フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • ブログランキング


    人気ブログランキングへ
  • 日本ブログ村

« 2022年間第八主日〜四旬節第一主日:ウクライナの平和とロシアの回心のためにお祈りください! | トップページ | 2022年四旬節第一主日〜四旬節第二主日: セントパトリックデーに想う »

2022年3月11日 (金)

2022年四旬節第一主日〜四旬節第二主日:原発忌と原発危機を迎えて

Theotokos_iverskaya現代世界は強力でもあり無力であり、善意と最悪の可能性をもち、自由か屈服、進歩か退歩、友愛か憎しみのいずれにも道が開かれている。しかも、人間が発明した力は、人間を苦しめることも人間に仕えることもでき、それを正しい方向に向けることは自分の責任であることを人間は自覚している。

 

そこで、人間は自分がいったい何であるかと自問する。

 

実のところ、現代世界が悩んでいる不均衡は、人間の心の中に根を張っているいっそう根本的な不均衡と関連がある。

 

事実、人間自身の中では多くの要素が互いに対立している。人間は、一方では被造物として多くの面において自己の限界を体験するが、他方では人間のあこがれには限りがなく、いっそう高度の生命へ招かれていることを感じる。

*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

(毎日の読書·四旬節第一土曜日の第二朗読「第二バチカン公会議『現代平和憲章』人間の基本的問題より抜粋)

 

お元気ですか。ご無事ですか。しぇるりんです。(^ ^)

 

前回のブログで募ったヘルソン市の募金は無事、満額に達して終了いたしました。ご協力いただいた皆さん、ありがとうございます。

 

奇しくも今日は11年目の福島原発忌です。2011年3月11日、津波にのまれる前に、福島原発は危機状態にあったと伝えられています。10年目を「節目」だと決めつけられたようですが、当事者の方は今も苦しんでいるでしょう。

 

奇しくもウクライナでは、ロシア軍侵略によるチェルノブイリ原発の電源喪失、およびザポロージエ原発への武力攻撃、原発の不法占拠を盾に戦争を行う、さらに痛ましい人災が起きています。

 

3月は、原発災害を忌む月になりつつあります。わたしたち日本のカトリック信徒にできることはごく限られています。そこで、今回は教会では話しづらい「ロシア軍によるウクライナ侵略」についての、キリスト教世界の背景についてお話ししたいと思います。

 

これから話題になるであろう「コンスタンチノープル総主教座とモスクワのロシア正教会の関係断絶」が「他の正教会での相互領聖をゆるさない」厳しい措置であったことの意味と、その歴史的·文化的背景についてのご紹介です。

 

  • スターリン時代の赤い飢餓とウクライナ独立への想い

 

2020年8月公開の《赤い闇- スターリンの冷たい大地で》という映画をご存知でしょうか。2022年3月2日にDVD/ブルーレイで発売になりました。

 

スターリンがヒットラーと双璧であった時、豊かなる実りの大地ウクライナの穀物がすべてロシアに収奪され、数百万人の餓死者を出した人災の飢餓です。

 

ビクトリア王朝時代のアイルランドで起きた大飢饉に構造的には似ていますが、凍てついたウクライナの大地にはジャガイモがありませんでした。

 

文字通り、人肉を喰べて生き延びる惨状が起きました。1933年〜のスターリン時代に数百万人のウクライナ人が組織的に餓死に追い込まれたとも言われる、「赤い飢餓」「ホロドモール」は、Google検索でも情報がなく、いまだ政治的ジェノサイド(虐殺行為)として告発もされていません。

 

「赤い飢餓」は東欧圏でやっと知られているぐらいの「歴史的大惨事」で、ソビエト·ロシア内の強制収容所での強制労働·生命への冒涜行為の中でも歴史的評価という距離感が持てていません。

 

実際にウクライナ人の同僚は、「英語を習う時、サンキューとかを言うタイミングなど西欧社会のしきたりも授業で習うの。こっちには、「ありがとう」なんて言う習慣がなくてね」と言われて面食らったことがあります。

 

凍てついたウクライナ人の心を激しく揺り動かしたのが、2014年のロシアによるクリミア半島占領です。

 

ウクライナのロシアからの完全な独立は、長年準備されていたようです。

 

