フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • ブログランキング


    人気ブログランキングへ
  • 日本ブログ村

« 2022年神のいつくしみの主日〜復活第3主日: 天国に入れるのは…? | トップページ | 2022年復活節第4主日〜復活節第5主日: 戦争とカトリック教会 »

2022年5月 6日 (金)

2022年復活節第3主日〜復活節第4主日: 主はわたしの羊飼い

Jesusmyshepherd イエスは答えられた。「わたしは言ったが、あなたがたは信じない。わたしが父の名行う業が、わたしについて証しをしている。しかし、あなたたちは信じない。わたしの羊ではないからである。わたしの羊はわたしの声を聞き分ける。わたしは彼らを知っており、彼らはわたしに従う。わたしは彼らに永遠の命を与える。彼らは決して滅びず、誰も彼らをわたしの手から奪うことはできない。わたしの父がくださったものは、すべてのものより偉大であり、だれも父の手から奪うことはできない。わたしと父とはひとつである。

(ヨハネによる福音書10:25-30)

 

お元気ですか。ご無事ですか。しぇるりんです。(^ ^)

 

ゴールデンウィークは、いかがお過ごしでしょうか。

 

新型コロナ禍で、PCR検査·確認が取れ、各国政府が報告した死亡者だけでフィリピンのマニラ市民、ブラジルのリオ·デ·ジャネイロ市の全人口、またはジンバブエ共和国の全人口に匹敵する150万名が亡くなりました。

 

「自宅療養」という美名のもとに、医療が受けられないまま亡くなる方が増加しています。GW明けに学校が始まると急に増え、医療はさらにひっ迫すると思われます。

 

円安の影響で物価高が進行しており、庶民は総貧困化の影響をモロに喰らってます。

 

ロシア軍によるウクライナ侵略戦争は、状況に改善の兆しが見えません。ロシア軍は、先の大戦の旧日本帝国軍以上に統率が取れておらず、そのために将官クラスがじゃんじゃん戦死/負傷する状態に陥っているからです。

 

モスクワで何を発表しようが、前線の部隊と為政者トップに、話が通じません。先の大戦で、日本が犯した愚かな過ちの軌跡を、ロシア連邦は忠実に辿っているようえす。

 

カトリック教会も日本の場合はカリタスジャパンを通じ、ハンガリー、ポーランド、スロバキア、ローマニアおよびモルドバなどウクライナ近隣諸国およびカリタス·ウクライナに人道支援物資を届けています。

 

ここで、ロシア軍占領下でも地下組織化したウクライナ軍と共に支援活動をする、名もない方々の働きを信頼に足るSNSなどの書き込みと、いままさにロシア占領下と連絡が取れている方々の証言を中心にお知らせしましょう。

 

  • だれも父の手から奪うことはできない

 

ロシア軍占領下での生活は、息詰まるような緊張に包まれています。

 

それぞれの「独立共和国」など親露派組織がバラバラにさまざまな偽ルーブル紙幣を流通させ、地元経済を混乱に追い込んでいます。

 

実際のロシア領内では、ロシア中央銀行券以外は為替両替はできません。ロシア領内で偽札として受け取り拒否されたら、印刷されてるだけメモ帳にもならない厄介な紙くずが「独立共和国発行の偽ルーブル」の正体です。

 

この状態でも使えるのは、米ドル、ユーロ、ビットコインとウクライナの法定通貨であるフリブニャです。

 

日本人には理解不能かも知れませんが、暗号通貨ビットコイン()はロシア軍占領下にあるウクライナで、スマホ1台でやり取りできる代替通貨として立派に機能しています。

 

善意の人々が、それぞれの居住地域の困窮者についてインターネットで情報を収集しています。VPS(仮想サーバー)契約をしているITエンジニアらが、困窮者がどこにいて、何を必要としているのかの情報を可能な限り支援者に伝えています。

