 当日ライブ配信です。

 

Sacra Familia Osaka

(サグラダファミリア・カトリック大阪梅田教会)
チャンネル登録:こちら 

※ 当日ライブ配信です。

カトリック大阪梅田教会さんのミサ配信続いてます。大阪大教区の皆さん、大阪人のみなさん、ぜひチャンネル登録お願いします!

 

カトリック和歌山紀北教会-屋形町聖堂

チャンネル登録:こちら    

 

ミサ(主の昇天) 5月29日10:15~

こちら 

 

カトリック仁川教会

チャンネル登録:こちら 

 

兵庫県西宮市のカトリック仁川教会💒さんをやっと見つけました。正直、関西地方の地名はよく判らない所も多いので、失礼しました!

 

酒井俊弘司教

チャンネル登録:こちら 

 

新しいチャンネルを見つけました。

 

カトリック鹿児島教区

登録チャンネル:こちら 

 

Roman Catholic Archdiocese of Nagasaki

カトリック長崎大司教区登録チャンネル:こちら 

 

カトリック黒島教会福音宣教部

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック平戸口教会

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック司祭・修道院の登録チャンネルのご紹介;

名古屋教区内 

Kataoka Yoshihiroチャンネル登録: こちら

 

Hiro Francisco(カトリック大和高田教会)

チャンネル登録:こちら 

 

ドミニコの友OP(カトリック松山教会)

チャンネル登録:こちら

チャンネル名が「Antonio Lee, OP」から「ドミニコの友OP」に変更になりました。

  

聖パウロ修道会サンパウロ

登録チャンネルURL: こちら 

 

第78回 聖トマス西と十五殉教者【カトリック入門】※字幕付き

こちら 

カトリック入門テーマは「聖トマス西と十五殉教者」。

 

カルメル会上野毛修道院チャンネル登録:こちら

 

サレジオ会日本管区チャンネル登録: こちら 

 

主に平日ミサは小立神父の「ぼっちミサ」へどうぞ!
小立花忠チャンネル: こちら

毎日、平日ミサなら「ぼっちミサ」カトリック彦根教会の小立神父司式でどうぞ!

 

迫真のぼっちミサ、ついにC年まで続いています。基礎疾患がある、平日ミサがないとどうも元気の出ない方はぜひどうぞ!(継続中を確認済)

 

Gerard GOUINEAUグイノジェラール

チャンネル登録:こちら

 

👨‍🏫グイノ神父のミニ黙想会ー人間の神秘について

こちら  

グイノ神父さんのミニ黙想会後編です。

 

2021復活祭黙想会

こちら

そう言えば、黙想会というと待降節か四旬節。復活節の黙想会ってないのかなぁ?と思い、探してみました。下井草教会(東京・サレジオ会)のミニ黙想会です。

 

※YOUTUBEでのチャンネル登録者数や再生回数の増加、および操作回数とわたしの検索頻度により、ライブ&動画配信情報に時差が生じております。ご容赦ください。また、掲載されていないカトリック教会のミサが多々あると思われますが、増減する動画配信に一人で検索する限界を感じています。全国で公開ミサが行われるようになり次第、ライブ配信・動画情報提供も終了いたします。

 

 

霊的読書(レクチオ・ディヴィナ)とは、聖書(主に福音書)などを音読し、その中の「ちょっと気になる一句」に心を留めて、祈りのうちに神さまを思い、その一句を通して神さまと語り合うことを指します。ブログ中の聖書の解釈に関する内容は、しぇるりん個人の感想です。聖句そのものと、地理、人間関係などの事実関係は、特別な記載がないものは、日本聖書協会2008年版≪新共同訳 新旧約聖書続編つき≫の解説部分に依拠しています。詳しくは、日本聖書協会発行の≪新共同訳 新約聖書≫≪新共同訳 聖書≫をご参照ください。なお、ミサの朗読福音は、カトリック中央協議会発行の《毎日のミサ》によります。

 

モルモン教、ものみの塔(エホバの証人)、世界基督教統一神霊協会(統一教)、新天地イエス教証しの幕屋聖殿、Apostolic Catholic Church(カトリック使徒教会)は正統派のキリスト教ではありません。「カルト宗教」です。ご注意下さい。

 

「しぇるりん」になりすまし、他の方のブログにコメントを書き込む事例があるとのご指摘を受けました。私は他のブログに書き込みをしません。また「しぇるりん」を騙るニセブログもあるようですが、このブログの書き手とは別人です。ご注意下さい。

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村←ポチッとしてください。励みになります。 ポチッとよろしく!

 

English blog is also available http://shelillelinnecatholictipoff.blogspot.jp/

 

定番の聖書なら→日本聖書協会《新共同訳 新約聖書詩編付》

 



わかりやすいと大好評のカトリック入門書

 



カトリック書籍と聖具は定価で買えるドンボスコ社HPからどうぞ!

 

ドンボスコ社ネットショップ

 





Helps meditation and lectio divina according to the Benedictine monastic spirituality.

 



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ<br/><a href=にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへにほんブログ村 カトリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
<
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ポチッとしてください。励みになります。 ポチッとよろしく!





2022年5月13日 (金)

2022年復活節第4主日〜復活節第5主日: 戦争とカトリック教会

1920pxvisin_de_san_pedro_nolasco わたしはまた、新しい天と新しい地を見た。最初の天と最初の地は去って行き、もはや海もなくなった。

 

更にわたしは、聖なる都、新しいエルサレムが、夫のために着飾った花嫁のように用意を整えて、神のもとを離れ、天から下って来るのを見た。

 

そのとき、わたしは玉座から語りかける大きな声を聞いた。「見よ、神の幕屋が人の間にあって、神が人と共に住み、人は神の民となる。神は自ら人と共にいて、その神となり、彼らの目の涙をことごとくぬぐい取ってくださる。

(ヨハネの黙示録21:1-5a)

 

お元気ですか。ご無事ですか。しぇるりんです。(^ ^)

 

20世紀の終わり頃、世紀末思想がやたらと流行り、多くの人がニューエイジ思想に溺れた時期をご記憶でしょうか。

 

20世紀にファティマの聖母への信心と「司祭のためのマリア運動」などが流行り、ロシアの回心のために祈った日々をご記憶でしょうか。

 

当時、世界は第三次世界大戦など起こる兆しがないのに、なぜロシアの回心のために祈るのか、訝しがる人もいました。

 

第二次世界大戦がもたらした恐怖と語り尽くせない心の痛み、経済的な打撃などが原因だと当時は考えられていたのかも知れません。

 

東欧世界でのキリスト教改革は、数世紀~半世紀ほど西方教会の世界より周期遅れで始まる歴史的傾向があるようです。唐突に、第三次世界大戦の危機と共に教会の危機もおとずれました。

 

正教会の「政教調和」で語られる「政治」は、権力者側の政治なのか、民衆の政治運動なのかが第一の争点です。

第二に同じイエス・キリストの教えを信じる教会側の政治との「調和」とは政治的中立なのか、民衆の応援なのか、権力者を擁護しても良いのか…という文化的な問いが投げかけられています。

 

今回のロシア軍によるウクライナ侵略では、ウクライナ正教会派(キーウ府主教座)は政治的中立を、モスクワ派(モスクワ首教座)はウクライナ領土内では中立という立場のようです。

 

ロシア領土内のウクライナ人司祭らはコンスタンチノープル総主教座にキリル一世総首教を反キリストとして告発する署名を出しました。ウクライナ領土内のモスクワ派の教会が、恣意の爆撃対象となっていることも問題でしょう。

 

5月8日に教皇フランシスコはZOOMでキリル一世総主教と会談し、今回の戦争とは全く関係ない時に予定されていた6月14日のエルサレムでの会談の延期に合意したと、米CNNが報じました。

 

世界中の期待を一身に集める教皇フランシスコも祈る以外に何もできない現状と、カトリック教会のこれからの在り方を復活節第5主日の黙示録のみことばから考えてみたいと思います。

 

  • 神が人と共に住み

 

19~21世紀ほど《聖書》のみ言葉が、大衆に浸透した時代はかつて歴史上なかったように思います。

 

単なる慣習として洗礼を受け、主のみ言葉への理解度や教会の在り方について信徒が考えるのは間違いだ…と19世紀ぐらいまでは考えられていました。

 

14~17世紀の宗教改革が、信心深い信徒と性的にも物欲面においても放埒な一部の逸脱した教皇・司祭・修道者の振る舞いに起因したのは事実です。

 

この時代、主のみ言葉である《聖書》を信徒が司祭の指導なしに読むことは禁じられ、カトリック教会では第二バチカン公会議までこの論議は続きました。

 

主のみ言葉を誰もが《聖書》を開いて読めるようになったのは、ほんの半世紀前~です。

 

2022年2月24日に、ロシア軍が一方的にウクライナを侵略し、世界を核兵器使用をちらつかせて威嚇する事態に至りました。

 

それまで東欧世界で教会(正教会)と信徒の関係は、「慣習としての儀式」以上には考えられていなかったようです。

 

今回の戦争でウクライナでは「説教を身近に感じられるようになった」「教会で癒されると感じた」と初めて感じたという人が増えています。

 

戦争がなければ、教会は信徒の魂を揺り動かすことはなかったのだろうか…と考えると、わたしたちの原罪がどれだけ深いのかを考えさせられます。

 

いまカトリック教会に出来ることは、カトリック信徒で自分の生活もギリギリでも避難者を支えるウクライナ西部地方、ポーランド、チェコとルーマニアの有志信徒を、物心両面で支えることでしょう。

 

教皇フランシスコは戦争擁護の主張を20分間まくし立てたキリル一世総首教に対し「大統領の侍者になるな」と言い「我々は神の言葉で話そう」と忠言しました。

 

「神が人と住む」を実感するのに、これほどまでに深い絶望をウクライナが、世界が共有する必要があったのでしょうか。

 

イエス・キリストが人となられ、難民の子、大工として殆どの人生を過ごし、福音宣教ののちに十字架につけられ、復活されたのは、わたしたちが少しでも神と共に住み、魂が罪から解き放たれるためではなかったのでしょうか。

 

孤立無縁で、絶望の果てにある辛さを噛みしめなければ、人は神に心を開かないのだとしたら…人間の心と魂の闇は深すぎます。

 

主のみ言葉は、いまも世界中で主日ごとに語りかけています。平和な日本にいる今だからこそ、「神が人と住む」神秘の深みを求めてみませんか?

 

  • 人は神の民となる

 

いざ第三次世界大戦前夜という状態になって、カトリック教会とその信徒もまた無力感に打ちのめされました。

 

日本には成人洗礼を受けた第一世代のカトリック信徒が大ぜいいますが、海外では「代々何となくカトリック信徒」が大多数です。

 

幼児洗礼で何となくカトリック信徒になるのは、主に「世間並に冠婚葬祭をするため」という人が多いです。

 

もちろん、カトリック信徒が多数派の国では「何となくカトリック」だったり、「何となくキリスト教」だったりします。

 

プロテスタント信徒が多数派の米国などで、一部の右派カトリック信徒が「妊娠中絶の合法化反対運動」が起きてます。

 

現実問題、強姦被害や望まない妊娠をした女性の「闇の堕胎施設」での非医療的な堕胎を防ぐための法案であり、妊娠中絶合法化は、一定の範囲内では必要だとしぇるりんは考えます。

 

今は比較的安全性の高い経口堕胎薬もあるので、女性の生存権・人格権などを守るためには必要です。

 

ウクライナで強姦されそうになった女性が、「必死の思いでコンドームをつけた」と言う報道がありました。強姦による妊娠や性病感染を防ぐことが、せめてもの彼女の望みであり、神は彼女の手がコンドームに届くよう計らって下さったようです。

 

わたしたち人間が神の民であると実感するためには、ロシア軍や旧日本軍が行った数々の虐殺や強姦などの暴力に魂を安易に売り渡す数知れない人々とも「共にある」覚悟が必要です。

 

今回の戦争で組織犯罪としての戦争と暴力は、根絶しがたいことがよくわかりました。せめて、今回の戦争がロシア軍に損失と喪失だけを与え、領土を1ミリも与えないことで、全面戦争が無意味になるよう祈りたいです。

 

人が神の民になるためには、わたしたち一人一人が神と共にありたいと願わなければ叶いません。

 

米国のバイデン大統領は「まさか(長い付き合いの)プーチン大統領が、全面戦争を始めるなんて思ってなかった」と呟いてました。

 

どれほど「国際的な共通認識」「全面戦争の経済的な不採算性」「国力衰退」など、全面戦争をしない「常識的」かつ「不可避的」な動機が山ほどあっても、今回の戦争は起きました。

 

ロシア正教会で洗礼を受けた田舎の女性たちは、まさか自分達の首教が核兵器や巡航ミサイル、組織的虐殺と神を冒涜する罪を犯す使命を帯びた軍隊に祝福を与えたと言われても、信じようとしないでしょう。

 

悪が教会を支配して思いのままに操るには、ソ連時代~KGB要員だった何十人かの司祭と首教に贅沢や飽食など権力者には当たり前の快楽を覚えさせるだけで、十分にその目的を達成できたのです。

 

今は激戦中ですが、この戦火はいつか止むでしょう。しかし、引き裂かれたウクライナとロシアの人々の心の傷は長く残るでしょう。

 

「人が神の民となる」には、一人ひとりの信仰と決断が必要です。悪はつねに、「常識ある」人々の心の奥底から狙っているからです。

 

わたしたちは、神の民になりたい、神が共におられることを実感したいと心から思っているでしょうか?

 

絶望と孤独の果てに、聖母マリアと主イエスに心の安らぎを見出したしぇるりんが思うのは、時代に流されない自分を見失わないという覚悟を新たにすることです。

 

今回の戦争は、高速インターネット回線と監視カメラ、スマホやPCの普及が大きな役割を果たしています。IT技術があるからこそ、戦争が始まって80日経たずまだ戦争中なのに、ウクライナで民間人虐殺したロシア兵の戦争犯罪への刑事裁判が始まっています。

 

パンデミックも含め、今回の時代の流れはとても素早く、日々刻々と変化するでしょう。のんびりしてたら、すぐに取り残されそうな勢いです。

 

時は流れ、時代は変わっても、天地創造の初めから変わらない主との約束を、わたしたちがたがえない決意と祈りを、聖母マリアと聖ヨセフのみ手に委ねて捧げたいと思います。

 

いつか主のみ恵みが、ウクライナの涙をぬぐい取って下さる日が来ますように。

 

日本では、本格的に新型コロナ禍は拡大するでしょう。

どうぞ、ご自愛ください。ご無事で!

