フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • ブログランキング


    人気ブログランキングへ
  • 日本ブログ村

« 2022年受難の主日〜復活の主日: 聖金曜日に解放神学のその後とカトリック教会の社会的役割を想う | トップページ | 2022年神のいつくしみの主日〜復活第3主日: 天国に入れるのは…? »

2022年4月22日 (金)

2022年復活の主日〜神のいつくしみの主日: いつくしみの主日に想う世界とカトリック教会

神のいつくしみのチャプレット

初めに:

主の祈り、アヴェ·マリアの祈り、使徒信条 

ロザリオの大珠で:

 

永遠の父よ、わたしたちと全世界のすべての罪のあがないのために、あなたの最愛の子、わたしたちの主イエス·キリストのおん体とおん血、ご霊魂と神性をみ前に捧げます。

ロザリオの珠10回

イエスの痛ましいご受難によって、わたしたちと全世界にいつくしみを注いでください。

5連とさいごの祈り:

聖なる神、聖なる全能の神、聖なる永遠の神よ、わたしたちと全世界をあわれんでください。 

(『聖ファウスティナの生涯』p.90より)

 

お元気ですか。ご無事ですか。しぇるりんです。(^ ^)

 

主のご復活、おめでとうございます。

 

そして、十字架の苦しみのなかで聖週間を迎えた東方教会が、爆撃·空襲のない·しないご復活の主日を迎えられるよう、主のいつくしみのチャプレットを唱えたいと思います。

 

ロシアの英語メディア「スプートニク」「…が主のご復活の主日に空爆を企てている」という報道を、繰り返しています。

 

ロシア正教会は、どうも複雑な事情を抱えているようです。ある一定数、諜報機関員(KGB)としてリクルート·訓練された人が必要な神学校の修学せず司祭叙階されている…というウワサとしても聞き捨てならない「内部告発」が存在します。

 

告発者は、同じ神学校で実際に見た…という衝撃的な内容でした。神学校1年生で諜報機関にリクルートされ、2〜3学年は同神学校に在籍せず、4年生に突然戻って来て司祭叙階を受けるのを見た…と言うものです。

 

原因や目的は、それぞれ違うでしょう。私たちのカトリック教会も、一部の心ない司祭や修道者による性的虐待などの内部問題を抱えています。

 

が、諜報機関·政府·金融機関などの組織犯罪行為に「教会という組織」が積極的に加担する·しないは別問題でしょう。

 

西方教会の世界で、教会が政治的影響力を駆使すると「中世の時からそうさ…またやった」と言われます。一方で解放神学など民衆民主化運動を困窮者支援として行われた時には、「あの当時は仕方なかった」という言い方がされがちです。

 

ウクライナのマリウポリにあるアゾフスタリ製鉄所が陥落の危機にある今日、世界は「武力攻撃による侵略と領地拡大をゆるすのか?」という疑問のなかにいます。

 

教会は、闘わざるを得ない状況におかれたウクライナの人々の苦しみに同情し、金銭支援をして平和を祈るだけの共同体にしかなれないのでしょうか?

 

  • 主のご復活の神秘を生きる

 

主キリストのご復活は、宗派を超えてキリスト教で最も重要な祝祭日の始まりです。

 

わたしたちが信じる三位一体の父なる神は、再びわたしたちと同じような人間として死に打ち勝ち、罪のゆるしと聖霊のみ恵みをすべての人にもたらすため、生き返られた救い主です。

 

カトリック教会はグレゴリオ暦を用いているのに対し、正教会では主に「ユリウス暦」または「修正ユリウス暦」を用いています。

 

暦法の違いでご復活の主日の日付は異なりますが、主のご復活というキリスト教の教えの根底までちがうわけではありません。

 

キリスト者にとってクリスマス以上に大切なのが、主のご復活〜聖霊降臨祭(ペンテコステ)までの期間です。

 