ロシア軍がインターネット接続をウクライナ人にゆるすのは、ロシア軍が個人情報収集したい時、およびIAEAなど、ウクライナ国外の外部組織に放射線管理情報を定期的に送受信する必要に迫られた時のように見られます。この地域には、チェルニヒウ(チェルノブイリ)原発(事故後管理中)、およびザポロージエ原発があるからです。

 

困窮者の具体的情報を収集した支援者は、缶詰、発電機?、燃料、食事などの支援物資を詰めたポリ袋を数十個、困窮者に届けます。

 

このやりとりを記したウクライナ語を、翻訳ソフトで翻訳すると一見して「誤訳じゃないの?」という表現を見かけます。

 

もちろんしぇるりんもウクライナ語はアルファベットの読み方ぐらいしか知りませんが、必ずしも誤訳ではないようです。

 

「猫にご飯をあげる」「この猫に燃料を届けて」は、たぶん戦時独特の一種の「隠語」でしょう。

 

しぇるりんの会社の同僚は、「自分たちは、ロシア軍に疑いを持たれないよう、互いの無事の確認や支援要請/自分が支援したい意志の表明などを、自分たちの間でしか通じない隠語で行う」と証言しているからです。

 

たとえばこの文脈だと「猫」は「助けを必要とする人」を指す可能性が高いです。たとえば「日本からペット支援の缶詰が届いたので、猫にご飯と燃料をあげた」とある文章が機械翻訳されたとしましょう。

 

おそらく「日本」「ペット支援」「猫」は、この活動グループの人以外は理解できない隠語です。隠語は、不定期に変更されているようです。「燃料はXXガロン」とあるので文字通りの意味でしょう。

 

ロシア軍占領下を生きる南東部·東部ウクライナ人は、赤い飢餓(ホロドモール)、オレンジ革命の混乱に乗じたロシア軍によるクリミア州併合などロシアへの歴史的反発が非常に強い地域で、ウクライナ軍が自分たちをロシア軍占領下から解放してくれるのを待っている人が殆どのようです。

 

クリミア州と陸続きのウクライナ南東部でロシア軍が略奪·徴用した物資を、ロシアが2014年に併合したと主張するクリミア州の市場で堂々と販売しています。

 

ウクライナ人がウクライナ側でフリブニャを支払って購入し、命がけで届けようとした物資ですら、ロシア軍に「徴発」されてしまう事例も頻発しています。

 

まさに旧大日本帝国時代の日本軍の蛮行を思い起こさせる光景が、21世紀のウクライナで繰り広げられています。

 

日々の糧のため地下抵抗活動を余儀なくされているウクライナの人々に、日本の基準で「平和」を求めないでください。

 

軍人に温かい食べ物や飲み物を届けるウクライナの民間人はただ、自分たちなりに感謝の心を届けているだけです。

 

日本社会の同調圧で強引に強要され、自己意志の表現ができない「官製愛国心」を、ウクライナ人は求めません。

 

それは企業活動でも、同じです。先日、「日本のGWは今年は最長11日だ」と言ったら、「11日連休が欲しいのか?」と勘違いされました。

 

今も一部の自社スタッフはロシア軍占領下で潜伏し、ロシア軍の気まぐれに乗じてしか仕事の出来ない状況です。これほど明らかな手不足の時に休暇を申請するような図太い神経を、しぇるりんは持ち合わせていません。

 

互いを助け合いたいという連帯の気持ちを引き裂くことは、人間にはできません。「だれも父の手から奪うことはできない」ものは、ひとの魂の救い、心からの思いと行いにあらわれます。

 

誰にも強制されない自由意志による「連帯」は、東欧圏独特の生けるキリストへの信仰と文化に根づいているようです。

 

  • わたしの羊はわたしの声を聞き分ける

 

今回のロシア軍によるウクライナへの侵略戦争に対し、しぇるりんは生涯、公平な観点で語ることはできないでしょう。

 

この侵略戦争がなければ、数年後に予定していたしぇるりんの東欧旅行で会えたかも知れないパン屋や肉屋のオッちゃん、屋台や市場で地元料理や野菜を売るお姉さん、駅員さんやホテルやホステルの職員の方々の生命、建物、交通機関などをロシア軍は破壊してしまいました。

 

失われた生命も景色も、二度と再び戻ることはありません。動物園や遊園地まで、ロシア軍はミサイル爆撃しました。子どもが楽しむ遊園地に、何の罪があるというのでしょうか?