 

 

5月15日(日・主・白) 復活節第5主日

第一朗読: 使徒言行録14・21b-27 

答唱詩篇: 18④⑤⑥(詩編145・8+9,10+11,13ab+14)

第二朗読: 黙示録21・1-5a 

アレルヤ唱: 264(第5 主日C)(ヨハネ13・34)

福音朗読: ヨハネによる福音書13・31-33a,34-35

 

(カトリック中央協議会《教会暦と聖書朗読2022年C年》より引用しました。)

動画配信情報(5月13日午後時点):敬称ほぼ略

 

緊急事態宣言中・医学的パンデミック中は、公開ミサ全面中止、動画ミサ配信のみ、予約制・人数制限のある小教区・教区・大教区もあります。体調に不安のある方、高齢者と同居されている方だけでなく、教会共同体への愛のためにも、ご自宅で安心してあずかれる動画ミサで教会の祈りに参加しましょう。主日のミサ免除の規定など、詳しくは所在地の教区、大教区の教区長、小教区主任司祭および教会委員会のガイドラインをご確認ください。2022年1月14日以降、サムネイル事前告知のないカトリック教会のチャンネルについては、チャンネルのみのご紹介とします。

 

カトリック東京大司教区

登録チャンネル: こちら

信徒の召命-カテキスタという道-

こちら 

タルシチオ菊池東京大司教の信徒召命の日のメッセージ

  

カトリック関口教会 

チャンネル登録:こちら

※当日配信のようです。

 

St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会(旧:聖イグナチオ教会事務室) 

St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会

こちら 

※当日配信&サムネイルの更新が土曜日のようです。

 

Please register “St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会” for further information. 

 
Với những thông tin về các Thánh Lễ được phát trên YouTube sắp tới đây, xin vui lòng đăng ký vào trang của 『St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会』( Văn Phòng Nhà Thờ Thánh Inhaxio)

Por favor regístrese  “San Ignacio, Tokio, Centro Loyola.

 

カトリック高円寺教会

チャンネル登録:こちら 

*サムネイル事前登録がありません。

 

カトリック吉祥寺教会 青年会若葉

チャンネル登録:こちら

カトリック吉祥寺教会は、上記の大祝日には入場者制限があるため青年会がライブ配信する、とのことです。

カトリック碑文谷教会

チャンネル登録:こちら

 

カトリック葛西教会チャンネル

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック葛西教会/復活節第5主日 ミサ・ライブ配信~2022年5月15日(日)9時30分

こちら

江戸川区近辺の皆さま、カトリック葛西教会のミサ・ライブ配信を確認しました。

 

カトリック潮見教会(Shiomi Kyokai Channel)

チャンネル登録:こちら 

※ 主日ライブ配信のチャンネルです。

  

尊者エリザベト北原玲子を守護の聖人とする、おなじみカトリック潮見教会さんが動画ミサ配信をしているのをやっと見つけました。ライブ配信です。

カトリック本所教会 

チャンネル登録:こちら 

※当日配信のようです。


横浜教区(登録チャンネル名:catholicyamate) 

登録チャンネル:こちら 

復活節第5主日 ~ カトリック山手教会 ~(2021年5月15日11:25~)

こちら 

5th Sunday of Easter | Sacred Heart Cathedral Yokohama(15th May 2022, 9:25~Live Streaming)

HERE 

カトリック末吉町教会
登録チャンネル:こちら 

※ ライブ配信チャンネルです。

 

末吉町教会教会学校

登録チャンネル:こちら

 

教会学校のチャンネルをやっとみつけました。探してたのに…。

 

カトリック保土ヶ谷教会

登録チャンネル:こちら  

2022年5月15日 復活節第5主日10:00~

こちら

 

カトリック鍛冶ケ谷教会青年会

チャンネル登録: こちら   

復活節第5主日 ミサ 生配信(2022年5月15日10:30~)
こちら  

 

カトリック大船教会 

チャンネル登録:こちら

※チャンネルに当日アクセスしてみてください。

 

カトリック平塚教会

チャンネル登録:こちら        

復活節第5主日(5月15日 9:00ロザリオの祈り、9:30:ミサ)

こちら

 

カトリック雪ノ下教会(yukinoshita church)

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック鷺沼教会

チャンネル登録:こちら

 

カトリック二俣川教会

登録チャンネル:こちら

カトリック二俣川教会ホームページからも見られます。

 

カトリック太田教会(さいたま教区、群馬県)

チャンネル登録:こちら

  

さいたま教区(群馬県)のカトリック太田教会さんのミサ動画録画配信を確認しました。

カトリック加須教会

チャンネル登録:こちら 

カトリック加須教会  復活節第4主日ミサ  2022年5月8日 14:00

こちら

 

さいたま教区(埼玉県)のカトリック加須教会さんのチャンネルをやっとヒットしました!

 

札幌教区「日ごとの福音テレビ」

日毎の福音チャンネル: こちら  

復活節第5主日のミサ・日ごとの福音テレビ (5月15日07:00~)

こちら

カトリック新潟教区

チャンネル登録: こちら 

岡秀太助祭 司祭叙階式

こちら

 元三位一体聖ベネディクト会修道士のマキシミリアノ・マリア・コルベ岡秀太助祭の司祭叙階式がありました。

カトリック広島教区「平和の使徒推進本部」Catholic Hiroshima Diocese

 

広島教区ライブミサ配信は、カトリック幟町教会チャンネルさんが主体です。世界平和記念聖堂が、とても美しいです

カトリック幟町教会の登録チャンネル:こちら
  

2022年5月15日 - 復活節第5主日ミサ - 9:30~

こちら

Diocese of Fukuoka カトリック福岡司教区 

※当日更新をご確認ください。

直方カトリック教会の動画

チャンネル登録:こちら 

※ライブ配信チャンネルです。

 京都 みんなで捧げるミサ

登録チャンネル: こちら 

 

京都洛北ブロック主日ミサの登録チャンネル名が変更になりました。

※ 主日前の土曜日ライブ配信です。

 

カトリック名古屋教区- Nagoya Diocese

登録チャンネル: こちら

 

カトリック安城教会(Kyokai AnjoTv)

登録チャンネル: こちら 

※ 当日ライブ配信です。

 

やっとヒットしました。愛知県のカトリック安城教会さんのミサ配信です。

 

カトリック岐阜教会

登録チャンネル:こちら

※ 当日ライブ配信です。

 

カトリック南山教会

登録チャンネル:こちら 

 

カトリック岸和田教会michael 

※ 当日ライブ配信です。

 

Sacra Familia Osaka

(サグラダファミリア・カトリック大阪梅田教会)
チャンネル登録:こちら 

※ 当日ライブ配信です。

カトリック大阪梅田教会さんのミサ配信続いてます。大阪大教区の皆さん、大阪人のみなさん、ぜひチャンネル登録お願いします!

 

カトリック和歌山紀北教会-屋形町聖堂

チャンネル登録:こちら    

 

ミサ(復活節第5主日)10:15~

こちら 

 

カトリック仁川教会

チャンネル登録:こちら 

 

兵庫県西宮市のカトリック仁川教会💒さんをやっと見つけました。正直、関西地方の地名はよく判らない所も多いので、失礼しました!

 

酒井俊弘司教

チャンネル登録:こちら 

 

新しいチャンネルを見つけました。

 

カトリック鹿児島教区

登録チャンネル:こちら 

 

Roman Catholic Archdiocese of Nagasaki

カトリック長崎大司教区登録チャンネル:こちら 

 

カトリック黒島教会福音宣教部

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック平戸口教会

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック司祭・修道院の登録チャンネルのご紹介;

名古屋教区内 

Kataoka Yoshihiroチャンネル登録: こちら

 

Hiro Francisco(カトリック大和高田教会)

チャンネル登録:こちら 

 

ドミニコの友OP(カトリック松山教会)

チャンネル登録:こちら

チャンネル名が「Antonio Lee, OP」から「ドミニコの友OP」に変更になりました。

  

聖パウロ修道会サンパウロ

登録チャンネルURL: こちら 

 

【ゆるいTomaP】聖母月の霊的花束をこっそり開けてみた!

こちら 

「霊的花束を…」という言葉はよく聞くけど、何のために、どんな祈りや犠牲を捧げるのか…の秘密大公開!

 

カルメル会上野毛修道院チャンネル登録:こちら

 

サレジオ会日本管区チャンネル登録: こちら 

 

主に平日ミサは小立神父の「ぼっちミサ」へどうぞ!
小立花忠チャンネル: こちら

毎日、平日ミサなら「ぼっちミサ」カトリック彦根教会の小立神父司式でどうぞ!

 

迫真のぼっちミサ、ついにC年まで続いています。基礎疾患がある、平日ミサがないとどうも元気の出ない方はぜひどうぞ!(継続中を確認済)

 

Gerard GOUINEAUグイノジェラール

チャンネル登録:こちら

 

グイノ神父のミニ黙想会ー洗礼の恵みについて

こちら  

ミニ黙想会です。

 

「聖イグナチオの霊操」第45回『不思議な大漁』(第4週)

こちら

 

聖イグナチオの霊操シリーズ情報更新!

 

※YOUTUBEでのチャンネル登録者数や再生回数の増加、および操作回数とわたしの検索頻度により、ライブ&動画配信情報に時差が生じております。ご容赦ください。また、掲載されていないカトリック教会のミサが多々あると思われますが、増減する動画配信に一人で検索する限界を感じています。全国で公開ミサが行われるようになり次第、ライブ配信・動画情報提供も終了いたします。

 

 

霊的読書(レクチオ・ディヴィナ)とは、聖書(主に福音書)などを音読し、その中の「ちょっと気になる一句」に心を留めて、祈りのうちに神さまを思い、その一句を通して神さまと語り合うことを指します。ブログ中の聖書の解釈に関する内容は、しぇるりん個人の感想です。聖句そのものと、地理、人間関係などの事実関係は、特別な記載がないものは、日本聖書協会2008年版≪新共同訳 新旧約聖書続編つき≫の解説部分に依拠しています。詳しくは、日本聖書協会発行の≪新共同訳 新約聖書≫≪新共同訳 聖書≫をご参照ください。なお、ミサの朗読福音は、カトリック中央協議会発行の《毎日のミサ》によります。

 

モルモン教、ものみの塔(エホバの証人)、世界基督教統一神霊協会(統一教)、新天地イエス教証しの幕屋聖殿、Apostolic Catholic Church(カトリック使徒教会)は正統派のキリスト教ではありません。「カルト宗教」です。ご注意下さい。

 

「しぇるりん」になりすまし、他の方のブログにコメントを書き込む事例があるとのご指摘を受けました。私は他のブログに書き込みをしません。また「しぇるりん」を騙るニセブログもあるようですが、このブログの書き手とは別人です。ご注意下さい。

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村←ポチッとしてください。励みになります。 ポチッとよろしく!

 

English blog is also available http://shelillelinnecatholictipoff.blogspot.jp/

 

定番の聖書なら→日本聖書協会《新共同訳 新約聖書詩編付》

 



わかりやすいと大好評のカトリック入門書

 



カトリック書籍と聖具は定価で買えるドンボスコ社HPからどうぞ!

 

ドンボスコ社ネットショップ

 





Helps meditation and lectio divina according to the Benedictine monastic spirituality.

 



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ<br/><a href=にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへにほんブログ村 カトリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
<
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ポチッとしてください。励みになります。 ポチッとよろしく!





2022年5月 6日 (金)

2022年復活節第3主日〜復活節第4主日: 主はわたしの羊飼い

Jesusmyshepherd イエスは答えられた。「わたしは言ったが、あなたがたは信じない。わたしが父の名行う業が、わたしについて証しをしている。しかし、あなたたちは信じない。わたしの羊ではないからである。わたしの羊はわたしの声を聞き分ける。わたしは彼らを知っており、彼らはわたしに従う。わたしは彼らに永遠の命を与える。彼らは決して滅びず、誰も彼らをわたしの手から奪うことはできない。わたしの父がくださったものは、すべてのものより偉大であり、だれも父の手から奪うことはできない。わたしと父とはひとつである。

(ヨハネによる福音書10:25-30)

 

お元気ですか。ご無事ですか。しぇるりんです。(^ ^)

 

ゴールデンウィークは、いかがお過ごしでしょうか。

 

新型コロナ禍で、PCR検査·確認が取れ、各国政府が報告した死亡者だけでフィリピンのマニラ市民、ブラジルのリオ·デ·ジャネイロ市の全人口、またはジンバブエ共和国の全人口に匹敵する150万名が亡くなりました。

 

「自宅療養」という美名のもとに、医療が受けられないまま亡くなる方が増加しています。GW明けに学校が始まると急に増え、医療はさらにひっ迫すると思われます。

 

円安の影響で物価高が進行しており、庶民は総貧困化の影響をモロに喰らってます。

 

ロシア軍によるウクライナ侵略戦争は、状況に改善の兆しが見えません。ロシア軍は、先の大戦の旧日本帝国軍以上に統率が取れておらず、そのために将官クラスがじゃんじゃん戦死/負傷する状態に陥っているからです。

 

モスクワで何を発表しようが、前線の部隊と為政者トップに、話が通じません。先の大戦で、日本が犯した愚かな過ちの軌跡を、ロシア連邦は忠実に辿っているようえす。

 

カトリック教会も日本の場合はカリタスジャパンを通じ、ハンガリー、ポーランド、スロバキア、ローマニアおよびモルドバなどウクライナ近隣諸国およびカリタス·ウクライナに人道支援物資を届けています。

 

ここで、ロシア軍占領下でも地下組織化したウクライナ軍と共に支援活動をする、名もない方々の働きを信頼に足るSNSなどの書き込みと、いままさにロシア占領下と連絡が取れている方々の証言を中心にお知らせしましょう。

 

  • だれも父の手から奪うことはできない

 

ロシア軍占領下での生活は、息詰まるような緊張に包まれています。

 

それぞれの「独立共和国」など親露派組織がバラバラにさまざまな偽ルーブル紙幣を流通させ、地元経済を混乱に追い込んでいます。

 

実際のロシア領内では、ロシア中央銀行券以外は為替両替はできません。ロシア領内で偽札として受け取り拒否されたら、印刷されてるだけメモ帳にもならない厄介な紙くずが「独立共和国発行の偽ルーブル」の正体です。

 

この状態でも使えるのは、米ドル、ユーロ、ビットコインとウクライナの法定通貨であるフリブニャです。

 

日本人には理解不能かも知れませんが、暗号通貨ビットコイン()はロシア軍占領下にあるウクライナで、スマホ1台でやり取りできる代替通貨として立派に機能しています。

 

善意の人々が、それぞれの居住地域の困窮者についてインターネットで情報を収集しています。VPS(仮想サーバー)契約をしているITエンジニアらが、困窮者がどこにいて、何を必要としているのかの情報を可能な限り支援者に伝えています。

ロシア軍がインターネット接続をウクライナ人にゆるすのは、ロシア軍が個人情報収集したい時、およびIAEAなど、ウクライナ国外の外部組織に放射線管理情報を定期的に送受信する必要に迫られた時のように見られます。この地域には、チェルニヒウ(チェルノブイリ)原発(事故後管理中)、およびザポロージエ原発があるからです。

 

困窮者の具体的情報を収集した支援者は、缶詰、発電機?、燃料、食事などの支援物資を詰めたポリ袋を数十個、困窮者に届けます。

 

このやりとりを記したウクライナ語を、翻訳ソフトで翻訳すると一見して「誤訳じゃないの?」という表現を見かけます。

 