たとえ異なる宗教であっても、宗教上の聖なる期間(イスラム教のラマダンなど。2022年は4月1日〜5月1日)は、戦闘行為や爆撃などは道徳的な悪と呼ぶべきでしょう。

 

イスラエルによるパレスチナ爆撃が、ラマダンの期間に行なわれれているのは悲しい現実です。しかも、金曜礼拝の日にアル·アクサ·モスクを爆撃したと見られています。

 

なぜ、礼拝中のモスクに爆撃を行うのか、しぇるりんにはわかりません。

 

ロシア正教会とてキリストのご復活を重んじる点では、わたしたち西方教会の信徒と何ら変わりがないはずです。

 

キリストのご復活を記念する尊い主日に、空爆などという事がゆるされてはなりません。それは罪のゆるしをもたらされ復活された主キリストを、更に十字架につける行為だからです。

 

Fqxascgxeauopzr マリウポリのアゾフ大隊の指揮官、 セルヘイ·ヴォリンスキー氏は教皇フランシスコに「マリウポリにいる1万人の民間人·女性·子どもを避難させて欲しい。祈るだけでなく、行動して欲しい」と手紙を書いたのがツイッター上で公開されています。

 

 おそらくパパ·フランシスコも、気持ちの上ではすぐにでも飛んで行って一人でも助けたいと祈っているでしょう。

 

しかし、カトリック教会が別の宗派のキリスト教の教会とのあつれきを起こしたら、ウクライナ西部のローマ典礼&スラブ典礼のカトリック教会はどうなるでしょう。

 

正教会の信者さんには、カトリック教会が実は教区·地域·所在国·出身国ごとに特色ある霊性や典礼様式をもち、驚くほど多様性に富んでいる…は理解されづらいようです。

 

何を祈るか…にもよるでしょう。しぇるりんの会社の同僚たちがいま、ロシア軍占領下ウクライナと避難先のポーランドにいます。彼らとの対話が日常のなかにあって、とても平和を祈る気にはなれません。

 

いくら平和を祈っても、ロシア軍が一方的に始めた全面戦争を押し返すには戦いが避けられない現実が痛いほど身に沁みるからです。

 

平和を祈っても、いまその人の身に降りかかった戦火から逃れる助けにはならない…それが現実です。

 

ロシア軍占領下では、「ロシア兵の検問所を通るたびに、どんな目に遭わされるか分からないロシアン·ルーレット状態」が続いています。

 

私たちと時を同じくして復活節を迎えたリヴィウのカトリック教会には、お聖堂の一角に山ほどの支援物資がありました。

 

お聖堂もまた、保管倉庫·配給場所として機能しているようでした。

 

小さいことですが、戦禍の不安と苦しみに怯える方々のため、祈るだけでなく「日本に家族や縁故のない若い女性や母子の特別避難をお勧めしない」理由を伝えています。

 

  • 第三次世界大戦を起こさないために祈る

 

EU·英国·米国の対応は「武器·弾薬と義勇兵を送って塩対応」という皮相な見方もされています。

 

が、ロシアが日本の「大東亜共栄圏」を目指す以上に危険な「目指せパックス·ロシア」という腹黒い企みに世界が乗せられないことも、重要な課題です。

 

ロシア文化やロシア正教会の「教会の教え」そのものに問題がある、とは思いたくありません。

 

既にロシア正教会モスクワ派のウクライナ人司祭らはコンスタンチノープル総主教座に、キリル一世の罷免を求めて署名嘆願中です。キリストの聖霊が宿る教会そのものが、すべて腐ったリンゴになれるとは、しぇるりんには思えません。

 

問題は、ロシア連邦の政治的覇権と戦争の問題を教会にわざわざ持ち込んだその狡猾な政治的意図です。ロシアでは「キリスト者として聖書の教えにある通りに平和を祈る」だけで、司祭が連行されるような状況です。

 