クリミア半島のロシア支配が始まった時点で、ウクライナは、キエフ派とモスクワ派に分かれていた二つの正教会を「ロシア正教会内の一宗派」ではなく、一つの「ウクライナ正教会」として独立できるよう、コンスタンチノープル対外総主教座に求めました。

 

2016年〜ウクライナ正教会のクリスマスは、ウクライナ西部の東方典礼カトリック教会および、一部のローマ典礼カトリック教会のクリスマスと並行して、国の祝日になりました。

 

2018年、コンスタンチノープル総主教座は、ウクライナ正教会の独立をギリシャ正教会など各国の首教座とも論議し、承認しました。

 

その時、ウクライナ正教会の独立に反対したのはモスクワのロシア正教会首教座です。政教分離(State and Church)原則に反する可能性を鑑み、コンスタンチノープル総主教座は、ロシア正教会を他の正教会で「相互領聖」はできない、と宣言しました。

これは、11世紀の東西教会やプロテスタント教会との「亀裂」レベルの大事件でした。

 

  • 相互領聖がゆるされない現状の重み

 

相互領聖は「Full Communio」を指します。文字通り「すべての教会の交わり」を意味します。

 

カトリック教会のミサは、「入祭式」「みことばの祭儀」「奉納の祭儀」と「聖餐式」「司祭の祝福」などから成り立つ交わりの祭儀です。

 

カトリック教会では、お聖堂のご聖櫃に聖体安置ができ、ご聖櫃には赤いランプが灯されています。

 

プロテスタント教会では、ご聖体安置と司祭が司式する聖餐式を行えません。唯一、カルビンやルターの教えに近い教会の洗礼は「同じキリストの民」としてカトリック教会と共有しています。

 

具体的に言えば、たとえばメソジスト派や長老会派の信者さんがカトリック教会の信徒になる場合、再度洗礼をうけることはできません。

 

これは中世〜ルネサンスの伝統のままに「カトリック教会への帰正」だという解釈だからです。

 

この場合は受洗教会で洗礼証明書をもらい、「洗礼式」ではなく「回心式」と「初聖体拝領」の儀式を行うのです。

 

現在のロシア正教会の「コンスタンチノープル総主教座との相互領聖不可」は、カト·プロの「離れた兄弟」よりずっと厳しい状態です。

 

カトリック教会の聖餐式には「世界に広がるあなたの教会を思いおこし、私たちの教皇フランシスコ、わたしたちの司教(大司教) XXとすべての教役者を心に留め…」と、司祭が祈ります。

 

この部分を正教会の降神祭(=クリスマス)では、コンスタンチノープル総主教座に属する世界中の「首教座」の名+所属教区の主教(大主教)の名を呼ぶことになっているようです。

 

ウクライナ正教会の独立後、ロシア正教会との「Full Communio」をコンスタンチノープル総主教座に倣い断絶した正教会はギリシャ正教会をはじめ世界各国に数多くあります。

 

つまり「世界に広がるあなた(=神)の教会」から、ロシア正教会はクリミア半島占領後のウクライナ正教会独立に政治的な理由で反対し、いまも「すべての神の民の交わり」から微妙に「除け者」状態です。

 

具体的なコンスタンチノープル総主教座の聖シノド(宗務院)の定めは、次の通りです。

 

ロシア正教会の聖職者がカトリック教会で言うところの聖餐式を行う、ロシア正教会の信徒が聖餐式にあずかることが禁じられただけではなく、洗礼を含む七つの秘蹟を信徒が受けることもダメ…という厳しい「関係断絶」です。

 

ハリストス日本正教会は、在日ロシア人と在日ウクライナ人の葛藤を避けるため、東京では聖公会の教会を借りてウクライナ正教会の礼拝を定期的に行なっているようです。

 

ウクライナ正教会ではこれを「東西教会やカト·プロ間に起きた歴史的シスマ(亀裂)ではない」と主張し、2017年のクリスマスにも「モスクワのキリル一世首教座」を讃えています。

 

「世界に広がるあなたの教会を思い起こし…」という祈りの神の交わりからの孤立は、「交わりのなかの交わり」にあるべき神の民の教会の十字架のいたみです。

 