もちろんしぇるりんもウクライナ語はアルファベットの読み方ぐらいしか知りませんが、必ずしも誤訳ではないようです。

 

「猫にご飯をあげる」「この猫に燃料を届けて」は、たぶん戦時独特の一種の「隠語」でしょう。

 

しぇるりんの会社の同僚は、「自分たちは、ロシア軍に疑いを持たれないよう、互いの無事の確認や支援要請/自分が支援したい意志の表明などを、自分たちの間でしか通じない隠語で行う」と証言しているからです。

 

たとえばこの文脈だと「猫」は「助けを必要とする人」を指す可能性が高いです。たとえば「日本からペット支援の缶詰が届いたので、猫にご飯と燃料をあげた」とある文章が機械翻訳されたとしましょう。

 

おそらく「日本」「ペット支援」「猫」は、この活動グループの人以外は理解できない隠語です。隠語は、不定期に変更されているようです。「燃料はXXガロン」とあるので文字通りの意味でしょう。

 

ロシア軍占領下を生きる南東部·東部ウクライナ人は、赤い飢餓(ホロドモール)、オレンジ革命の混乱に乗じたロシア軍によるクリミア州併合などロシアへの歴史的反発が非常に強い地域で、ウクライナ軍が自分たちをロシア軍占領下から解放してくれるのを待っている人が殆どのようです。

 

クリミア州と陸続きのウクライナ南東部でロシア軍が略奪·徴用した物資を、ロシアが2014年に併合したと主張するクリミア州の市場で堂々と販売しています。

 

ウクライナ人がウクライナ側でフリブニャを支払って購入し、命がけで届けようとした物資ですら、ロシア軍に「徴発」されてしまう事例も頻発しています。

 

まさに旧大日本帝国時代の日本軍の蛮行を思い起こさせる光景が、21世紀のウクライナで繰り広げられています。

 

日々の糧のため地下抵抗活動を余儀なくされているウクライナの人々に、日本の基準で「平和」を求めないでください。

 

軍人に温かい食べ物や飲み物を届けるウクライナの民間人はただ、自分たちなりに感謝の心を届けているだけです。

 

日本社会の同調圧で強引に強要され、自己意志の表現ができない「官製愛国心」を、ウクライナ人は求めません。

 

それは企業活動でも、同じです。先日、「日本のGWは今年は最長11日だ」と言ったら、「11日連休が欲しいのか?」と勘違いされました。

 

今も一部の自社スタッフはロシア軍占領下で潜伏し、ロシア軍の気まぐれに乗じてしか仕事の出来ない状況です。これほど明らかな手不足の時に休暇を申請するような図太い神経を、しぇるりんは持ち合わせていません。

 

互いを助け合いたいという連帯の気持ちを引き裂くことは、人間にはできません。「だれも父の手から奪うことはできない」ものは、ひとの魂の救い、心からの思いと行いにあらわれます。

 

誰にも強制されない自由意志による「連帯」は、東欧圏独特の生けるキリストへの信仰と文化に根づいているようです。

 

  • わたしの羊はわたしの声を聞き分ける

 

今回のロシア軍によるウクライナへの侵略戦争に対し、しぇるりんは生涯、公平な観点で語ることはできないでしょう。

 

この侵略戦争がなければ、数年後に予定していたしぇるりんの東欧旅行で会えたかも知れないパン屋や肉屋のオッちゃん、屋台や市場で地元料理や野菜を売るお姉さん、駅員さんやホテルやホステルの職員の方々の生命、建物、交通機関などをロシア軍は破壊してしまいました。

 

失われた生命も景色も、二度と再び戻ることはありません。動物園や遊園地まで、ロシア軍はミサイル爆撃しました。子どもが楽しむ遊園地に、何の罪があるというのでしょうか?

 

主は最初からしぇるりんを、今のチームのために選んでおられたようです。不思議と戦争前から、ウクライナ軍が負ける気がしませんでした。

 

ただ、ロシア領土にウクライナ軍が入らず、ウクライナ政府がたとえ1センチたりともロシア領土を欲しない…という祈りが叶うことを願っています。

 

ロシア兵士とて個人的には「人殺しはしたくない」と地元住民に打ち明け、飢えているからと食べ物を乞う人もいるようです。

 

先日、「罪のゆるし」について、同僚と話しました。「わたしは、ロシア軍とロシアを決して許せない」と彼女は言います。

 

家族·親族·両親や代父母の生命奪い、家を爆撃され、組織的兵器としての強姦、陵虐を行ったロシアを、戦争中に許せるはずもありません。

 

「ゆるしは、歴史に任せればいい」とわたしは言いながら、歴史的に旧日本軍の蛮行の罪を認められず、いまだ赦しを乞い続けようという決意できない日本を思いました。

 

ロシアもまた、旧日本軍の過ちと罪を認められず、赦しを乞わない道をたどるのでしょうか?

 

一応ロシア正教会員もキリスト教徒なのでまさか…とは思います。

 

が、ドイツ軍士官学校幼年兵にアウシュビッツ訪問を義務付けたように、「戦争犯罪を看過しない。犯さない」という歴史を継承できるのかどうかは疑問です。

 

少なくとも、日本では出来ていません。当事者さえ死ねば、日本軍の加害行為については水に流して忘れてくれるだろう…と考える人ばかりなのが現実です。

 

シベリア·満州·朝鮮半島などからの引揚者、各地での空襲被害者など国民に対する日本政府側の公式の謝罪、障害を負った方々への国家賠償もいまだ行われていません。

 

逆に「国家総動員」の洗脳で締め付けた被害者を鞭打つように「一億総懺悔」を押し付けたのが、今の自民党政権のWWII以降一貫した政策です。

 

沖縄と長崎·広島などの原爆被曝地で平和集会がつづく限り、時の総理大臣が「公式見解」を授業で指された子どもが読むように、読み上げるだけ。

 

このような日本政府の人を人とも思わぬ態度が、諸外国での慰安婦像設置などの反響を引き起こしています。

 

諸外国の方々は、別に「反日」で日本人の神経を逆なでしたいわけではないです。なぜ、歴史的戦争犯罪を日本史にしるし、当時の罪を認める…が国際的に問われています。

 

個人v.s.カルトやいじめの集団のような単位なら、日本だと「個人が逃げる」選択を取らざるを得ません。これは国際標準の基本的人権の観点から考えると、明らかに異常です。

 

社会行動としては、カルトやいじめの集団側とその責任者が「罪を認めて、正式に謝罪をし、その個人と社会秩序を乱した事に対し相手が納得するまで償いをする」のが、国際基準の王道です。

 

一部の在日ロシア人は、自分たちが知らぬ間に行われているロシア軍の蛮行に対する償いをしたい、という考えているようです。

 

ウクライナの人は、いまロシアを許せなくていい。わたしも、そう思います。

 

でも、ロシア人はいまウクライナで起きていることへの嫌悪感と罪の意識を忘れず、自分なりの言葉でロシア国内の人々に自分の声で伝えて欲しいです。

 

もしもWWIIの時に2022年のインターネットがあったなら、どうだったでしょう?

 

あなたなら、強制徴用、強姦被害や従軍慰安婦として奴隷使役された人の苦しみの声、家族を奪われ、家を焼かれた人々の声を受け入れられるでしょうか?

 

「ゆるし」はとても重いテーマだからこそ、ロザリオの月、5月にこそ考えてみたいものです。

 

どうぞ、ご自愛ください。ご無事で。

 

5月8日(日・主・白) 復活節第4主日 

第一朗読: 使徒言行録13·14,43-52

答唱詩篇: 172①②④(詩編100·1+2,3ab,5)

第二朗読: 黙示録7·9,14b-17 

アレルヤ唱: 264(第4 主日)(ヨハネ10·14)

福音朗読: ヨハネによる福音書10·27-30

 

(カトリック中央協議会《教会暦と聖書朗読2022年C年》より引用しました。)

動画配信情報(5月6日午後時点):敬称ほぼ略

 

緊急事態宣言中・医学的パンデミック中は、公開ミサ全面中止、動画ミサ配信のみ、予約制・人数制限のある小教区・教区・大教区もあります。体調に不安のある方、高齢者と同居されている方だけでなく、教会共同体への愛のためにも、ご自宅で安心してあずかれる動画ミサで教会の祈りに参加しましょう。主日のミサ免除の規定など、詳しくは所在地の教区、大教区の教区長、小教区主任司祭および教会委員会のガイドラインをご確認ください。2022年1月14日以降、サムネイル事前告知のないカトリック教会のチャンネルについては、チャンネルのみのご紹介とします。

 

カトリック東京大司教区

登録チャンネル: こちら

「シノドスへの歩み」第三十七回 みことばと共に 2022年5月1日復活節第三主日C

こちら

  

カトリック関口教会 

チャンネル登録:こちら

※サムネイルが見つかりませんでした。

 

St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会(旧:聖イグナチオ教会事務室) 

St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会

こちら 

※当日配信&サムネイルの更新が土曜日のようです。

 

Please register “St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会” for further information. 

 
Với những thông tin về các Thánh Lễ được phát trên YouTube sắp tới đây, xin vui lòng đăng ký vào trang của 『St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会』( Văn Phòng Nhà Thờ Thánh Inhaxio)

Por favor regístrese  “San Ignacio, Tokio, Centro Loyola.

 

カトリック高円寺教会

チャンネル登録:こちら 

*サムネイル事前登録がありません。

 

カトリック吉祥寺教会 青年会若葉

チャンネル登録:こちら

カトリック吉祥寺教会は、上記の大祝日には入場者制限があるため青年会がライブ配信する、とのことです。

カトリック碑文谷教会

チャンネル登録:こちら

 

カトリック葛西教会チャンネル

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック葛西教会/復活節第4主日 ミサ・ライブ配信~2022年5月8日(日)9時30分

こちら

江戸川区近辺の皆さま、カトリック葛西教会のミサ・ライブ配信を確認しました。

 

カトリック潮見教会(Shiomi Kyokai Channel)

チャンネル登録:こちら 

※ 主日ライブ配信のチャンネルです。

  

尊者エリザベト北原玲子を守護の聖人とする、おなじみカトリック潮見教会さんが動画ミサ配信をしているのをやっと見つけました。ライブ配信です。

カトリック本所教会 

チャンネル登録:こちら 


横浜教区(登録チャンネル名:catholicyamate) 

登録チャンネル:こちら 

復活節第4主日 ~ カトリック山手教会 ~ 助祭叙階式(受階者:タン・ホアン・フィー(小田原教会出身/ベトナム・信仰の宣教修道会)(2021年5月8日11:25~)

こちら 

4th Sunday of Easter | Sacred Heart Cathedral Yokohama(8th May 2022, 9:25~Live Streaming)

HERE 

カトリック末吉町教会
登録チャンネル:こちら 

※ ライブ配信チャンネルです。

 

末吉町教会教会学校

登録チャンネル:こちら

 

教会学校のチャンネルをやっとみつけました。探してたのに…。

 

カトリック保土ヶ谷教会

登録チャンネル:こちら  

2022年5月8日 復活節第4主日 10:00~

こちら

 

カトリック鍛冶ケ谷教会青年会

チャンネル登録: こちら   

復活節第4主日 ミサ 生配信(2022年5月8日10:30~)
こちら  

 

カトリック大船教会 

チャンネル登録:こちら

※チャンネルに当日アクセスしてみてください。

 

カトリック平塚教会

チャンネル登録:こちら        

復活節第4主日(5月8日 9:00ロザリオの祈り、9:30:ミサ)

こちら

 

カトリック雪ノ下教会(yukinoshita church)

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック鷺沼教会

チャンネル登録:こちら

 

カトリック二俣川教会

登録チャンネル:こちら

カトリック二俣川教会ホームページからも見られます。

 

カトリック太田教会(さいたま教区、群馬県)

チャンネル登録:こちら

  

さいたま教区(群馬県)のカトリック太田教会さんのミサ動画録画配信を確認しました。

カトリック加須教会

チャンネル登録:こちら 

カトリック加須教会  復活節第4主日ミサ  2022年5月8日 14:00

こちら

 

さいたま教区(埼玉県)のカトリック加須教会さんのチャンネルをやっとヒットしました!

 

札幌教区「日ごとの福音テレビ」

日毎の福音チャンネル: こちら  

復復活節第4主日のミサ・日ごとの福音テレビ (5月8日07:00~)

こちら

カトリック新潟教区

チャンネル登録: こちら 

岡秀太助祭 司祭叙階式

こちら

 元三位一体聖ベネディクト会修道士のマキシミリアノ・マリア・コルベ岡秀太助祭の司祭叙階式がありました。

カトリック広島教区「平和の使徒推進本部」Catholic Hiroshima Diocese

 

広島教区ライブミサ配信は、カトリック幟町教会チャンネルさんが主体です。世界平和記念聖堂が、とても美しいです

カトリック幟町教会の登録チャンネル:こちら
  

2022年5月8日 - 復活節第4主日ミサ (世界召命祈願の日)-

こちら

Diocese of Fukuoka カトリック福岡司教区 

※当日更新をご確認ください。

直方カトリック教会の動画

チャンネル登録:こちら 

※ライブ配信チャンネルです。

 京都 みんなで捧げるミサ

登録チャンネル: こちら 

 

京都洛北ブロック主日ミサの登録チャンネル名が変更になりました。

※ 主日前の土曜日ライブ配信です。

 

カトリック名古屋教区- Nagoya Diocese

登録チャンネル: こちら

 

カトリック安城教会(Kyokai AnjoTv)

登録チャンネル: こちら 

※ 当日ライブ配信です。

 

やっとヒットしました。愛知県のカトリック安城教会さんのミサ配信です。

 

カトリック岐阜教会

登録チャンネル:こちら

※ 当日ライブ配信です。

 

カトリック南山教会

登録チャンネル:こちら 

 

カトリック岸和田教会michael 

※ 当日ライブ配信です。

 

Sacra Familia Osaka

(サグラダファミリア・カトリック大阪梅田教会)
チャンネル登録:こちら 

※ 当日ライブ配信です。

カトリック大阪梅田教会さんのミサ配信続いてます。大阪大教区の皆さん、大阪人のみなさん、ぜひチャンネル登録お願いします!

 

カトリック和歌山紀北教会-屋形町聖堂

チャンネル登録:こちら    

 

ミサ(復活節第4主日)世界召命祈願の日10:15~

こちら 

 

カトリック仁川教会

チャンネル登録:こちら 

 

兵庫県西宮市のカトリック仁川教会💒さんをやっと見つけました。正直、関西地方の地名はよく判らない所も多いので、失礼しました!