みことばのなかに「あなたに平和があるように」と祈られたイエス·キリストに倣って祈ったとしても、当局に逮捕される恐れがロシアにはあります。

 

ロシアで起きていることは、欧州に衝撃をもたらしました。キリスト·イエスにおいて結ばれた兄弟姉妹らが、公の場で平和を祈ることすら「違法行為」と名指しされかねないのです。

 

このまま対話ができない状況が続けば、第三次世界大戦が起こるか、ロシア連邦が崩壊するかのどちらかでしょう。

 

ロシア正教会がその信仰と典礼を守り、洗礼の秘蹟を継承し続けることは大切だ、としぇるりんは思います。

 

ただ、ロシア正教会の思い通りになる「カトリック教会」をロシア連邦国民が求めるのは、筋違いだと思います。

 

カトリック教会は、東方教会を変えようとか、弾圧しようなどの行為は何も行っていません。むしろ、ロシアの回心を祈った時代、ロシア国内ではカトリック教会が弾圧されていました。

1960年代の第二バチカン公会議、1970年代の教会刷新運動、1970年代中盤以降の解放神学などの具体的な動きが、一部の正教会派の方々に「キリストと共に、自分たちの教会は共同体としてどう生きるのか?」の参考とヒントになったことは否めません。

 

ウクライナ正教会は現在、いま起きている戦争に対し「中立」を宣言しています。モスクワ派の美しい教会の多くはロシア軍の空爆で破壊されましたが、やはり中立を守っています。

 

主日の礼拝を墓地で行い、主イエス·キリストの教えを人々に説き、祈り、教会を守っています。いつの日か、共同体とともに祈る日のために、主の家を残したいのです。

 

問題は、わたしたち「西方教会」は、「東方教会の一部の信者さんは、真面目に西方教会に追い詰められている。西方教会は、東方教会とその文化を破滅させようとしている」と言う誤解を受けていることを、真摯に受け止めることです。

 

時代は変わり、ひとの考え方や認識も変わりました。

 

たとえば、第二バチカン公会議の頃は極端な考え方だと思われていた「女性や非白人の基本的人権の尊重」が、徐々に世界の当たり前になって来ています。

また、歴史的認識や世界観もずいぶん変わりました。

 

イエス·キリストの教えは、むかしも今も変わっていません。愛·信頼·希望を持ち、聖母マリアのみ手に祈りを委ね、誤解を解き、対話の道をひらくことです。

 

カトリック教会は、別に世界のキリスト教をカトリック教会の教えに「帰正させてみせるぞ!」なんて思っていないと信じます。

 

この点が誤解されているなら、わたしたちは聖なる普遍の教会の信徒としてその誤解をも受け止め、カトリック教会の各司教区·地域·出身国の多様性とキリスト·イエスの教えの普遍性について、あらためて考える時だと思います。

 

皆さんは、どう思われますか。日本では「解放神学」はほとんど知られていないので、実感が湧かないかもしれません。

 

いつくしみの主日に、そして正教会のご復活の主日(4月24日)に、主の教えを冒涜する空爆が起きないよう祈りましょう。

 

どうぞ、ご無事で。新型コロナ禍は、どうもこれからが本番のようです。

 

 

 4月24日(日·主·白) 復活節第2主日

(神のいつくしみの主日)

第一朗読:  使徒言行録5·12-16

答唱詩篇; 87①②③(詩編118·1+2,16+17,22+23)第二朗読: 黙示録1·9-11a,12-13,17-19

(復活の続唱351番)

アレルヤ唱: 264(第2 主日)(ヨハネ20·29)

福音朗読: ヨハネによる福音書20·19-31

 

(カトリック中央協議会《教会暦と聖書朗読2022年C年》より引用しました。聖週間~復活の八日間の典礼については別冊をご参照下さい。)

動画配信情報(4月22日午後時点):敬称ほぼ略

 