それでも公式にロシア正教会の聖職者と信徒が正教会世界での神の交わりに立ち帰るよう祈るよう、カトリック教会で公式に呼びかけられないのはやはり東西教会のシスマ(亀裂)、外交や政治的配慮などの問題があるからのようです。

 

たとえ幼児洗礼の冠婚葬祭信者以上の何者でもない人も、ロシア正教会信徒は、ロシア正教会以外ではキリストの名によって「洗礼を受けられない」状態にあるのは、対話と祈りの余地のある「シスマ(亀裂)」よりさらに深い闇です。

 

ロシア正教会の過去三年間の歩みは、キリストの交わりの教会のなかで、まさに今、キリストのみ手とみ足の釘跡から赤い血が流れ出ている痛みです。

 

ツイッターで「説教で『キリスト教がキリスト教を殺すのは良くない』と言い、説教後の祈りで『ウクライナの平和のために祈りましょう』と呼びかけた司祭が、ロシア警察に拘束された」という話も出ていました。

 

「神の民の交わりと集い」で司祭が呼びかける説教の内容や祈りのことばまで、日本で言うところの公安警察の検閲を受ける状態は、決して他人事とは言えません。

 

戦前·戦中の日本でも、同じことが起きていたからです。

 

ウクライナ正教会の独立に伴う今回のロシアによるウクライナ侵略は、単に政治的な意味合いで第三次世界大戦の勃発危機であるだけでなく、神の民の交わりと集いの危機と言えましょう。 

 

原発を質に取る今回の攻撃が、福島原発忌の月に起きたのは耐え難い人類の痛みです。

 

ファティマの聖母、ルルドの聖母のとりなしを求めて祈りましょう。

戦争は敵だ、悪だ…と言うだけでは済まない問題です。一日もはやく、ロシア正教会が正教会世界での「神の民の交わり」に戻るよう祈りたいです。

 

ウクライナには8割ほどのウクライナ正教徒のほか、西ウクライナにおよそ1〜2割ほどカトリック信徒もいて、平和共存してきたと言います。

 

また、政教分離(State and Church)を守れないと、信仰生活や七つの秘蹟に与る慣習にまで影響を及ぼすことも、今回の戦争で学びました。

 

原発危機で苦しむ人々のためにも祈りましょう。

 

どうぞご自愛ください。新型コロナもステルス·オミクロンBA2株の流行が、すでに始まっています。早期発見·早期治療が大事です。ご無事で。

 

 

3月 13日 日·主·紫  四旬節第 二主日

第一朗読: 創世記 15·5-12 17-18 

答唱詩篇: 73①②③    詩編27·1 4 7 8 

第二朗読: フィリピの信徒への手紙3·17~4·1 △ 3·20~4·1 

詠唱:260 第2 主日  マルコ9·7   

福音朗読: ルカによる福音書9·28b-36 

 

 

(カトリック中央協議会《教会暦と聖書朗読2022年C年》より引用しました。)

動画配信情報(3月11日午後時点):敬称ほぼ略

 

緊急事態宣言中・医学的パンデミック中は、公開ミサ全面中止、動画ミサ配信のみ、予約制・人数制限のある小教区・教区・大教区もあります。体調に不安のある方、高齢者と同居されている方だけでなく、教会共同体への愛のためにも、ご自宅で安心してあずかれる動画ミサで教会の祈りに参加しましょう。主日のミサ免除の規定など、詳しくは所在地の教区、大教区の教区長、小教区主任司祭および教会委員会のガイドラインをご確認ください。2022年1月14日以降、サムネイル事前告知のないカトリック教会のチャンネルについては、チャンネルのみのご紹介とします。

 

カトリック東京大司教区

登録チャンネル: こちら

2022年四旬節 菊地功大司教メッセージ

こちら 

 

「シノドスへの歩み」第二十五回 みことばと共に 2022年3月6日四旬節第一主日C

こちら

  

カトリック関口教会 

※サムネイルが見つかりません。

 

St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会(旧:聖イグナチオ教会事務室) 

St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会

こちら 

※サムネイルの更新が土曜日のようです。

 

Please register “St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会” for further information. 

 
Với những thông tin về các Thánh Lễ được phát trên YouTube sắp tới đây, xin vui lòng đăng ký vào trang của 『St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会』( Văn Phòng Nhà Thờ Thánh Inhaxio)

Por favor regístrese  “San Ignacio, Tokio, Centro Loyola.