 

酒井俊弘司教

チャンネル登録:こちら 

 

新しいチャンネルを見つけました。

 

カトリック鹿児島教区

登録チャンネル:こちら 

 

Roman Catholic Archdiocese of Nagasaki

カトリック長崎大司教区登録チャンネル:こちら 

 

カトリック黒島教会福音宣教部

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック平戸口教会

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック司祭・修道院の登録チャンネルのご紹介;

名古屋教区内 

Kataoka Yoshihiroチャンネル登録: こちら

 

Hiro Francisco(カトリック大和高田教会)

チャンネル登録:こちら 

 

ドミニコの友OP(カトリック松山教会)

チャンネル登録:こちら

チャンネル名が「Antonio Lee, OP」から「ドミニコの友OP」に変更になりました。

  

聖パウロ修道会サンパウロ

登録チャンネルURL: こちら 

 

【ゆるいTomaP】修道院で買った本を紹介(2022年4月)

こちら 

修道院の購入書籍のご紹介です!

 

カルメル会上野毛修道院チャンネル登録:こちら

 

サレジオ会日本管区チャンネル登録: こちら 

 

主に平日ミサは小立神父の「ぼっちミサ」へどうぞ!
小立花忠チャンネル: こちら

毎日、平日ミサなら「ぼっちミサ」カトリック彦根教会の小立神父司式でどうぞ!

 

迫真のぼっちミサ、ついにC年まで続いています。基礎疾患がある、平日ミサがないとどうも元気の出ない方はぜひどうぞ!(継続中を確認済)

 

Gerard GOUINEAUグイノジェラール

チャンネル登録:こちら

 

💠グイノ神父の復活祭の挨拶、🐰🐣🐥四月の花と共に 桜 蓮華など

こちら  

淡路島では、桜と蓮華がいっぺんに咲くのでしょうか?

「聖イグナチオの霊操」第44回『エマオへの弟子』(第4週)

こちら

 

聖イグナチオの霊操シリーズ情報更新!

 

※YOUTUBEでのチャンネル登録者数や再生回数の増加、および操作回数とわたしの検索頻度により、ライブ&動画配信情報に時差が生じております。ご容赦ください。また、掲載されていないカトリック教会のミサが多々あると思われますが、増減する動画配信に一人で検索する限界を感じています。全国で公開ミサが行われるようになり次第、ライブ配信・動画情報提供も終了いたします。

 

 

霊的読書(レクチオ・ディヴィナ)とは、聖書(主に福音書)などを音読し、その中の「ちょっと気になる一句」に心を留めて、祈りのうちに神さまを思い、その一句を通して神さまと語り合うことを指します。ブログ中の聖書の解釈に関する内容は、しぇるりん個人の感想です。聖句そのものと、地理、人間関係などの事実関係は、特別な記載がないものは、日本聖書協会2008年版≪新共同訳 新旧約聖書続編つき≫の解説部分に依拠しています。詳しくは、日本聖書協会発行の≪新共同訳 新約聖書≫≪新共同訳 聖書≫をご参照ください。なお、ミサの朗読福音は、カトリック中央協議会発行の《毎日のミサ》によります。

 

モルモン教、ものみの塔(エホバの証人)、世界基督教統一神霊協会(統一教)、新天地イエス教証しの幕屋聖殿、Apostolic Catholic Church(カトリック使徒教会)は正統派のキリスト教ではありません。「カルト宗教」です。ご注意下さい。

 

「しぇるりん」になりすまし、他の方のブログにコメントを書き込む事例があるとのご指摘を受けました。私は他のブログに書き込みをしません。また「しぇるりん」を騙るニセブログもあるようですが、このブログの書き手とは別人です。ご注意下さい。

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村←ポチッとしてください。励みになります。 ポチッとよろしく!

 

English blog is also available http://shelillelinnecatholictipoff.blogspot.jp/

 

定番の聖書なら→日本聖書協会《新共同訳 新約聖書詩編付》

 



わかりやすいと大好評のカトリック入門書

 



カトリック書籍と聖具は定価で買えるドンボスコ社HPからどうぞ!

 

ドンボスコ社ネットショップ

 





Helps meditation and lectio divina according to the Benedictine monastic spirituality.

 



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ<br/><a href=にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへにほんブログ村 カトリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
<
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ポチッとしてください。励みになります。 ポチッとよろしく!





2022年4月29日 (金)

2022年神のいつくしみの主日〜復活第3主日: 天国に入れるのは…?

Fmxd0noxeai3wu0イエスは御自分を信じたユダヤ人たちに言われた。「わたしの言葉にとどまるならば、あなたたちは本当にわたしの弟子である。あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする。」

 

(なぜ、自由民である彼らが奴隷であるかのように言うのか尋ねられて…。) 

 

イエスはお答えになった。「はっきり言っておく。罪を犯すものは誰でも、罪の奴隷である。奴隷はいつまでも家にいるわけにはいかないが、子はいつまでもいる。…」

(ヨハネによる福音書8:31, 34〜35)

 

お元気ですか。ご無事ですか。

しぇるりんです。(^ ^)

 

そしてシエナの聖カタリナさん、霊名日おめでとうございます。🎉

 

カトリック教会復興に尽力したシエナの聖カタリナにあやかり、主の教えが権力にねじ曲げられることのないよう祈りましょう。

 

ゴールデンウィークは始まったものの、新型コロナ禍は衰えていません。学校·施設内感染拡大の状況把握ができていない地域が多いようです。

 

もちろん上海で起きているような、極端なロックダウン+配給制度から起きるさまざまな矛盾には問題があるでしょう。

 

それでも、ゴールデンウィークでキャッハー!と騒いで良いほど、状況は良くないです。連休直前、最後の薬品納品あたりですでに病院·クリニックの医薬品不足などが、SNSで呟かれていました。

 

その上、町のお医者さんは祝日にはお休みです。体調不良になっても、休日診療や救急搬送はハードルが高いので医療が受けられない可能性があります。

 

世界ではロシア軍によるウクライナ侵略で、第三次世界大戦がいつ起きても不思議のない状態が続いています。

 

ロシア正教会の回心と、教会刷新を望むロシア正教会司祭らに天の大地、聖マリアのみ恵みがあるよう祈りましょう。天のみ母が、教会共同体とともに平和を祈ることすら禁じられたロシア正教会司祭に、み恵みを下されないとは思えません。

 

ロシアのプロパガンダ戦はついに、公然と反キリストの領域に入り込んで来ました。

 

首教が戦争·侵略·核兵器に祝福を与えただけでなく、そのプロパガンダで「ロシアのために戦って死ぬものは皆、みな天国に行ける」と言い出しました。

 

こうなると、ロシアの政治的プロパガンダはロシア正教会のカルト宗教化の色合いを帯びてきます。ロシア正教会は、ロシア人の心の故郷のような教会共同体です。

 

イエス·キリストが教えてくださった平和·愛·信頼·希望の教えを踏みにじる行為を、所属する教会共同体が少し違うというだけで、黙認はダメだと思うのです。

 

そこで今日は「ひとは天国に行けるのか?」についてちょっとかんがえてみたいと思います。

 

  • 「死ねば天国に行ける」のか?

 

以前、仕事にあぶれていた時介護の仕事をしたことがありました。

 

その時、あるヘルパーさんが「あの世」について言っていた言葉が印象的でした。

 

「あの世だの天国だのってのは、よっぽど良いところなんだろうさ。だって、みんああっちに行ったら二度と帰って来ないじゃない。」

 

死と天国·地獄·煉獄について、私たちは選ばれた聖人聖女らがそれぞれが生きた時代の「天国·地獄·煉獄」の観想について読みかじったことがあるぐらいです。

 

カトリック教会の司祭は、天国についても多くを語りませんが、地獄に堕ちた人々についてはなおさら口を閉ざして語りたがらない傾向があります。

 

西方教会=カトリック教会やプロテスタント諸宗派が、東方教会や正教会派を「追い詰めようとしている」という事実はありません。

 

ただ、第二バチカン公会議が1960年代のとある秋の日に、聖ヨハネ23世の「公会議を召集してください」と言われてから、西方キリスト教世界は大きな変革を乗り越えてきました。

 

《カトリック教会の教え》は刷新され、各地域と信徒の置かれた状況により、地域·国ごとの多様性が教会活動に反映するようになりました。

 

その一方で、教会の教えで信徒が死を迎えるまさにその時に気になる「天国と地獄」という課題について、カトリック教会はあまり語らなくなりました。

 

イエスさまが教えてくださった愛の教えに殉じなくても、祈らなくても、地獄に堕ちる訳じゃないんでしょ…的な「偽りのヒューマニズム」の蔓延です。

 

思想信条や文化の違いを受け入れること、は必要です。

 

具体的な命題を、ここで出してみましょう。

 

現存する人でカトリック信徒ではない社会的リーダーであるダライ·ラマ三世とヴラジミール·プーチン氏、どちらも天国で受け入れられると思いますか?

 

一人は皆さんもご存知の仏教界の良き指導者です。

 

もう一人はロシアで戦争·侵略·核兵器を祝福させ、「ロシアのために戦って死ぬ人は誰でも天国に行ける」と言うプロパガンダを唱える政治指導者です。

 

日本のカトリック教会、ローマ教会は詭弁で逃れず、この課題に対して答えられるのでしょうか?

 

プーチン氏のプロパガンダは、日本の靖国神社問題によく似ています。プーチン氏は、このままロシアの徴兵兵士のご遺体を回収せずに戦争を進めるなら、「今回の侵略戦争で亡くなったロシア人はすべて、ロシア正教会の聖なるクリプトの祭壇に祀られる」などと言い出しかねないです。

 

これらの「天国」プロパガンダの影には、「死ねば誰もが成仏する(仏教の誤解)」、「死ねばいつか天国に行ける」という、奇妙な「みんながみんな選民意識」があると思うのです。

 

どうでしょうか?

 

ひとはみな、死ねば天国に行けるのでしょうか?天国の聖人聖女の世界で、ヒットラーやプーチンは居心地が良い魂なのでしょうか。

 

しぇるりんは、天国や地獄も「居心地の良さ、悪さ」で本人の魂が主体的に選ぶものだと思います。

 

この地上の国はオギャーと生まれた時から、置かれた場所で生き始めねばなりませんが、死後の世界は「自分が居心地の良いところを選んで進む」と、なんとなくイメージしてます。

 

いかがでしょうか?天国って誰でも行けるなら、「放蕩息子」のたとえで、あの次男が最後まで遊び尽くして回心せず、父の家に帰らなくても済んだのではありませんか?

 

  • 命を守る行動·戦争·平和について

 

一時期ブームだった、前世がどうだとか、来世がどうだとか言う「ニューエイジ思想」はちょっと廃れ気味のようです。

 

ポルノグラフィーと同じく、ゲームやアニメでこれでもかと使い尽くされた結果、その根拠のなさに嫌気がさしたせいかも知れません。

 

と同時に、イエスさまの教えて下さった愛の教えを蔑ろにされても「仕方ない。そういう人がいるんだから…」と諦めがちな雰囲気が教会内部にも漂っていることは否めません。

 

死者の魂に対する敬意を表することは必要です。

 

が、生きて大罪を犯した人が悔い改めることもなく、説明責任·心からの謝罪と回心をすることなく生物学的な死を迎えたら、その生きている間の罪はゆるされないまま残る…というキリスト教の伝統的な考え方まで歪めるのは問題です。

 

国家神道·国民総動員·靖国神社(忠魂社)が国家予算で賄われていた戦前、日本のカトリック教会は息を潜めて時代の流れが変わるのを待つ以外のすべがありませんでした。

 

「お国のために」餓死·病死に追いやられた人々を、今も政治利用されるがままにあるのが靖国神社さんです。

 

日本が犯し続けているそのあやまちを、ロシア正教会さんが犯そうとしているなら、せめて「これ以上、罪を重ねないで、イエスさまの愛と平和の教えに立ち戻りましょう」と声かけぐらいしても良いと思うのです。

 

よくロシアによるウクライナ侵略に立ち向かうため、ウクライナの人々が銃を取り、戦うことを「侵略する奴も、それに立ち向かうために銃を取る奴も平和の敵」と勘違いしている日本の教会関係者もいるようです。

 

これは、とても悲しい誤解です。自分たちの国に侵略軍が攻め寄せてきたら、避難するか、立ち向かって戦う以外に選択肢はありません。

 

ウクライナとロシア占拠下クリミア州との州境近くの複数の勤務先スタッフから聞いた話では、確かに2021年9月のロシア軍の「通告のあった演習」の際には、小さな衝突はあり、数名の死者がそれぞれ出ました。

 

この時「演習軍」が軍事力を大きく残留させたため、危機感を感じたウクライナ人の一部は、武装演習などに自主的に参加するようになりました。

 

2022年1月終わり頃までこの演習に強制力はなく、あくまでも「2014年のクリミア併合の恥辱を忘れるものか!」と「オレンジ革命の精神は、ウクライナと共にある!」といった民族主義的な思想を持つ、成人年齢に達した個人男女が自由意志で選択できる「自主訓練」でした。

 

日本であまり知られてないのは、2014年〜カナダ軍など西側諸国の軍事訓練専門官男女がウクライナ軍に、「硬直した指揮系統を持つロシア軍に、柔軟に少数で対応できる作戦能力」を伝授し続けたという点です。

 

2022年1月終わり頃〜、通告なしにロシアの演習軍がウクライナ国境線近くに戦陣を組んだ状態でロシア側に配備され状態で居座ったまま兵力を増強させます。

 

2022年1月24日が、当初のロシア軍の「ウクライナ侵略」開始する予定日でした。しかし、ロシア軍将官は冷たい駅のホームで野宿させられて疲れ切った、徴兵されたばかりの若者たちの群れでした。アニメ「ケロロ軍曹」ばりの訓練が「整列」ひとつに必要な状態で、戦争が始められる訳がありません。

 

この時点で初めて、幼保〜中学生対象の「危険な爆弾の見分け方、爆発物を見つけた時の対応」についての講習が本格的にウクライナ国内で始まりました。

 

万一、ロシア軍がウクライナに本当に攻め入ってきたら、シリアやアフガニスタンで起きた「ぬいぐるみ爆弾」などで子供たちが犠牲になる可能性があるから…という消極的な理由でした。

 

2月の初め頃、「今回は何が起きるのかよく分からない」という言葉が、しぇるりんの委託業務のなかでも言われるようになりました。

 

有事に備えて業務を縮小し、息を潜めるように季節ごとの業務をこなしていました。2月22日になり、同僚が「ねえ、やっぱりちょっと良くない事が起こりそうだから…」と連絡が来ました。実はこの日、ロシア軍はウクライナ侵略に向けて国境線を越境したという情報がテレグラムというSNSで入ったようなのです。

 

主要空港と都市に巡航ミサイルが打ち込まれ、ロシア軍がとつぜん全面戦争をおっ始めたのです。

 

正直しぇるりんも「まあ、シリアかアフガニスタン侵攻みたいな事が起こるのかな」ぐらいにしか思ってたので、かなりショックでした。

 

インドシナ紛争以来、全面戦争は戦費が領土拡大後の経済的収益を考えたらどんなに搾取しても費用対効果が悪いのでしないまま、21世紀を迎えたからです。

 

全面戦争のまっただ中にいる同僚と連絡は次第に途切れがちになり、日本側では戦争に巻き込まれた人の気持ちは全く理解されないまま、業務継続だけを目標にしぇるりんは仕事を続けました。

 