緊急事態宣言中・医学的パンデミック中は、公開ミサ全面中止、動画ミサ配信のみ、予約制・人数制限のある小教区・教区・大教区もあります。体調に不安のある方、高齢者と同居されている方だけでなく、教会共同体への愛のためにも、ご自宅で安心してあずかれる動画ミサで教会の祈りに参加しましょう。主日のミサ免除の規定など、詳しくは所在地の教区、大教区の教区長、小教区主任司祭および教会委員会のガイドラインをご確認ください。2022年1月14日以降、サムネイル事前告知のないカトリック教会のチャンネルについては、チャンネルのみのご紹介とします。

 

カトリック東京大司教区

登録チャンネル: こちら

 

「シノドスへの歩み」第三十二回 東京教区のこれまでの歩みを振り返るその二 1980 年代の東京教区:ヨハネ・パウロ二世教皇来日からNICE-1 へ

こちら

  

カトリック関口教会 

復活節第2主日(4月24日、10:00~)

こちら

 

St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会(旧:聖イグナチオ教会事務室) 

St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会

こちら 

※当日配信&サムネイルの更新が土曜日のようです。

 

Please register “St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会” for further information. 

 
Với những thông tin về các Thánh Lễ được phát trên YouTube sắp tới đây, xin vui lòng đăng ký vào trang của 『St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会』( Văn Phòng Nhà Thờ Thánh Inhaxio)

Por favor regístrese  “San Ignacio, Tokio, Centro Loyola.

 

カトリック高円寺教会

チャンネル登録:こちら 

*サムネイル事前登録がありません。

 

カトリック吉祥寺教会 青年会若葉

チャンネル登録:こちら

2022.4.16 18:30 復活の聖なる徹夜祭ミサ ライブ配信 Live Mass 

こちら 

2022.4.17 10:30 復活の主日ミサ ライブ配信 Live Mass 

こちら

カトリック吉祥寺教会は、上記の大祝日には入場者制限があるため青年会がライブ配信する、とのことです。

カトリック碑文谷教会

チャンネル登録:こちら

 

カトリック葛西教会チャンネル

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック葛西教会/復活節第2主日 ミサ・ライブ配信~2022年4月24日(日)10時

こちら

江戸川区近辺の皆さま、カトリック葛西教会のミサ・ライブ配信を確認しました。

 

カトリック潮見教会(Shiomi Kyokai Channel)

チャンネル登録:こちら 

※ 主日ライブ配信のチャンネルです。

  

尊者エリザベト北原玲子を守護の聖人とする、おなじみカトリック潮見教会さんが動画ミサ配信をしているのをやっと見つけました。ライブ配信です。

カトリック本所教会 

チャンネル登録:こちら 

mass4/24 復活節第2主日10:00~

こちら


横浜教区(登録チャンネル名:catholicyamate) 

登録チャンネル:こちら 

 

復活節第2主日 ~ カトリック山手教会 ~(2021年4月24日11:25~)

こちら 

2nd Sunday of Easter (Divine Mercy) | Sacred Heart Cathedral Yokohama(24th Apr. 2022, 9:25~Live Streaming)

HERE 

カトリック末吉町教会
登録チャンネル:こちら 

※ ライブ配信チャンネルです。

 

末吉町教会教会学校

登録チャンネル:こちら

 

教会学校のチャンネルをやっとみつけました。探してたのに…。

 

カトリック保土ヶ谷教会

登録チャンネル:こちら  

2022年4月15日 聖金曜日(主の受難)19:00~

こちら

※ 聖なる復活徹夜祭と復活の主日のライブ配信もあるはずです!