 

主は最初からしぇるりんを、今のチームのために選んでおられたようです。不思議と戦争前から、ウクライナ軍が負ける気がしませんでした。

 

ただ、ロシア領土にウクライナ軍が入らず、ウクライナ政府がたとえ1センチたりともロシア領土を欲しない…という祈りが叶うことを願っています。

 

ロシア兵士とて個人的には「人殺しはしたくない」と地元住民に打ち明け、飢えているからと食べ物を乞う人もいるようです。

 

先日、「罪のゆるし」について、同僚と話しました。「わたしは、ロシア軍とロシアを決して許せない」と彼女は言います。

 

家族·親族·両親や代父母の生命奪い、家を爆撃され、組織的兵器としての強姦、陵虐を行ったロシアを、戦争中に許せるはずもありません。

 

「ゆるしは、歴史に任せればいい」とわたしは言いながら、歴史的に旧日本軍の蛮行の罪を認められず、いまだ赦しを乞い続けようという決意できない日本を思いました。

 

ロシアもまた、旧日本軍の過ちと罪を認められず、赦しを乞わない道をたどるのでしょうか?

 

一応ロシア正教会員もキリスト教徒なのでまさか…とは思います。

 

が、ドイツ軍士官学校幼年兵にアウシュビッツ訪問を義務付けたように、「戦争犯罪を看過しない。犯さない」という歴史を継承できるのかどうかは疑問です。

 

少なくとも、日本では出来ていません。当事者さえ死ねば、日本軍の加害行為については水に流して忘れてくれるだろう…と考える人ばかりなのが現実です。

 

シベリア·満州·朝鮮半島などからの引揚者、各地での空襲被害者など国民に対する日本政府側の公式の謝罪、障害を負った方々への国家賠償もいまだ行われていません。

 

逆に「国家総動員」の洗脳で締め付けた被害者を鞭打つように「一億総懺悔」を押し付けたのが、今の自民党政権のWWII以降一貫した政策です。

 

沖縄と長崎·広島などの原爆被曝地で平和集会がつづく限り、時の総理大臣が「公式見解」を授業で指された子どもが読むように、読み上げるだけ。

 

このような日本政府の人を人とも思わぬ態度が、諸外国での慰安婦像設置などの反響を引き起こしています。

 

諸外国の方々は、別に「反日」で日本人の神経を逆なでしたいわけではないです。なぜ、歴史的戦争犯罪を日本史にしるし、当時の罪を認める…が国際的に問われています。

 

個人v.s.カルトやいじめの集団のような単位なら、日本だと「個人が逃げる」選択を取らざるを得ません。これは国際標準の基本的人権の観点から考えると、明らかに異常です。

 

社会行動としては、カルトやいじめの集団側とその責任者が「罪を認めて、正式に謝罪をし、その個人と社会秩序を乱した事に対し相手が納得するまで償いをする」のが、国際基準の王道です。

 

一部の在日ロシア人は、自分たちが知らぬ間に行われているロシア軍の蛮行に対する償いをしたい、という考えているようです。

 

ウクライナの人は、いまロシアを許せなくていい。わたしも、そう思います。

 

でも、ロシア人はいまウクライナで起きていることへの嫌悪感と罪の意識を忘れず、自分なりの言葉でロシア国内の人々に自分の声で伝えて欲しいです。

 

もしもWWIIの時に2022年のインターネットがあったなら、どうだったでしょう?

 

あなたなら、強制徴用、強姦被害や従軍慰安婦として奴隷使役された人の苦しみの声、家族を奪われ、家を焼かれた人々の声を受け入れられるでしょうか?