一時は社長としぇるりんを含むウクライナ国外在住のメンバーだけで、何とかやり繰りする状態が続きました。

 

あの「ロシア軍によるウクライナ侵略」が始まった日から、すでに2ヶ月以上経ちます。72時間で首都キーウ陥落…と米CIAが予測した戦争は、ウクライナ軍がロシア軍を国境線まで押し戻すための決死の長期戦となりつつあります。

 

これは、おそらく誰も予測しなかった事態です。

 

誤解していただきたくないのは、ウクライナ軍はクリミア州も含め本来のウクライナの領土よりロシア側への攻撃意志はゼロであるという点です。

 

ウクライナ軍は「専守防衛のための敵基地攻撃」は行わない予定です。この点を、日本政府は歪曲報道しています。

 

ウクライナ軍捕虜となったロシア兵が、まったく自由意志で編成した「自由ロシア義勇軍」をロシア国境線まで送って行く予定…はあるそうです。

 

自由ロシア義勇軍はロシア国境線まで、主にウクライナの人道支援活動に協力しながら進軍する予定です。

 

民間人·家族が殺害され、レイプ被害を受けた人々が自分の身を守るために銃を取ることは「平和を乱す行為なのか?」、冷静に考えてみてください。

 

ウクライナでは誰かが強制的に銃を持たせている…訳じゃないんです。銃を取らずに生きていけなくなったから、避難をするか、銃を取るかに選択肢が狭められただけです。

 

戦後に禍根はいろいろと残るでしょう。民族自決主義と人種主義の問題が、東欧圏でも議論されるでしょう。

 

ウクライナは長い帝政ロシア&ソ連支配下にあって、外交権を持たない時代が数世紀近く、実質的には2004年まで続きました。自主的に鎖国をしていた訳じゃないのですが、多少外交オンチな点は否めません。

 

だからと言って、今目の前で家族が殺され、陵虐されるのをただ指をくわえて見ていることが平和だと私は思いません。

 

世界はいまこそ、第三次世界大戦の危機にあるからです。

 

まずは全面戦争を国境線を変えるには無意味な行為であるという事を世界が覚えるため、ウクライナ軍がロシア側への越境が起こらない事を祈りたいと思います。

 

これには、多くの祈りと奇跡が必要です。歩いて行けば陸路なら国境線なんて県境のように越えられるし、地面に「国境線」が地図のように書いてある訳じゃないからです。

 

そして、核兵器による地球の破壊が起こらないように祈りましょう。ロシアは核兵器でロシアが滅びても核兵器を使うと脅しているからです。

 

全面戦争と核兵器の存在の無意味化は、わたしたちに「平和」が単純に「経済的に損する事はしない」という消極的な願いでなく、より主イエスのみ心にかなう願いとなることを、意味するからです。

 

どうぞご無事に。

 

 

5月1日(日・主・白) 復活節第3主日 

第一朗読: 使徒言行録5·27b-32,40b-41 

答唱詩篇: 65①③④(詩編30·2b+4,11+12,13) 

第二朗読: 黙示録5·11-14

アレルヤ唱: 264(第3 主日C)

福音朗読: ヨハネによる福音書21·1-19 △ 21·1-14

 

(カトリック中央協議会《教会暦と聖書朗読2022年C年》より引用しました。)

動画配信情報(4月29日午後時点):敬称ほぼ略

 

緊急事態宣言中・医学的パンデミック中は、公開ミサ全面中止、動画ミサ配信のみ、予約制・人数制限のある小教区・教区・大教区もあります。体調に不安のある方、高齢者と同居されている方だけでなく、教会共同体への愛のためにも、ご自宅で安心してあずかれる動画ミサで教会の祈りに参加しましょう。主日のミサ免除の規定など、詳しくは所在地の教区、大教区の教区長、小教区主任司祭および教会委員会のガイドラインをご確認ください。2022年1月14日以降、サムネイル事前告知のないカトリック教会のチャンネルについては、チャンネルのみのご紹介とします。

 

カトリック東京大司教区

登録チャンネル: こちら

 

「シノドスへの歩み」第三十五回 みことばと共に 2022年4月24日復活節第二主日C

こちら

  

カトリック関口教会 

チャンネル登録:こちら

※サムネイルが見つかりませんでした。

復活節第2主日(4月24日、10:00~)

こちら

 

St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会(旧:聖イグナチオ教会事務室) 

St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会

こちら 

※当日配信&サムネイルの更新が土曜日のようです。

 

Please register “St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会” for further information. 

 
Với những thông tin về các Thánh Lễ được phát trên YouTube sắp tới đây, xin vui lòng đăng ký vào trang của 『St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会』( Văn Phòng Nhà Thờ Thánh Inhaxio)

Por favor regístrese  “San Ignacio, Tokio, Centro Loyola.

 

カトリック高円寺教会

チャンネル登録:こちら 

*サムネイル事前登録がありません。

 

カトリック吉祥寺教会 青年会若葉

チャンネル登録:こちら

カトリック吉祥寺教会は、上記の大祝日には入場者制限があるため青年会がライブ配信する、とのことです。

カトリック碑文谷教会

チャンネル登録:こちら

 

カトリック葛西教会チャンネル

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック葛西教会/復活節第3主日 ミサ・ライブ配信~2022年5月1日(日)9時30分

こちら

江戸川区近辺の皆さま、カトリック葛西教会のミサ・ライブ配信を確認しました。

 

カトリック潮見教会(Shiomi Kyokai Channel)

チャンネル登録:こちら 

※ 主日ライブ配信のチャンネルです。

  

尊者エリザベト北原玲子を守護の聖人とする、おなじみカトリック潮見教会さんが動画ミサ配信をしているのをやっと見つけました。ライブ配信です。

カトリック本所教会 

チャンネル登録:こちら 

※ サムネイルが見つかりませんでした。

mass4/24 復活節第2主日10:00~

こちら


横浜教区(登録チャンネル名:catholicyamate) 

登録チャンネル:こちら 

復活節第3主日 ~ カトリック山手教会 ~(2021年5月1日11:25~)

こちら 

3rd Sunday of Easter | Sacred Heart Cathedral Yokohama(1st May 2022, 9:25~Live Streaming)

HERE 

カトリック末吉町教会
登録チャンネル:こちら 

※ ライブ配信チャンネルです。

 

末吉町教会教会学校

登録チャンネル:こちら

 

教会学校のチャンネルをやっとみつけました。探してたのに…。

 

カトリック保土ヶ谷教会

登録チャンネル:こちら  

2022年5月1日 復活節第3主日 10:00~

こちら

 

カトリック鍛冶ケ谷教会青年会

チャンネル登録: こちら   

復活節第3主日 ミサ 生配信(2022年5月1日10:30~)
こちら  

 

カトリック大船教会 

チャンネル登録:こちら

※チャンネルに当日アクセスしてみてください。

【ミサ】復活節第2主日 2022年4月24日9:30~

こちら

 

カトリック平塚教会

チャンネル登録:こちら        

復活節第3主日(5月1日 9:00ロザリオの祈り、9:30:ミサ)

こちら

 

カトリック雪ノ下教会(yukinoshita church)

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック鷺沼教会

チャンネル登録:こちら

 

カトリック二俣川教会

登録チャンネル:こちら

カトリック二俣川教会ホームページからも見られます。

 

カトリック太田教会(さいたま教区、群馬県)

チャンネル登録:こちら

  

さいたま教区(群馬県)のカトリック太田教会さんのミサ動画録画配信を確認しました。

カトリック加須教会

チャンネル登録:こちら 

カトリック加須教会  復活節第3主日ミサ  2022年5月1日 14:00

こちら

 

さいたま教区(埼玉県)のカトリック加須教会さんのチャンネルをやっとヒットしました!

 

札幌教区「日ごとの福音テレビ」

日毎の福音チャンネル: こちら  

復活節第3主日のミサ・日ごとの福音テレビ (5月1日07:00~)

こちら

カトリック新潟教区

チャンネル登録: こちら 

2022年・成井司教復活祭メッセージ

こちら

 

カトリック広島教区「平和の使徒推進本部」Catholic Hiroshima Diocese

 

広島教区ライブミサ配信は、カトリック幟町教会チャンネルさんが主体です。世界平和記念聖堂が、とても美しいです

カトリック幟町教会の登録チャンネル:こちら
  

2022年5月1日 - 復活節第3主日ミサ -

こちら

Diocese of Fukuoka カトリック福岡司教区 

※当日更新をご確認ください。

直方カトリック教会の動画

チャンネル登録:こちら 

※ライブ配信チャンネルです。

 京都 みんなで捧げるミサ

登録チャンネル: こちら 

 

京都洛北ブロック主日ミサの登録チャンネル名が変更になりました。

※ 主日前の土曜日ライブ配信です。

 

カトリック名古屋教区- Nagoya Diocese

登録チャンネル: こちら

 

カトリック安城教会(Kyokai AnjoTv)

登録チャンネル: こちら 

※ 当日ライブ配信です。

 

やっとヒットしました。愛知県のカトリック安城教会さんのミサ配信です。

 

カトリック岐阜教会

登録チャンネル:こちら

※ 当日ライブ配信です。

 

カトリック南山教会

登録チャンネル:こちら 

 

カトリック岸和田教会michael 

※ 当日ライブ配信です。

 

Sacra Familia Osaka

(サグラダファミリア・カトリック大阪梅田教会)
チャンネル登録:こちら 

※ 当日ライブ配信です。

カトリック大阪梅田教会さんのミサ配信続いてます。大阪大教区の皆さん、大阪人のみなさん、ぜひチャンネル登録お願いします!

 

カトリック和歌山紀北教会-屋形町聖堂

チャンネル登録:こちら    

 

ミサ(復活節第3主日)10:15~

こちら 

 

カトリック仁川教会

チャンネル登録:こちら 

 

兵庫県西宮市のカトリック仁川教会💒さんをやっと見つけました。正直、関西地方の地名はよく判らない所も多いので、失礼しました!

 

酒井俊弘司教

チャンネル登録:こちら 

 

新しいチャンネルを見つけました。

 

カトリック鹿児島教区

登録チャンネル:こちら 

 

Roman Catholic Archdiocese of Nagasaki

カトリック長崎大司教区登録チャンネル:こちら 

 

カトリック黒島教会福音宣教部

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック平戸口教会

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック司祭・修道院の登録チャンネルのご紹介;

名古屋教区内 

Kataoka Yoshihiroチャンネル登録: こちら

 

Hiro Francisco(カトリック大和高田教会)

チャンネル登録:こちら 

 

ドミニコの友OP(カトリック松山教会)

チャンネル登録:こちら

チャンネル名が「Antonio Lee, OP」から「ドミニコの友OP」に変更になりました。

  

聖パウロ修道会サンパウロ

登録チャンネルURL: こちら 

 

第75回 西坂の殉教者・金鍔次兵衛【カトリック入門】※字幕付き

こちら 

カトリック入門、今回は西坂の殉教者・金鍔次兵衛のご紹介です。

 

カルメル会上野毛修道院チャンネル登録:こちら

 

サレジオ会日本管区チャンネル登録: こちら 

 

主に平日ミサは小立神父の「ぼっちミサ」へどうぞ!
小立花忠チャンネル: こちら

毎日、平日ミサなら「ぼっちミサ」カトリック彦根教会の小立神父司式でどうぞ!

 

迫真のぼっちミサ、ついにC年まで続いています。基礎疾患がある、平日ミサがないとどうも元気の出ない方はぜひどうぞ!(継続中を確認済)

 

Gerard GOUINEAUグイノジェラール

チャンネル登録:こちら

 

2022年4月24日ミサ 復活節第2主日「神の慈しみの主日」

こちら 

 

いつくしみの主日のお説教です。

 

「聖イグナチオの霊操」第43回『マグダラのマリアへの出現』(第4週)

こちら

 

聖イグナチオの霊操シリーズ情報更新!

 

※YOUTUBEでのチャンネル登録者数や再生回数の増加、および操作回数とわたしの検索頻度により、ライブ&動画配信情報に時差が生じております。ご容赦ください。また、掲載されていないカトリック教会のミサが多々あると思われますが、増減する動画配信に一人で検索する限界を感じています。全国で公開ミサが行われるようになり次第、ライブ配信・動画情報提供も終了いたします。

 

 

霊的読書(レクチオ・ディヴィナ)とは、聖書(主に福音書)などを音読し、その中の「ちょっと気になる一句」に心を留めて、祈りのうちに神さまを思い、その一句を通して神さまと語り合うことを指します。ブログ中の聖書の解釈に関する内容は、しぇるりん個人の感想です。聖句そのものと、地理、人間関係などの事実関係は、特別な記載がないものは、日本聖書協会2008年版≪新共同訳 新旧約聖書続編つき≫の解説部分に依拠しています。詳しくは、日本聖書協会発行の≪新共同訳 新約聖書≫≪新共同訳 聖書≫をご参照ください。なお、ミサの朗読福音は、カトリック中央協議会発行の《毎日のミサ》によります。

 

モルモン教、ものみの塔(エホバの証人)、世界基督教統一神霊協会(統一教)、新天地イエス教証しの幕屋聖殿、Apostolic Catholic Church(カトリック使徒教会)は正統派のキリスト教ではありません。「カルト宗教」です。ご注意下さい。

 

「しぇるりん」になりすまし、他の方のブログにコメントを書き込む事例があるとのご指摘を受けました。私は他のブログに書き込みをしません。また「しぇるりん」を騙るニセブログもあるようですが、このブログの書き手とは別人です。ご注意下さい。

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村←ポチッとしてください。励みになります。 ポチッとよろしく!

 

English blog is also available http://shelillelinnecatholictipoff.blogspot.jp/

 

定番の聖書なら→日本聖書協会《新共同訳 新約聖書詩編付》

 



わかりやすいと大好評のカトリック入門書

 



カトリック書籍と聖具は定価で買えるドンボスコ社HPからどうぞ!

 

ドンボスコ社ネットショップ

 





Helps meditation and lectio divina according to the Benedictine monastic spirituality.

 



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ<br/><a href=にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへにほんブログ村 カトリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
<
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ポチッとしてください。励みになります。 ポチッとよろしく!