カトリック鍛冶ケ谷教会青年会

チャンネル登録: こちら   

復活節第2主日 ミサ 生配信(2022年4月24日10:30~)
こちら  

 

カトリック大船教会

【ミサ】復活節第2主日 2022年4月24日9:30~

こちら

 

カトリック平塚教会

チャンネル登録:こちら        

復活節第2主日(神のいつくしみの主日)(4月24日 9:30:ミサ)

こちら

 

カトリック雪ノ下教会(yukinoshita church)

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック鷺沼教会

チャンネル登録:こちら

 

カトリック二俣川教会

登録チャンネル:こちら

カトリック二俣川教会ホームページからも見られます。

 

カトリック太田教会(さいたま教区、群馬県)

チャンネル登録:こちら

  

さいたま教区(群馬県)のカトリック太田教会さんのミサ動画録画配信を確認しました。

カトリック加須教会

チャンネル登録:こちら 

カトリック加須教会  復活節第2主日(神のいつくしみの主日)ミサ  2022年4月24日 14:00

こちら

 

さいたま教区(埼玉県)のカトリック加須教会さんのチャンネルをやっとヒットしました!

 

札幌教区「日ごとの福音テレビ」

日毎の福音チャンネル: こちら  

復活節第2主日のミサ・日ごとの福音テレビ (4月24日07:00~)

こちら

カトリック新潟教区

チャンネル登録: こちら 

2022年・成井司教復活祭メッセージ

こちら

 

カトリック広島教区「平和の使徒推進本部」Catholic Hiroshima Diocese

 

広島教区ライブミサ配信は、カトリック幟町教会チャンネルさんが主体です。世界平和記念聖堂が、とても美しいです

カトリック幟町教会の登録チャンネル:こちら
  

2022年4月24日 - 復活節第2主日(神のいつくしみの主日)ミサ -

こちら

Diocese of Fukuoka カトリック福岡司教区 

※当日更新をご確認ください。

直方カトリック教会の動画

チャンネル登録:こちら 

※ライブ配信チャンネルです。

 京都 みんなで捧げるミサ

登録チャンネル: こちら 

 

京都洛北ブロック主日ミサの登録チャンネル名が変更になりました。

※ 主日前の土曜日ライブ配信です。

 

カトリック名古屋教区- Nagoya Diocese

登録チャンネル: こちら

 

カトリック安城教会(Kyokai AnjoTv)

登録チャンネル: こちら 

※ 当日ライブ配信です。

 

やっとヒットしました。愛知県のカトリック安城教会さんのミサ配信です。

 

カトリック岐阜教会

登録チャンネル:こちら

※ 当日ライブ配信です。

 

カトリック南山教会

登録チャンネル:こちら 

 

カトリック岸和田教会michael 

※ 当日ライブ配信です。

 

Sacra Familia Osaka

(サグラダファミリア・カトリック大阪梅田教会)
チャンネル登録:こちら 

※ 当日ライブ配信です。

カトリック大阪梅田教会さんのミサ配信続いてます。大阪大教区の皆さん、大阪人のみなさん、ぜひチャンネル登録お願いします!

 

カトリック和歌山紀北教会-屋形町聖堂

チャンネル登録:こちら    

 

ミサ(復活節第2主日)神のいつくしみの主日10:15~

こちら 

 

カトリック仁川教会

チャンネル登録:こちら 

 

兵庫県西宮市のカトリック仁川教会💒さんをやっと見つけました。正直、関西地方の地名はよく判らない所も多いので、失礼しました!

 

酒井俊弘司教

チャンネル登録:こちら 

 

新しいチャンネルを見つけました。

 

カトリック鹿児島教区

登録チャンネル:こちら 

 

Roman Catholic Archdiocese of Nagasaki

カトリック長崎大司教区登録チャンネル:こちら 

 

カトリック黒島教会福音宣教部

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック平戸口教会

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック司祭・修道院の登録チャンネルのご紹介;

名古屋教区内 

Kataoka Yoshihiroチャンネル登録: こちら

 

Hiro Francisco(カトリック大和高田教会)

チャンネル登録:こちら 

 

ドミニコの友OP(カトリック松山教会)

チャンネル登録:こちら

チャンネル名が「Antonio Lee, OP」から「ドミニコの友OP」に変更になりました。

  