 

「ゆるし」はとても重いテーマだからこそ、ロザリオの月、5月にこそ考えてみたいものです。

 

どうぞ、ご自愛ください。ご無事で。

 

5月8日(日・主・白) 復活節第4主日 

第一朗読: 使徒言行録13·14,43-52

答唱詩篇: 172①②④(詩編100·1+2,3ab,5)

第二朗読: 黙示録7·9,14b-17 

アレルヤ唱: 264(第4 主日)(ヨハネ10·14)

福音朗読: ヨハネによる福音書10·27-30

 

(カトリック中央協議会《教会暦と聖書朗読2022年C年》より引用しました。)

動画配信情報(5月6日午後時点):敬称ほぼ略

 

緊急事態宣言中・医学的パンデミック中は、公開ミサ全面中止、動画ミサ配信のみ、予約制・人数制限のある小教区・教区・大教区もあります。体調に不安のある方、高齢者と同居されている方だけでなく、教会共同体への愛のためにも、ご自宅で安心してあずかれる動画ミサで教会の祈りに参加しましょう。主日のミサ免除の規定など、詳しくは所在地の教区、大教区の教区長、小教区主任司祭および教会委員会のガイドラインをご確認ください。2022年1月14日以降、サムネイル事前告知のないカトリック教会のチャンネルについては、チャンネルのみのご紹介とします。

 

カトリック東京大司教区

登録チャンネル: こちら

「シノドスへの歩み」第三十七回 みことばと共に 2022年5月1日復活節第三主日C

こちら

  

カトリック関口教会 

チャンネル登録:こちら

※サムネイルが見つかりませんでした。

 

St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会(旧:聖イグナチオ教会事務室) 

St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会

こちら 

※当日配信&サムネイルの更新が土曜日のようです。

 

Please register “St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会” for further information. 

 
Với những thông tin về các Thánh Lễ được phát trên YouTube sắp tới đây, xin vui lòng đăng ký vào trang của 『St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会』( Văn Phòng Nhà Thờ Thánh Inhaxio)

Por favor regístrese  “San Ignacio, Tokio, Centro Loyola.

 

カトリック高円寺教会

チャンネル登録:こちら 

*サムネイル事前登録がありません。

 

カトリック吉祥寺教会 青年会若葉

チャンネル登録:こちら

カトリック吉祥寺教会は、上記の大祝日には入場者制限があるため青年会がライブ配信する、とのことです。

カトリック碑文谷教会

チャンネル登録:こちら

 

カトリック葛西教会チャンネル

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック葛西教会/復活節第4主日 ミサ・ライブ配信~2022年5月8日(日)9時30分

こちら

江戸川区近辺の皆さま、カトリック葛西教会のミサ・ライブ配信を確認しました。

 

カトリック潮見教会(Shiomi Kyokai Channel)

チャンネル登録:こちら 

※ 主日ライブ配信のチャンネルです。

  

尊者エリザベト北原玲子を守護の聖人とする、おなじみカトリック潮見教会さんが動画ミサ配信をしているのをやっと見つけました。ライブ配信です。

カトリック本所教会 

チャンネル登録:こちら 


横浜教区(登録チャンネル名:catholicyamate) 

登録チャンネル:こちら 

復活節第4主日 ~ カトリック山手教会 ~ 助祭叙階式(受階者:タン・ホアン・フィー(小田原教会出身/ベトナム・信仰の宣教修道会)(2021年5月8日11:25~)

こちら 

4th Sunday of Easter | Sacred Heart Cathedral Yokohama(8th May 2022, 9:25~Live Streaming)

HERE 

カトリック末吉町教会
登録チャンネル:こちら 

※ ライブ配信チャンネルです。

 

末吉町教会教会学校

登録チャンネル:こちら

 

教会学校のチャンネルをやっとみつけました。探してたのに…。

 

カトリック保土ヶ谷教会

登録チャンネル:こちら  

2022年5月8日 復活節第4主日 10:00~

こちら

 

カトリック鍛冶ケ谷教会青年会

チャンネル登録: こちら   

復活節第4主日 ミサ 生配信(2022年5月8日10:30~)
こちら  

 