2022年4月22日 (金)

2022年復活の主日〜神のいつくしみの主日: いつくしみの主日に想う世界とカトリック教会

神のいつくしみのチャプレット

初めに:

主の祈り、アヴェ·マリアの祈り、使徒信条 

ロザリオの大珠で:

 

永遠の父よ、わたしたちと全世界のすべての罪のあがないのために、あなたの最愛の子、わたしたちの主イエス·キリストのおん体とおん血、ご霊魂と神性をみ前に捧げます。

ロザリオの珠10回

イエスの痛ましいご受難によって、わたしたちと全世界にいつくしみを注いでください。

5連とさいごの祈り:

聖なる神、聖なる全能の神、聖なる永遠の神よ、わたしたちと全世界をあわれんでください。 

(『聖ファウスティナの生涯』p.90より)

 

お元気ですか。ご無事ですか。しぇるりんです。(^ ^)

 

主のご復活、おめでとうございます。

 

そして、十字架の苦しみのなかで聖週間を迎えた東方教会が、爆撃·空襲のない·しないご復活の主日を迎えられるよう、主のいつくしみのチャプレットを唱えたいと思います。

 

ロシアの英語メディア「スプートニク」「…が主のご復活の主日に空爆を企てている」という報道を、繰り返しています。

 

ロシア正教会は、どうも複雑な事情を抱えているようです。ある一定数、諜報機関員(KGB)としてリクルート·訓練された人が必要な神学校の修学せず司祭叙階されている…というウワサとしても聞き捨てならない「内部告発」が存在します。

 

告発者は、同じ神学校で実際に見た…という衝撃的な内容でした。神学校1年生で諜報機関にリクルートされ、2〜3学年は同神学校に在籍せず、4年生に突然戻って来て司祭叙階を受けるのを見た…と言うものです。

 

原因や目的は、それぞれ違うでしょう。私たちのカトリック教会も、一部の心ない司祭や修道者による性的虐待などの内部問題を抱えています。

 

が、諜報機関·政府·金融機関などの組織犯罪行為に「教会という組織」が積極的に加担する·しないは別問題でしょう。

 

西方教会の世界で、教会が政治的影響力を駆使すると「中世の時からそうさ…またやった」と言われます。一方で解放神学など民衆民主化運動を困窮者支援として行われた時には、「あの当時は仕方なかった」という言い方がされがちです。

 

ウクライナのマリウポリにあるアゾフスタリ製鉄所が陥落の危機にある今日、世界は「武力攻撃による侵略と領地拡大をゆるすのか?」という疑問のなかにいます。

 

教会は、闘わざるを得ない状況におかれたウクライナの人々の苦しみに同情し、金銭支援をして平和を祈るだけの共同体にしかなれないのでしょうか?

 

  • 主のご復活の神秘を生きる

 

主キリストのご復活は、宗派を超えてキリスト教で最も重要な祝祭日の始まりです。

 

わたしたちが信じる三位一体の父なる神は、再びわたしたちと同じような人間として死に打ち勝ち、罪のゆるしと聖霊のみ恵みをすべての人にもたらすため、生き返られた救い主です。

 

カトリック教会はグレゴリオ暦を用いているのに対し、正教会では主に「ユリウス暦」または「修正ユリウス暦」を用いています。

 

暦法の違いでご復活の主日の日付は異なりますが、主のご復活というキリスト教の教えの根底までちがうわけではありません。

 

キリスト者にとってクリスマス以上に大切なのが、主のご復活〜聖霊降臨祭(ペンテコステ)までの期間です。

 

たとえ異なる宗教であっても、宗教上の聖なる期間(イスラム教のラマダンなど。2022年は4月1日〜5月1日)は、戦闘行為や爆撃などは道徳的な悪と呼ぶべきでしょう。

 

イスラエルによるパレスチナ爆撃が、ラマダンの期間に行なわれれているのは悲しい現実です。しかも、金曜礼拝の日にアル·アクサ·モスクを爆撃したと見られています。

 

なぜ、礼拝中のモスクに爆撃を行うのか、しぇるりんにはわかりません。

 

ロシア正教会とてキリストのご復活を重んじる点では、わたしたち西方教会の信徒と何ら変わりがないはずです。

 

キリストのご復活を記念する尊い主日に、空爆などという事がゆるされてはなりません。それは罪のゆるしをもたらされ復活された主キリストを、更に十字架につける行為だからです。

 

Fqxascgxeauopzr マリウポリのアゾフ大隊の指揮官、 セルヘイ·ヴォリンスキー氏は教皇フランシスコに「マリウポリにいる1万人の民間人·女性·子どもを避難させて欲しい。祈るだけでなく、行動して欲しい」と手紙を書いたのがツイッター上で公開されています。

 

 おそらくパパ·フランシスコも、気持ちの上ではすぐにでも飛んで行って一人でも助けたいと祈っているでしょう。

 

しかし、カトリック教会が別の宗派のキリスト教の教会とのあつれきを起こしたら、ウクライナ西部のローマ典礼&スラブ典礼のカトリック教会はどうなるでしょう。

 

正教会の信者さんには、カトリック教会が実は教区·地域·所在国·出身国ごとに特色ある霊性や典礼様式をもち、驚くほど多様性に富んでいる…は理解されづらいようです。

 

何を祈るか…にもよるでしょう。しぇるりんの会社の同僚たちがいま、ロシア軍占領下ウクライナと避難先のポーランドにいます。彼らとの対話が日常のなかにあって、とても平和を祈る気にはなれません。

 

いくら平和を祈っても、ロシア軍が一方的に始めた全面戦争を押し返すには戦いが避けられない現実が痛いほど身に沁みるからです。

 

平和を祈っても、いまその人の身に降りかかった戦火から逃れる助けにはならない…それが現実です。

 

ロシア軍占領下では、「ロシア兵の検問所を通るたびに、どんな目に遭わされるか分からないロシアン·ルーレット状態」が続いています。

 

私たちと時を同じくして復活節を迎えたリヴィウのカトリック教会には、お聖堂の一角に山ほどの支援物資がありました。

 

お聖堂もまた、保管倉庫·配給場所として機能しているようでした。

 

小さいことですが、戦禍の不安と苦しみに怯える方々のため、祈るだけでなく「日本に家族や縁故のない若い女性や母子の特別避難をお勧めしない」理由を伝えています。

 

  • 第三次世界大戦を起こさないために祈る

 

EU·英国·米国の対応は「武器·弾薬と義勇兵を送って塩対応」という皮相な見方もされています。

 

が、ロシアが日本の「大東亜共栄圏」を目指す以上に危険な「目指せパックス·ロシア」という腹黒い企みに世界が乗せられないことも、重要な課題です。

 

ロシア文化やロシア正教会の「教会の教え」そのものに問題がある、とは思いたくありません。

 

既にロシア正教会モスクワ派のウクライナ人司祭らはコンスタンチノープル総主教座に、キリル一世の罷免を求めて署名嘆願中です。キリストの聖霊が宿る教会そのものが、すべて腐ったリンゴになれるとは、しぇるりんには思えません。

 

問題は、ロシア連邦の政治的覇権と戦争の問題を教会にわざわざ持ち込んだその狡猾な政治的意図です。ロシアでは「キリスト者として聖書の教えにある通りに平和を祈る」だけで、司祭が連行されるような状況です。

 

みことばのなかに「あなたに平和があるように」と祈られたイエス·キリストに倣って祈ったとしても、当局に逮捕される恐れがロシアにはあります。

 

ロシアで起きていることは、欧州に衝撃をもたらしました。キリスト·イエスにおいて結ばれた兄弟姉妹らが、公の場で平和を祈ることすら「違法行為」と名指しされかねないのです。

 

このまま対話ができない状況が続けば、第三次世界大戦が起こるか、ロシア連邦が崩壊するかのどちらかでしょう。

 

ロシア正教会がその信仰と典礼を守り、洗礼の秘蹟を継承し続けることは大切だ、としぇるりんは思います。

 

ただ、ロシア正教会の思い通りになる「カトリック教会」をロシア連邦国民が求めるのは、筋違いだと思います。

 

カトリック教会は、東方教会を変えようとか、弾圧しようなどの行為は何も行っていません。むしろ、ロシアの回心を祈った時代、ロシア国内ではカトリック教会が弾圧されていました。

1960年代の第二バチカン公会議、1970年代の教会刷新運動、1970年代中盤以降の解放神学などの具体的な動きが、一部の正教会派の方々に「キリストと共に、自分たちの教会は共同体としてどう生きるのか?」の参考とヒントになったことは否めません。

 

ウクライナ正教会は現在、いま起きている戦争に対し「中立」を宣言しています。モスクワ派の美しい教会の多くはロシア軍の空爆で破壊されましたが、やはり中立を守っています。

 

主日の礼拝を墓地で行い、主イエス·キリストの教えを人々に説き、祈り、教会を守っています。いつの日か、共同体とともに祈る日のために、主の家を残したいのです。

 

問題は、わたしたち「西方教会」は、「東方教会の一部の信者さんは、真面目に西方教会に追い詰められている。西方教会は、東方教会とその文化を破滅させようとしている」と言う誤解を受けていることを、真摯に受け止めることです。

 

時代は変わり、ひとの考え方や認識も変わりました。

 

たとえば、第二バチカン公会議の頃は極端な考え方だと思われていた「女性や非白人の基本的人権の尊重」が、徐々に世界の当たり前になって来ています。

また、歴史的認識や世界観もずいぶん変わりました。

 

イエス·キリストの教えは、むかしも今も変わっていません。愛·信頼·希望を持ち、聖母マリアのみ手に祈りを委ね、誤解を解き、対話の道をひらくことです。

 

カトリック教会は、別に世界のキリスト教をカトリック教会の教えに「帰正させてみせるぞ!」なんて思っていないと信じます。

 

この点が誤解されているなら、わたしたちは聖なる普遍の教会の信徒としてその誤解をも受け止め、カトリック教会の各司教区·地域·出身国の多様性とキリスト·イエスの教えの普遍性について、あらためて考える時だと思います。

 

皆さんは、どう思われますか。日本では「解放神学」はほとんど知られていないので、実感が湧かないかもしれません。

 

いつくしみの主日に、そして正教会のご復活の主日(4月24日)に、主の教えを冒涜する空爆が起きないよう祈りましょう。

 

どうぞ、ご無事で。新型コロナ禍は、どうもこれからが本番のようです。

 

 

 4月24日(日·主·白) 復活節第2主日

(神のいつくしみの主日)

第一朗読:  使徒言行録5·12-16

答唱詩篇; 87①②③(詩編118·1+2,16+17,22+23)第二朗読: 黙示録1·9-11a,12-13,17-19

(復活の続唱351番)

アレルヤ唱: 264(第2 主日)(ヨハネ20·29)

福音朗読: ヨハネによる福音書20·19-31

 

(カトリック中央協議会《教会暦と聖書朗読2022年C年》より引用しました。聖週間~復活の八日間の典礼については別冊をご参照下さい。)

動画配信情報(4月22日午後時点):敬称ほぼ略

 

緊急事態宣言中・医学的パンデミック中は、公開ミサ全面中止、動画ミサ配信のみ、予約制・人数制限のある小教区・教区・大教区もあります。体調に不安のある方、高齢者と同居されている方だけでなく、教会共同体への愛のためにも、ご自宅で安心してあずかれる動画ミサで教会の祈りに参加しましょう。主日のミサ免除の規定など、詳しくは所在地の教区、大教区の教区長、小教区主任司祭および教会委員会のガイドラインをご確認ください。2022年1月14日以降、サムネイル事前告知のないカトリック教会のチャンネルについては、チャンネルのみのご紹介とします。

 

カトリック東京大司教区

登録チャンネル: こちら

 

「シノドスへの歩み」第三十二回 東京教区のこれまでの歩みを振り返るその二 1980 年代の東京教区:ヨハネ・パウロ二世教皇来日からNICE-1 へ

こちら

  

カトリック関口教会 

復活節第2主日(4月24日、10:00~)

こちら

 

St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会(旧:聖イグナチオ教会事務室) 

St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会

こちら 

※当日配信&サムネイルの更新が土曜日のようです。

 

Please register “St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会” for further information. 

 
Với những thông tin về các Thánh Lễ được phát trên YouTube sắp tới đây, xin vui lòng đăng ký vào trang của 『St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会』( Văn Phòng Nhà Thờ Thánh Inhaxio)

Por favor regístrese  “San Ignacio, Tokio, Centro Loyola.

 

カトリック高円寺教会

チャンネル登録:こちら 

*サムネイル事前登録がありません。

 

カトリック吉祥寺教会 青年会若葉

チャンネル登録:こちら

2022.4.16 18:30 復活の聖なる徹夜祭ミサ ライブ配信 Live Mass 

こちら 

2022.4.17 10:30 復活の主日ミサ ライブ配信 Live Mass 

こちら

カトリック吉祥寺教会は、上記の大祝日には入場者制限があるため青年会がライブ配信する、とのことです。

カトリック碑文谷教会

チャンネル登録:こちら

 

カトリック葛西教会チャンネル

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック葛西教会/復活節第2主日 ミサ・ライブ配信~2022年4月24日(日)10時

こちら

江戸川区近辺の皆さま、カトリック葛西教会のミサ・ライブ配信を確認しました。

 

カトリック潮見教会(Shiomi Kyokai Channel)

チャンネル登録:こちら 

※ 主日ライブ配信のチャンネルです。

  

尊者エリザベト北原玲子を守護の聖人とする、おなじみカトリック潮見教会さんが動画ミサ配信をしているのをやっと見つけました。ライブ配信です。

カトリック本所教会 

チャンネル登録:こちら 

mass4/24 復活節第2主日10:00~

こちら


横浜教区(登録チャンネル名:catholicyamate) 

登録チャンネル:こちら 

 

復活節第2主日 ~ カトリック山手教会 ~(2021年4月24日11:25~)

こちら 

2nd Sunday of Easter (Divine Mercy) | Sacred Heart Cathedral Yokohama(24th Apr. 2022, 9:25~Live Streaming)

HERE 

カトリック末吉町教会
登録チャンネル:こちら 

※ ライブ配信チャンネルです。

 

末吉町教会教会学校

登録チャンネル:こちら

 

教会学校のチャンネルをやっとみつけました。探してたのに…。

 

カトリック保土ヶ谷教会

登録チャンネル:こちら  

2022年4月15日 聖金曜日(主の受難)19:00~

こちら

※ 聖なる復活徹夜祭と復活の主日のライブ配信もあるはずです!

カトリック鍛冶ケ谷教会青年会

チャンネル登録: こちら   

復活節第2主日 ミサ 生配信(2022年4月24日10:30~)
こちら  

 

カトリック大船教会

【ミサ】復活節第2主日 2022年4月24日9:30~

こちら

 

カトリック平塚教会

チャンネル登録:こちら        

復活節第2主日(神のいつくしみの主日)(4月24日 9:30:ミサ)

こちら

 

カトリック雪ノ下教会(yukinoshita church)

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック鷺沼教会

チャンネル登録:こちら

 

カトリック二俣川教会

登録チャンネル:こちら

カトリック二俣川教会ホームページからも見られます。

 

カトリック太田教会(さいたま教区、群馬県)

チャンネル登録:こちら

  

さいたま教区(群馬県)のカトリック太田教会さんのミサ動画録画配信を確認しました。

カトリック加須教会

チャンネル登録:こちら 

カトリック加須教会  復活節第2主日(神のいつくしみの主日)ミサ  2022年4月24日 14:00

こちら

 

さいたま教区(埼玉県)のカトリック加須教会さんのチャンネルをやっとヒットしました!