 

カトリック高円寺教会

チャンネル登録:こちら 

*サムネイル事前登録がありません。

 

カトリック吉祥寺教会 青年会若葉

チャンネル登録:こちら 

カトリック吉祥寺教会は、上記の大祝日には入場者制限があるため青年会がライブ配信する、とのことです。

カトリック碑文谷教会

チャンネル登録:こちら

 

カトリック葛西教会チャンネル

チャンネル登録:こちら 

カトリック葛西教会/四旬節第2主日 ミサ・ライブ配信~2022年3月13日(日)10時

こちら 

江戸川区近辺の皆さま、カトリック葛西教会のミサ・ライブ配信を確認しました。

 

カトリック潮見教会(Shiomi Kyokai Channel)

チャンネル登録:こちら 

※ 主日ライブ配信のチャンネルです。

  

尊者エリザベト北原玲子を守護の聖人とする、おなじみカトリック潮見教会さんが動画ミサ配信をしているのをやっと見つけました。ライブ配信です。

カトリック本所教会 

チャンネル登録:こちら

mass3/13 四旬節第2主日10:00~

こちら


横浜教区(登録チャンネル名:catholicyamate) 

登録チャンネル:こちら                 

 

四旬節第2主日 ~ カトリック山手教会 ~(2021年3月13日11:30~)

こちら  

 

2nd Sunday of Lent | Sacred Heart Cathedral Yokohama(13th Mar. 2022, 9:25~Live Streaming)

HERE 

 

カトリック横浜司教区 司祭叙階式(2021年3月21日13:00~) アウグスチノ水上健二助祭

こちら  

 

カトリック末吉町教会
登録チャンネル:こちら 

※ ライブ配信チャンネルです。

 

末吉町教会教会学校

登録チャンネル:こちら

 

教会学校のチャンネルをやっとみつけました。探してたのに…。

 

カトリック保土ヶ谷教会

登録チャンネル:こちら  

           

2022年3月13日 四旬節第2主日(10:00~)

こちら   

 

カトリック鍛冶ケ谷教会青年会

チャンネル登録: こちら          

 

四旬節第2主日 ミサ 生配信(2022年3月13日10:30~)
こちら 

 

カトリック大船教会

登録チャンネル:こちら      

 

【ミサ】四旬節第2主日 2022年3月13日9:30~

こちら

 

カトリック平塚教会

チャンネル登録:こちら        

四旬節第2主日(3月13日 9:30:ミサ)

こちら

 

カトリック雪ノ下教会(yukinoshita church)

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック鷺沼教会

チャンネル登録:こちら

 

カトリック二俣川教会

登録チャンネル:こちら

カトリック二俣川教会ホームページからも見られます。

 

カトリック太田教会(さいたま教区、群馬県)

チャンネル登録:こちら

  

さいたま教区(群馬県)のカトリック太田教会さんのミサ動画録画配信を確認しました。

カトリック加須教会

チャンネル登録:こちら 

カトリック加須教会 四旬節第2主日ミサ 2022年3月13日 14:00~

こちら

 

さいたま教区(埼玉県)のカトリック加須教会さんのチャンネルをやっとヒットしました!

 

札幌教区「日ごとの福音テレビ」

日毎の福音チャンネル: こちら 

※サムネイルの事前登録がありません。

カトリック新潟教区

チャンネル登録: こちら 

 

カトリック広島教区「平和の使徒推進本部」Catholic Hiroshima Diocese

 

広島教区ライブミサ配信は、カトリック幟町教会チャンネルさんが主体です。世界平和記念聖堂が、とても美しいです

カトリック幟町教会の登録チャンネル:こちら
  

2022年3月13日 - 四旬節黙想会 -

こちら

 

2022年3月13日 - 四旬節第2主日ミサ (洗礼志願式)  -9:30~

こちら

Diocese of Fukuoka カトリック福岡司教区

  

直方カトリック教会の動画

チャンネル登録:こちら 

※ライブ配信チャンネルです。

 京都 みんなで捧げるミサ

登録チャンネル: こちら 

 