カトリック大船教会 

チャンネル登録:こちら

※チャンネルに当日アクセスしてみてください。

 

カトリック平塚教会

チャンネル登録:こちら        

復活節第4主日(5月8日 9:00ロザリオの祈り、9:30:ミサ)

こちら

 

カトリック雪ノ下教会(yukinoshita church)

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック鷺沼教会

チャンネル登録:こちら

 

カトリック二俣川教会

登録チャンネル:こちら

カトリック二俣川教会ホームページからも見られます。

 

カトリック太田教会(さいたま教区、群馬県)

チャンネル登録:こちら

  

さいたま教区(群馬県)のカトリック太田教会さんのミサ動画録画配信を確認しました。

カトリック加須教会

チャンネル登録:こちら 

カトリック加須教会  復活節第4主日ミサ  2022年5月8日 14:00

こちら

 

さいたま教区(埼玉県)のカトリック加須教会さんのチャンネルをやっとヒットしました!

 

札幌教区「日ごとの福音テレビ」

日毎の福音チャンネル: こちら  

復復活節第4主日のミサ・日ごとの福音テレビ (5月8日07:00~)

こちら

カトリック新潟教区

チャンネル登録: こちら 

岡秀太助祭 司祭叙階式

こちら

 元三位一体聖ベネディクト会修道士のマキシミリアノ・マリア・コルベ岡秀太助祭の司祭叙階式がありました。

カトリック広島教区「平和の使徒推進本部」Catholic Hiroshima Diocese

 

広島教区ライブミサ配信は、カトリック幟町教会チャンネルさんが主体です。世界平和記念聖堂が、とても美しいです

カトリック幟町教会の登録チャンネル:こちら
  

2022年5月8日 - 復活節第4主日ミサ (世界召命祈願の日)-

こちら

Diocese of Fukuoka カトリック福岡司教区 

※当日更新をご確認ください。

直方カトリック教会の動画

チャンネル登録:こちら 

※ライブ配信チャンネルです。

 京都 みんなで捧げるミサ

登録チャンネル: こちら 

 

京都洛北ブロック主日ミサの登録チャンネル名が変更になりました。

※ 主日前の土曜日ライブ配信です。

 

カトリック名古屋教区- Nagoya Diocese

登録チャンネル: こちら

 

カトリック安城教会(Kyokai AnjoTv)

登録チャンネル: こちら 

※ 当日ライブ配信です。

 

やっとヒットしました。愛知県のカトリック安城教会さんのミサ配信です。

 

カトリック岐阜教会

登録チャンネル:こちら

※ 当日ライブ配信です。

 

カトリック南山教会

登録チャンネル:こちら 

 

カトリック岸和田教会michael 

※ 当日ライブ配信です。

 

Sacra Familia Osaka

(サグラダファミリア・カトリック大阪梅田教会)
チャンネル登録:こちら 

※ 当日ライブ配信です。

カトリック大阪梅田教会さんのミサ配信続いてます。大阪大教区の皆さん、大阪人のみなさん、ぜひチャンネル登録お願いします!

 

カトリック和歌山紀北教会-屋形町聖堂

チャンネル登録:こちら    

 

ミサ(復活節第4主日)世界召命祈願の日10:15~

こちら 

 

カトリック仁川教会

チャンネル登録:こちら 

 

兵庫県西宮市のカトリック仁川教会💒さんをやっと見つけました。正直、関西地方の地名はよく判らない所も多いので、失礼しました!

 

酒井俊弘司教

チャンネル登録:こちら 

 

新しいチャンネルを見つけました。

 

カトリック鹿児島教区

登録チャンネル:こちら 

 

Roman Catholic Archdiocese of Nagasaki

カトリック長崎大司教区登録チャンネル:こちら 

 

カトリック黒島教会福音宣教部

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック平戸口教会

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック司祭・修道院の登録チャンネルのご紹介;

名古屋教区内 

Kataoka Yoshihiroチャンネル登録: こちら

 

Hiro Francisco(カトリック大和高田教会)

チャンネル登録:こちら 

 

ドミニコの友OP(カトリック松山教会)

チャンネル登録:こちら

チャンネル名が「Antonio Lee, OP」から「ドミニコの友OP」に変更になりました。

  

聖パウロ修道会サンパウロ

登録チャンネルURL: こちら 

 

【ゆるいTomaP】修道院で買った本を紹介(2022年4月)

こちら 

修道院の購入書籍のご紹介です!