 

札幌教区「日ごとの福音テレビ」

日毎の福音チャンネル: こちら  

復活節第2主日のミサ・日ごとの福音テレビ (4月24日07:00~)

こちら

カトリック新潟教区

チャンネル登録: こちら 

2022年・成井司教復活祭メッセージ

こちら

 

カトリック広島教区「平和の使徒推進本部」Catholic Hiroshima Diocese

 

広島教区ライブミサ配信は、カトリック幟町教会チャンネルさんが主体です。世界平和記念聖堂が、とても美しいです

カトリック幟町教会の登録チャンネル:こちら
  

2022年4月24日 - 復活節第2主日(神のいつくしみの主日)ミサ -

こちら

Diocese of Fukuoka カトリック福岡司教区 

※当日更新をご確認ください。

直方カトリック教会の動画

チャンネル登録:こちら 

※ライブ配信チャンネルです。

 京都 みんなで捧げるミサ

登録チャンネル: こちら 

 

京都洛北ブロック主日ミサの登録チャンネル名が変更になりました。

※ 主日前の土曜日ライブ配信です。

 

カトリック名古屋教区- Nagoya Diocese

登録チャンネル: こちら

 

カトリック安城教会(Kyokai AnjoTv)

登録チャンネル: こちら 

※ 当日ライブ配信です。

 

やっとヒットしました。愛知県のカトリック安城教会さんのミサ配信です。

 

カトリック岐阜教会

登録チャンネル:こちら

※ 当日ライブ配信です。

 

カトリック南山教会

登録チャンネル:こちら 

 

カトリック岸和田教会michael 

※ 当日ライブ配信です。

 

Sacra Familia Osaka

(サグラダファミリア・カトリック大阪梅田教会)
チャンネル登録:こちら 

※ 当日ライブ配信です。

カトリック大阪梅田教会さんのミサ配信続いてます。大阪大教区の皆さん、大阪人のみなさん、ぜひチャンネル登録お願いします!

 

カトリック和歌山紀北教会-屋形町聖堂

チャンネル登録:こちら    

 

ミサ(復活節第2主日)神のいつくしみの主日10:15~

こちら 

 

カトリック仁川教会

チャンネル登録:こちら 

 

兵庫県西宮市のカトリック仁川教会💒さんをやっと見つけました。正直、関西地方の地名はよく判らない所も多いので、失礼しました!

 

酒井俊弘司教

チャンネル登録:こちら 

 

新しいチャンネルを見つけました。

 

カトリック鹿児島教区

登録チャンネル:こちら 

 

Roman Catholic Archdiocese of Nagasaki

カトリック長崎大司教区登録チャンネル:こちら 

 

カトリック黒島教会福音宣教部

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック平戸口教会

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック司祭・修道院の登録チャンネルのご紹介;

名古屋教区内 

Kataoka Yoshihiroチャンネル登録: こちら

 

Hiro Francisco(カトリック大和高田教会)

チャンネル登録:こちら 

 

ドミニコの友OP(カトリック松山教会)

チャンネル登録:こちら

チャンネル名が「Antonio Lee, OP」から「ドミニコの友OP」に変更になりました。

  

聖パウロ修道会サンパウロ

登録チャンネルURL: こちら 

 

第74回 西坂の殉教者・ジュリアン中浦【カトリック入門】※字幕付き

こちら 

カトリック入門、今回は西坂の殉教者・ジュリアン中浦のご紹介です。

 

カルメル会上野毛修道院チャンネル登録:こちら

 

サレジオ会日本管区チャンネル登録: こちら 

 

主に平日ミサは小立神父の「ぼっちミサ」へどうぞ!
小立花忠チャンネル: こちら

毎日、平日ミサなら「ぼっちミサ」カトリック彦根教会の小立神父司式でどうぞ!

 

迫真のぼっちミサ、ついにC年まで続いています。基礎疾患がある、平日ミサがないとどうも元気の出ない方はぜひどうぞ!(継続中を確認済)

 

Gerard GOUINEAUグイノジェラール

チャンネル登録:こちら

 

🐏【2022年4月の窓-アリス イン イースターランド】Alice and Easter land👱‍♀️🐇🏬 アリスと復活祭

こちら 

復活祭とアリスの関係は?が謎です。

 

「聖イグナチオの霊操」第43回『マグダラのマリアへの出現』(第4週)

こちら

 

聖イグナチオの霊操シリーズ情報更新!

 

※YOUTUBEでのチャンネル登録者数や再生回数の増加、および操作回数とわたしの検索頻度により、ライブ&動画配信情報に時差が生じております。ご容赦ください。また、掲載されていないカトリック教会のミサが多々あると思われますが、増減する動画配信に一人で検索する限界を感じています。全国で公開ミサが行われるようになり次第、ライブ配信・動画情報提供も終了いたします。

 

 

霊的読書(レクチオ・ディヴィナ)とは、聖書(主に福音書)などを音読し、その中の「ちょっと気になる一句」に心を留めて、祈りのうちに神さまを思い、その一句を通して神さまと語り合うことを指します。ブログ中の聖書の解釈に関する内容は、しぇるりん個人の感想です。聖句そのものと、地理、人間関係などの事実関係は、特別な記載がないものは、日本聖書協会2008年版≪新共同訳 新旧約聖書続編つき≫の解説部分に依拠しています。詳しくは、日本聖書協会発行の≪新共同訳 新約聖書≫≪新共同訳 聖書≫をご参照ください。なお、ミサの朗読福音は、カトリック中央協議会発行の《毎日のミサ》によります。

 

モルモン教、ものみの塔(エホバの証人)、世界基督教統一神霊協会(統一教)、新天地イエス教証しの幕屋聖殿、Apostolic Catholic Church(カトリック使徒教会)は正統派のキリスト教ではありません。「カルト宗教」です。ご注意下さい

 

「しぇるりん」になりすまし、他の方のブログにコメントを書き込む事例があるとのご指摘を受けました。私は他のブログに書き込みをしません。また「しぇるりん」を騙るニセブログもあるようですが、このブログの書き手とは別人です。ご注意下さい。

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村←ポチッとしてください。励みになります。 ポチッとよろしく!

 

English blog is also available http://shelillelinnecatholictipoff.blogspot.jp/

 

定番の聖書なら→日本聖書協会《新共同訳 新約聖書詩編付》

 



わかりやすいと大好評のカトリック入門書

 



カトリック書籍と聖具は定価で買えるドンボスコ社HPからどうぞ!

 

ドンボスコ社ネットショップ

 





Helps meditation and lectio divina according to the Benedictine monastic spirituality.

 



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ<br/><a href=にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへにほんブログ村 カトリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
<
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ポチッとしてください。励みになります。 ポチッとよろしく!





2022年4月15日 (金)

2022年受難の主日〜復活の主日: 聖金曜日に解放神学のその後とカトリック教会の社会的役割を想う

Arinomachicross_20220415191101 主キリスト、あなたを礼拝し、賛美します。

  あなたは尊い十字架とご死去をもって、世をあがなってくださいました。

 

イエスは、悲しみに打ちひしがれた聖母の目の前で、言い表し得ない痛みのうちに、十字架に釘づけられます。

五感を慎み、情欲を十字架に付ける人は、イエス・キリストのものです。わたしは、今も臨終の時も、永遠に、イエス・キリストのものであることを望みます。

主イエス、わたしがあなたから離れることのないようにしてください。 

(十字架の道行第11留)

 

お元気ですか?ご無事ですか?しぇるりんです。(^ ^)

 

小さな街のカトリック教会で、訳の分からないまま物価がどんどん上がって、苦しい状態が続き、テレビやYOUTUBEでは毎日ロシアによるウクライナ侵略戦争のニュースばかり…。

 

平和を祈っているのに…どうして?と思うかも知れません。

 

しぇるりんの仕事先の同僚は、今もロシア軍占領下で爆撃だけではなく、兵隊らの略奪、強姦、殺害や児童拉致被害に怯えながら、仕事を続ける勇敢な人がいます。

 

たった今、戦争と戦う人に平和への祈りは通じません。不条理ですが、全面戦争に直面する人々は、可能な限り逃げ、時に戦い、敵を倒さねば生きのびられません。

 

ナチス·ドイツや日本の「国家総動員」擡頭時のカトリック教会の問題点は、今回の戦争でも繰り返されているように感じます。

 

平和を祈るのは良い事だが、いくら祈ってもキリストと共に十字架にいま釘付けられていると感じる人々の気持ちに積極的に寄り添ってない…という漠然とした印象です。

 

先日、ロシア正教会所属のロシア国内のウクライナ人司祭350名が「殺戮を祝福したキリル一世首教の名を復活祭(正教会は2022年4月17日)で呼ばないことを認可するよう、コンスタンチノープル対外総主教座に訴え出た」という衝撃の動画を見ました。

 

話していたのは、ロシア正教会のウクライナ人主教の一人です。英語訳でしたが彼は「ウクライナ人の大虐殺や戦争犯罪行為を祝福したキリル一世は、反キリストとして断罪されるべきだ」とまで言いました。

 

正教会の教義である「政教調和」が、「権力者におもねった行為」ではなく「信徒の総意が求めることのために積極的に働き、祈る教会」として主に東欧圏を中心に改革しつつあります。

 

虐殺の悲劇の地、イルピンではキリストの名をもってロシア兵を説得しようとした正教会司祭が殉教しました。

 

カトリック教会は、これから「平和を祈るだけでいいのか?」「権力者の暴力に対し、キリストの受難と十字架を身に受けた者として立ち向かわないのか?」が問われている、としぇるりんなどは思うのです。

 

そこで、戦争の現実の前で、カトリック教会は新たな教会改革への更なる一歩をあゆむための課題を考えてみたいと思います。

 

  • 「解放神学」が残した「闘う教会」の課題

 

教皇フランシスコは、皆さんもご存知の通り「解放神学」で民衆救済のため多くの神学生、修道者と司祭が立ち上がり、多くの名もなき殉教者を出した南米諸国のひとつ、アルゼンチンの出身です。

 

「解放神学」は日本にはあまり影響を残していませんが、韓国の民主化と南米の国々への社会的影響は甚大でした。

 

英雄的な聖オスカル·ロメロ司教殉教者が凶弾に倒れたのは、映画「ロメロ」などでも有名です。

 

「解放神学」は、「民衆と共に闘う教会」のあり方を示しました。カトリック教会など西方教会は気づいていませんでしたが、「解放神学」の聖霊の導きは、正教会·東方教会にも及んでいました。

 

地理的な要因もあり、もともと正教会さんの改革の動きは西方教会に比べ、半世紀ほどズレて発生する歴史的傾向があるようです。

 

これは、各国の正教会とコンスタンチノープル総主教座との「ゆる〜い連携」「それぞれの地域と信徒の総意」が、世界的な事件と結びつかないと、なかなか「変わってるんだ!」という実感が湧かない故かも知れません。

 

Netflixの「ウィンター·オン·ファイヤー·イン·ウクライナ- 自由への闘い」という映画があります。他のチャンネルでも見られるので、ぜひご覧ください。

 

その中で、十字架を杖に警官隊と民衆の間に立って祈祷書の祈りを捧げる司祭と修道者、民衆指導者の後で「理性を失わないよう」聖書を朗読し続ける修道者の姿が印象的でした。

 

「信徒が闘いの中にあれば、闘いの真っ只中で祈り、キリストの愛を説く政教調和」という新しい教会のあり方を示しています。

 

カトリック教会にとって「解放神学の時代」は、一時の内政紛争がもたらした「時代のあだ花」だったのでしょうか。

 

十字架で苦しみのうちに死を身にうけたキリストは、もっとも貧しく、苦しむ人々と共にあると同時に、上層部の命令で暴力装置として人間性を奪われた機動隊·警官隊や軍人らにも「キリストの愛に育まれて育ったこと」を思い出すよう語りかけます。

 

「それは、当たり前にキリスト教社会に育つ人のことでしょ?」としか日本では思えないかも知れません。

 

それでも「解放神学」についてカトリック教会が再考すべき時が来た、としぇるりんなどは思います。

 

神道や仏教の人だからといって、基本的人権を不当に収奪することは21世紀にはあってはならないという認識が人類普遍の価値観として広まっていることを、日本のカトリック教会はもっと積極的に発信できると思うのです。

 

これは、混乱の中にある南米諸国などで「直接民主主義」が徐々にですが実践されつつあることとも、密接な関係があります。

 

平和は祈るだけでは、訪れない。戦場で生きる人々との親密な語らいのなかで「闘うキリスト者」である必要性を痛感しました。

 

武器を取り、戦争をすることをただやみくもに否定することが平和への祈りではない…ということです。

 

では、ロシア正教会は私たちにどんなことを教えているのでしょうか?

 

  • 罪人に「祝福」を与えたらどうなる?

 

モスクワ派のロシア正教会所属のウクライナ人主教·司祭·修道者が正教会の聖週間を目前にして、「復活祭のミサでキリル一世首教の名を呼ばない」「コンスタンチノープル総主教座に署名嘆願書を提出」という動きがありました。

 

キリル一世がロシアによる侵略戦争、略奪や組織的虐殺などを行う戦争であることを知りながら、権力者の意向に従い「ネオナチ掃討に従事するロシア軍に祝福を与えた」ことが事の発端です。

 

今回、ウクライナ正教会側では「防衛戦という戦争に祝福」を与えたという話は出ていません。

 

たとえ致し方ない防衛戦であっても「戦闘行為=殺人を前提としたミッション」に祝福を与えるかどうかは、「罪のゆるしの愛をもたらすために、十字架に釘付けられたキリスト」を信じる民にとっては、重要なテーマです。

 

オレンジ革命の時は、ウクライナが親露派大統領選出の不正選挙に立ち向かった民衆蜂起でした。その状況は南米であった過去の「解放神学の時代の光景」に一見すると「コートを着てるか、シャツ姿か」の違いにしか見えなかったかも知れません。

 

不正選挙で当選したヤヌコビッチ氏を糾弾する学生ら、彼らを支える民衆と不正選挙に敗北したユシチェンコ氏ら大人たちの支援がありました。

 

キーウ(キエフ)では連日のように、老若男女がプラカードや十字架、ロザリオの祈りを掲げて行進しました。

 

違いは「ヤヌコビッチ氏はヘリでロシアに亡命」したことで、オレンジ革命が唐突に成就してしまったという点です。

 

 

今回の戦争でウクライナの防衛戦で際立つのは「オレンジ革命を全国民が闘う」という、ボトムアップのナショナリズムの高揚です。

 

たとえボトムアップのナショナリズムであり、侵略攻撃から民間人を守るための戦争とはいえ、軍隊に祝福を与えないウクライナ正教会から、私たちは学ぶことがあります。

 

戦争目的の善悪に関係なく、キリストの教えに背く行為を行う「事象」に対し、教会は祝福を与えて良いのか、否かという課題です。

 

カトリック教会もまた、「政教分離だから、政治には関与しない」という姿勢が、ある意味「民衆と共に生きたキリストと本当に向き合っているのか?」というボールを投げ返されたと思うのです。

 

カトリック教会は、ウクライナ正教会さんが投げたボールを受け取れるのか、キリストに向かってどんな愛の「返球」ができるのかが、問われている聖週間だと思います。

 

皆さんがたったいま直面している物価高も、アフリカなどでの急速な食糧·燃料危機も、ロシアによるウクライナ侵略が大きく影響しています。

 

ロシア·ウクライナは世界最大の肥料·飼料穀物輸出国であり、ウクライナの肥沃な大地はアフリカやインドなどへの輸出小麦の生産国です。

 

また、半導体の基盤や一部自動車部品などIT先進国となる「戦略工業品」の大規模生産国がウクライナです。

 

ロシアによる全面戦争は、これらの豊かな実りを一気に台無しにしてしまいました。大ぜいの民間人、ウクライナ軍兵士と「演習」で狩り出された大ぜいの若いロシア兵の生命を残酷なまでに奪い尽くして…です。

 

今年は暗い復活祭の訪れです。あまりにも多くの生命が奪われ、今も多くの民間人や避難弱者が戦乱の地に取り残されているからです。

 

避難先での生活も、厳しいようです。みな、少しでも働いて稼ぎたい…と必死です。

 

あなたは、わたしは…ふって湧いたように訪れた戦争のなかで、砲撃と飢餓の恐怖の真っただ中で、主なる神に祈れるでしょうか?キリストの愛に信頼を置けるでしょうか?