京都洛北ブロック主日ミサの登録チャンネル名が変更になりました。

※ 主日前の土曜日ライブ配信です。

 

カトリック名古屋教区- Nagoya Diocese

登録チャンネル: こちら

 

カトリック安城教会(Kyokai AnjoTv)

登録チャンネル: こちら 

※ 当日ライブ配信です。

 

やっとヒットしました。愛知県のカトリック安城教会さんのミサ配信です。

 

カトリック岐阜教会

登録チャンネル:こちら

※ 当日ライブ配信です。

 

カトリック南山教会

登録チャンネル:こちら 

 

カトリック岸和田教会michael 

※ 当日ライブ配信です。

 

Sacra Familia Osaka

(サグラダファミリア・カトリック大阪梅田教会)
チャンネル登録:こちら 

※ 当日ライブ配信です。

カトリック大阪梅田教会さんのミサ配信続いてます。大阪大教区の皆さん、大阪人のみなさん、ぜひチャンネル登録お願いします!

 

カトリック和歌山紀北教会-屋形町聖堂

チャンネル登録:こちら    

 

ミサ(四旬節第2主日)2022年3月13日 10:15~

こちら 

 

カトリック仁川教会

チャンネル登録:こちら 

 

兵庫県西宮市のカトリック仁川教会💒さんをやっと見つけました。正直、関西地方の地名はよく判らない所も多いので、失礼しました!

 

酒井俊弘司教

チャンネル登録:こちら 

 

新しいチャンネルを見つけました。

 

カトリック鹿児島教区

登録チャンネル:こちら 

 

Roman Catholic Archdiocese of Nagasaki

カトリック長崎大司教区登録チャンネル:こちら 

 

カトリック黒島教会福音宣教部

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック平戸口教会

チャンネル登録:こちら 

2022年3月5日土曜日(四旬節第1主日・紫)19:00~

こちら

 

カトリック司祭・修道院の登録チャンネルのご紹介;

名古屋教区内 

Kataoka Yoshihiroチャンネル登録: こちら

 

Hiro Francisco(カトリック大和高田教会)

チャンネル登録:こちら 

 

ドミニコの友OP(カトリック松山教会)

チャンネル登録:こちら

チャンネル名が「Antonio Lee, OP」から「ドミニコの友OP」に変更になりました。

  

聖パウロ修道会サンパウロ

登録チャンネルURL: こちら 

 

第68回 小倉・大分・熊本の殉教者【カトリック入門】※字幕付き

こちら 

カトリック入門、今回は小倉・大分・熊本の殉教者のご紹介です。

 

カルメル会上野毛修道院チャンネル登録:こちら

 

サレジオ会日本管区チャンネル登録: こちら 

 

主に平日ミサは小立神父の「ぼっちミサ」へどうぞ!
小立花忠チャンネル: こちら

毎日、平日ミサなら「ぼっちミサ」カトリック彦根教会の小立神父司式でどうぞ!

 

迫真のぼっちミサ、ついにC年まで続いています。基礎疾患がある、平日ミサがないとどうも元気の出ない方はぜひどうぞ!(継続中を確認済)

 

Gerard GOUINEAUグイノジェラール

チャンネル登録:こちら

 

👨‍🏫【四旬節 黙想会】テーマ:イエスの手 講師=グイノ神父 2022年3月6日

こちら 

黙想会は短い方がいい!というせっかちさんにはオススメの長さです。

 

「聖イグナチオの霊操」第37回『ゲッセマネの園』(第3週)

こちら

 

聖イグナチオの霊操シリーズは、いつの間にやら進んでました。

 

※YOUTUBEでのチャンネル登録者数や再生回数の増加、および操作回数とわたしの検索頻度により、ライブ&動画配信情報に時差が生じております。ご容赦ください。また、掲載されていないカトリック教会のミサが多々あると思われますが、増減する動画配信に一人で検索する限界を感じています。全国で公開ミサが行われるようになり次第、ライブ配信・動画情報提供も終了いたします。

 

« 2022年間第八主日〜四旬節第一主日:ウクライナの平和とロシアの回心のためにお祈りください! | トップページ | 2022年四旬節第一主日〜四旬節第二主日: セントパトリックデーに想う »

キリスト教エッセー」カテゴリの記事