 

カルメル会上野毛修道院チャンネル登録:こちら

 

サレジオ会日本管区チャンネル登録: こちら 

 

主に平日ミサは小立神父の「ぼっちミサ」へどうぞ!
小立花忠チャンネル: こちら

毎日、平日ミサなら「ぼっちミサ」カトリック彦根教会の小立神父司式でどうぞ!

 

迫真のぼっちミサ、ついにC年まで続いています。基礎疾患がある、平日ミサがないとどうも元気の出ない方はぜひどうぞ!(継続中を確認済)

 

Gerard GOUINEAUグイノジェラール

チャンネル登録:こちら

 

💠グイノ神父の復活祭の挨拶、🐰🐣🐥四月の花と共に 桜 蓮華など

こちら  

淡路島では、桜と蓮華がいっぺんに咲くのでしょうか?

「聖イグナチオの霊操」第44回『エマオへの弟子』(第4週)

こちら

 

聖イグナチオの霊操シリーズ情報更新!

 

※YOUTUBEでのチャンネル登録者数や再生回数の増加、および操作回数とわたしの検索頻度により、ライブ&動画配信情報に時差が生じております。ご容赦ください。また、掲載されていないカトリック教会のミサが多々あると思われますが、増減する動画配信に一人で検索する限界を感じています。全国で公開ミサが行われるようになり次第、ライブ配信・動画情報提供も終了いたします。

 

 

霊的読書(レクチオ・ディヴィナ)とは、聖書(主に福音書)などを音読し、その中の「ちょっと気になる一句」に心を留めて、祈りのうちに神さまを思い、その一句を通して神さまと語り合うことを指します。ブログ中の聖書の解釈に関する内容は、しぇるりん個人の感想です。聖句そのものと、地理、人間関係などの事実関係は、特別な記載がないものは、日本聖書協会2008年版≪新共同訳 新旧約聖書続編つき≫の解説部分に依拠しています。詳しくは、日本聖書協会発行の≪新共同訳 新約聖書≫≪新共同訳 聖書≫をご参照ください。なお、ミサの朗読福音は、カトリック中央協議会発行の《毎日のミサ》によります。

 

モルモン教、ものみの塔(エホバの証人)、世界基督教統一神霊協会(統一教)、新天地イエス教証しの幕屋聖殿、Apostolic Catholic Church(カトリック使徒教会)は正統派のキリスト教ではありません。「カルト宗教」です。ご注意下さい。

 

「しぇるりん」になりすまし、他の方のブログにコメントを書き込む事例があるとのご指摘を受けました。私は他のブログに書き込みをしません。また「しぇるりん」を騙るニセブログもあるようですが、このブログの書き手とは別人です。ご注意下さい。

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村←ポチッとしてください。励みになります。 ポチッとよろしく!

 

English blog is also available http://shelillelinnecatholictipoff.blogspot.jp/

 

定番の聖書なら→日本聖書協会《新共同訳 新約聖書詩編付》

 



わかりやすいと大好評のカトリック入門書

 



カトリック書籍と聖具は定価で買えるドンボスコ社HPからどうぞ!

 

ドンボスコ社ネットショップ

 





Helps meditation and lectio divina according to the Benedictine monastic spirituality.

 



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ<br/><a href=にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへにほんブログ村 カトリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
<
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ポチッとしてください。励みになります。 ポチッとよろしく!





« 2022年神のいつくしみの主日〜復活第3主日: 天国に入れるのは…? | トップページ | 2022年復活節第4主日〜復活節第5主日: 戦争とカトリック教会 »

キリスト教エッセー」カテゴリの記事