 

カトリック教会は、間もなく主のご復活祭を迎えます。全面戦争のまっただ中での復活祭を、わたしたちがどのように意味深く過ごすかが問われています。

 

新型コロナ禍も、まだ終わってません。

どうぞ、ご自愛ください。

 

4月17日(日·祭·白) 復活の主日

■日中のミサ 栄続信 

第一朗読: 使徒言行録10·34a,37-43 

答唱詩篇: 87①②③(詩編118·1+2,16+17,22+23

第二朗読:  コロサイの信徒への手紙3·1-4 

          △一コリント5·6b-8 

復活の続唱: 典礼聖歌 351

アレルヤ唱: 266または264(主の復活)(一コリント5·7b+8a)

福音朗読: ヨハネによる福音書20·1-9 (

 

 

(カトリック中央協議会《教会暦と聖書朗読2022年C年》より引用しました。聖週間~復活の八日間の典礼については別冊をご参照下さい。)

動画配信情報(4月15日午後時点):敬称ほぼ略

 

緊急事態宣言中・医学的パンデミック中は、公開ミサ全面中止、動画ミサ配信のみ、予約制・人数制限のある小教区・教区・大教区もあります。体調に不安のある方、高齢者と同居されている方だけでなく、教会共同体への愛のためにも、ご自宅で安心してあずかれる動画ミサで教会の祈りに参加しましょう。主日のミサ免除の規定など、詳しくは所在地の教区、大教区の教区長、小教区主任司祭および教会委員会のガイドラインをご確認ください。2022年1月14日以降、サムネイル事前告知のないカトリック教会のチャンネルについては、チャンネルのみのご紹介とします。

 

カトリック東京大司教区

登録チャンネル: こちら

2022年四旬節 菊地功大司教メッセージ

こちら 

 

「シノドスへの歩み」第三十回 みことばと共に 2022年4月10日受難の主日C

こちら

  

カトリック関口教会 

聖金曜日 主の受難の典礼(4月15日 19:00~)

こちら 

復活の主日 復活の聖なる徹夜祭(4月16日 19:00~)

こちら 

復活の主日 日中のミサ(4月17日、10:00~)

こちら

 

St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会(旧:聖イグナチオ教会事務室) 

St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会

こちら 

※当日配信&サムネイルの更新が土曜日のようです。

 

Please register “St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会” for further information. 

 
Với những thông tin về các Thánh Lễ được phát trên YouTube sắp tới đây, xin vui lòng đăng ký vào trang của 『St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会』( Văn Phòng Nhà Thờ Thánh Inhaxio)

Por favor regístrese  “San Ignacio, Tokio, Centro Loyola.

 

カトリック高円寺教会

チャンネル登録:こちら 

*サムネイル事前登録がありません。

 

カトリック吉祥寺教会 青年会若葉

チャンネル登録:こちら

2022.4.16 18:30 復活の聖なる徹夜祭ミサ ライブ配信 Live Mass 

こちら 

2022.4.17 10:30 復活の主日ミサ ライブ配信 Live Mass 

こちら

カトリック吉祥寺教会は、上記の大祝日には入場者制限があるため青年会がライブ配信する、とのことです。

カトリック碑文谷教会

チャンネル登録:こちら

 

カトリック葛西教会チャンネル

チャンネル登録:こちら 

カトリック葛西教会/聖金曜日(主の受難) ライブ配信~2022年4月15日(金)19時30分

こちら 

カトリック葛西教会/聖土曜日・復活徹夜祭 ミサ・ライブ配信~2022年4月16日(土)19時30分 

こちら

江戸川区近辺の皆さま、カトリック葛西教会のミサ・ライブ配信を確認しました。

 

カトリック潮見教会(Shiomi Kyokai Channel)

チャンネル登録:こちら 

※ 主日ライブ配信のチャンネルです。

  

尊者エリザベト北原玲子を守護の聖人とする、おなじみカトリック潮見教会さんが動画ミサ配信をしているのをやっと見つけました。ライブ配信です。

カトリック本所教会 

チャンネル登録:こちら 

mass4/16 復活徹夜祭(19:00~)

こちら

mass4/17 復活祭 日中のミサ10:00~

こちら


横浜教区(登録チャンネル名:catholicyamate) 

登録チャンネル:こちら 

 

聖金曜日(主の受難) ~ カトリック山手教会 ~  

(2021年4月15日18:55~)

こちら  

復活の主日(復活の聖なる徹夜祭) ~ カトリック山手教会 ~

(2021年4月16日18:55~)

こちら  

復活の主日 ~ カトリック山手教会 ~

(2021年4月17日11:25~)

こちら 

 

 Easter Sunday | Sacred Heart Cathedral Yokohama

(17th Apr. 2022, 9:25~Live Streaming)

HERE 

カトリック末吉町教会
登録チャンネル:こちら 

※ ライブ配信チャンネルです。

 

末吉町教会教会学校

登録チャンネル:こちら

 

教会学校のチャンネルをやっとみつけました。探してたのに…。

 

カトリック保土ヶ谷教会

登録チャンネル:こちら  

2022年4月15日 聖金曜日(主の受難)19:00~

こちら

※ 聖なる復活徹夜祭と復活の主日のライブ配信もあるはずです!

カトリック鍛冶ケ谷教会青年会

チャンネル登録: こちら   

 

聖金曜日・主の受難 生配信(2022年4月15日19:00~)
こちら 

  

復活祭・復活の聖なる徹夜祭 生配信(2022年4月16日19:00~)
こちら 

復活の主日・日中のミサ 生配信(2022年4月17日10:30~)
こちら  

 

カトリック大船教会

登録チャンネル:こちら 

【ミサ】聖金曜日 2022年4月15日カトリック大船教会19:00~

こちら

 

【ミサ】復活の主日 2022年4月17日9:30~

こちら

 

カトリック平塚教会

チャンネル登録:こちら        

受難の主日(枝の主日)(4月10日 9:30:ミサ)

こちら 

聖木曜日(主の晩さん)(4月14日19:30:ミサ)

こちら 

聖金曜日(主の受難)(4月15日19:30:ミサ)

こちら 

聖土曜日(復活徹夜祭)(4月16日 19:00)

こちら 

復活の主日(4月17日 9:30)

こちら

 

カトリック雪ノ下教会(yukinoshita church)

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック鷺沼教会

チャンネル登録:こちら

 

カトリック二俣川教会

登録チャンネル:こちら

カトリック二俣川教会ホームページからも見られます。

 

カトリック太田教会(さいたま教区、群馬県)

チャンネル登録:こちら

  

さいたま教区(群馬県)のカトリック太田教会さんのミサ動画録画配信を確認しました。

カトリック加須教会

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック加須教会 聖金曜日 主の受難の典礼 Good friday service 2022年4月15日

こちら 

カトリック加須教会 聖土曜日 復活の聖なる徹夜祭ミサ 2022年4月16日 18:00

こちら

カトリック加須教会 復活の主日( 日中)のミサ Easter Sunday 2022年4月17日㊐ 14:00

こちら

 

さいたま教区(埼玉県)のカトリック加須教会さんのチャンネルをやっとヒットしました!

 

札幌教区「日ごとの福音テレビ」

日毎の福音チャンネル: こちら  

聖金曜日・主の受難・日ごとの福音テレビ

こちら 

復活祭・復活の聖なる徹夜祭のミサ・日ごとの福音テレビ (4月16日22:00~)

こちら

カトリック新潟教区

チャンネル登録: こちら 

 

カトリック広島教区「平和の使徒推進本部」Catholic Hiroshima Diocese

 

広島教区ライブミサ配信は、カトリック幟町教会チャンネルさんが主体です。世界平和記念聖堂が、とても美しいです

カトリック幟町教会の登録チャンネル:こちら
  

2022年4月15日 - 聖金曜日 主の受難の祭儀 - 19:00~

こちら 

2022年4月16日 - 復活の聖なる徹夜祭ミサ・洗礼式 - 19:00~

こちら 

2022年4月17日 - 復活の主日(祭日)ミサ -9:30~

こちら

Diocese of Fukuoka カトリック福岡司教区 

※当日更新をご確認ください。

直方カトリック教会の動画

チャンネル登録:こちら 

※ライブ配信チャンネルです。

 京都 みんなで捧げるミサ

登録チャンネル: こちら 

 

京都洛北ブロック主日ミサの登録チャンネル名が変更になりました。

※ 主日前の土曜日ライブ配信です。

 

カトリック名古屋教区- Nagoya Diocese

登録チャンネル: こちら

 

カトリック安城教会(Kyokai AnjoTv)

登録チャンネル: こちら 

※ 当日ライブ配信です。

 

やっとヒットしました。愛知県のカトリック安城教会さんのミサ配信です。

 

カトリック岐阜教会

登録チャンネル:こちら

※ 当日ライブ配信です。Arinomachicross_20220415191101

 

カトリック南山教会

登録チャンネル:こちら 

 

カトリック岸和田教会michael 

※ 当日ライブ配信です。

 

Sacra Familia Osaka

(サグラダファミリア・カトリック大阪梅田教会)
チャンネル登録:こちら 

※ 当日ライブ配信です。

カトリック大阪梅田教会さんのミサ配信続いてます。大阪大教区の皆さん、大阪人のみなさん、ぜひチャンネル登録お願いします!

 

カトリック和歌山紀北教会-屋形町聖堂

チャンネル登録:こちら    

 

主の受難(聖金曜日)ミサ(4月15日19:00~)

こちら 

主の復活の徹夜(聖土曜日)(4月16日19:00~)

こちら 

(復活の主日)2022年4月17日 10:15~

こちら 

 

カトリック仁川教会

チャンネル登録:こちら 

 

兵庫県西宮市のカトリック仁川教会💒さんをやっと見つけました。正直、関西地方の地名はよく判らない所も多いので、失礼しました!

 

酒井俊弘司教

チャンネル登録:こちら 

 

新しいチャンネルを見つけました。

 

カトリック鹿児島教区

登録チャンネル:こちら 

 

Roman Catholic Archdiocese of Nagasaki

カトリック長崎大司教区登録チャンネル:こちら 

 

カトリック黒島教会福音宣教部

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック平戸口教会

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック司祭・修道院の登録チャンネルのご紹介;

名古屋教区内 

Kataoka Yoshihiroチャンネル登録: こちら

 

Hiro Francisco(カトリック大和高田教会)

チャンネル登録:こちら 

 

ドミニコの友OP(カトリック松山教会)

チャンネル登録:こちら

チャンネル名が「Antonio Lee, OP」から「ドミニコの友OP」に変更になりました。

  

聖パウロ修道会サンパウロ

登録チャンネルURL: こちら 

 

第73回 大阪の殉教者・ティエゴ結城了雪【カトリック入門】※字幕付き

こちら 

カトリック入門、今回は大阪の殉教者・ティエゴ結城了雪のご紹介です。

 

カルメル会上野毛修道院チャンネル登録:こちら

 

サレジオ会日本管区チャンネル登録: こちら 

 

主に平日ミサは小立神父の「ぼっちミサ」へどうぞ!
小立花忠チャンネル: こちら

毎日、平日ミサなら「ぼっちミサ」カトリック彦根教会の小立神父司式でどうぞ!

 

迫真のぼっちミサ、ついにC年まで続いています。基礎疾患がある、平日ミサがないとどうも元気の出ない方はぜひどうぞ!(継続中を確認済)

 

Gerard GOUINEAUグイノジェラール

チャンネル登録:こちら

 

#聖週間#聖金曜日#主の受難の記念#説教# 2022-4-15

こちら 

「聖イグナチオの霊操」第42回『イエスの死と葬り』(第3週)

こちら

 

聖イグナチオの霊操シリーズ情報更新!

 

※YOUTUBEでのチャンネル登録者数や再生回数の増加、および操作回数とわたしの検索頻度により、ライブ&動画配信情報に時差が生じております。ご容赦ください。また、掲載されていないカトリック教会のミサが多々あると思われますが、増減する動画配信に一人で検索する限界を感じています。全国で公開ミサが行われるようになり次第、ライブ配信・動画情報提供も終了いたします。

 

 

霊的読書(レクチオ・ディヴィナ)とは、聖書(主に福音書)などを音読し、その中の「ちょっと気になる一句」に心を留めて、祈りのうちに神さまを思い、その一句を通して神さまと語り合うことを指します。ブログ中の聖書の解釈に関する内容は、しぇるりん個人の感想です。聖句そのものと、地理、人間関係などの事実関係は、特別な記載がないものは、日本聖書協会2008年版≪新共同訳 新旧約聖書続編つき≫の解説部分に依拠しています。詳しくは、日本聖書協会発行の≪新共同訳 新約聖書≫≪新共同訳 聖書≫をご参照ください。なお、ミサの朗読福音は、カトリック中央協議会発行の《毎日のミサ》によります。

 

モルモン教、ものみの塔(エホバの証人)、世界基督教統一神霊協会(統一教)、新天地イエス教証しの幕屋聖殿、Apostolic Catholic Church(カトリック使徒教会)は正統派のキリスト教ではありません。「カルト宗教」です。ご注意下さい。

 

「しぇるりん」になりすまし、他の方のブログにコメントを書き込む事例があるとのご指摘を受けました。私は他のブログに書き込みをしません。また「しぇるりん」を騙るニセブログもあるようですが、このブログの書き手とは別人です。ご注意下さい。

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村←ポチッとしてください。励みになります。 ポチッとよろしく!

 

English blog is also available http://shelillelinnecatholictipoff.blogspot.jp/

 

定番の聖書なら→日本聖書協会《新共同訳 新約聖書詩編付》

 



わかりやすいと大好評のカトリック入門書

 



カトリック書籍と聖具は定価で買えるドンボスコ社HPからどうぞ!

 

ドンボスコ社ネットショップ

 





Helps meditation and lectio divina according to the Benedictine monastic spirituality.

 



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ<br/><a href=にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへにほんブログ村 カトリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
<
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ポチッとしてください。励みになります。 ポチッとよろしく!





より以前の記事一覧