聖パウロ修道会サンパウロ

登録チャンネルURL: こちら 

 

第74回 西坂の殉教者・ジュリアン中浦【カトリック入門】※字幕付き

こちら 

カトリック入門、今回は西坂の殉教者・ジュリアン中浦のご紹介です。

 

カルメル会上野毛修道院チャンネル登録:こちら

 

サレジオ会日本管区チャンネル登録: こちら 

 

主に平日ミサは小立神父の「ぼっちミサ」へどうぞ!
小立花忠チャンネル: こちら

毎日、平日ミサなら「ぼっちミサ」カトリック彦根教会の小立神父司式でどうぞ!

 

迫真のぼっちミサ、ついにC年まで続いています。基礎疾患がある、平日ミサがないとどうも元気の出ない方はぜひどうぞ!(継続中を確認済)

 

Gerard GOUINEAUグイノジェラール

チャンネル登録:こちら

 

🐏【2022年4月の窓-アリス イン イースターランド】Alice and Easter land👱‍♀️🐇🏬 アリスと復活祭

こちら 

復活祭とアリスの関係は?が謎です。

 

「聖イグナチオの霊操」第43回『マグダラのマリアへの出現』(第4週)

こちら

 

聖イグナチオの霊操シリーズ情報更新!

 

※YOUTUBEでのチャンネル登録者数や再生回数の増加、および操作回数とわたしの検索頻度により、ライブ&動画配信情報に時差が生じております。ご容赦ください。また、掲載されていないカトリック教会のミサが多々あると思われますが、増減する動画配信に一人で検索する限界を感じています。全国で公開ミサが行われるようになり次第、ライブ配信・動画情報提供も終了いたします。

 

 

霊的読書(レクチオ・ディヴィナ)とは、聖書(主に福音書)などを音読し、その中の「ちょっと気になる一句」に心を留めて、祈りのうちに神さまを思い、その一句を通して神さまと語り合うことを指します。ブログ中の聖書の解釈に関する内容は、しぇるりん個人の感想です。聖句そのものと、地理、人間関係などの事実関係は、特別な記載がないものは、日本聖書協会2008年版≪新共同訳 新旧約聖書続編つき≫の解説部分に依拠しています。詳しくは、日本聖書協会発行の≪新共同訳 新約聖書≫≪新共同訳 聖書≫をご参照ください。なお、ミサの朗読福音は、カトリック中央協議会発行の《毎日のミサ》によります。

 

モルモン教、ものみの塔(エホバの証人)、世界基督教統一神霊協会(統一教)、新天地イエス教証しの幕屋聖殿、Apostolic Catholic Church(カトリック使徒教会)は正統派のキリスト教ではありません。「カルト宗教」です。ご注意下さい

 

「しぇるりん」になりすまし、他の方のブログにコメントを書き込む事例があるとのご指摘を受けました。私は他のブログに書き込みをしません。また「しぇるりん」を騙るニセブログもあるようですが、このブログの書き手とは別人です。ご注意下さい。

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村←ポチッとしてください。励みになります。 ポチッとよろしく!

 

English blog is also available http://shelillelinnecatholictipoff.blogspot.jp/

 

定番の聖書なら→日本聖書協会《新共同訳 新約聖書詩編付》

 



わかりやすいと大好評のカトリック入門書

 



カトリック書籍と聖具は定価で買えるドンボスコ社HPからどうぞ!

 

ドンボスコ社ネットショップ

 





Helps meditation and lectio divina according to the Benedictine monastic spirituality.

 



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ<br/><a href=にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへにほんブログ村 カトリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
<
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ポチッとしてください。励みになります。 ポチッとよろしく!





« 2022年受難の主日〜復活の主日: 聖金曜日に解放神学のその後とカトリック教会の社会的役割を想う | トップページ | 2022年神のいつくしみの主日〜復活第3主日: 天国に入れるのは…? »

キリスト教エッセー」カテゴリの記事