フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • ブログランキング


    人気ブログランキングへ
  • 日本ブログ村

« 年間第33主日-王であるキリストの祝日2021「オトナのための天地創造ものがたり」: ヨセフの涙 | トップページ | 王であるキリストの祝日2021-2022待降節第一週C年「オトナのための天地創造ものがたり」: ヤコブとヨセフの再会 »

2021年11月19日 (金)

年間第33主日-王であるキリストの祝日2021「オトナのための天地創造ものがたり」: 争わないでください

400pxur_chariot 「急いで父上のもとに帰って、伝えてください。「息子のヨセフがこう言っています。神が、わたしを全エジプトの主としてくださいました。ためらわずに、わたしのところへおいでください。」

 

(ゴシェン地域に住むように言い、ファラオが国中で最良のものがヨセフの一族のものになるようにと言った。兄弟たちに晴れ着、道中の食糧などを与え、特に弟ベニヤミンには銀三百枚と晴れ着5着を与えた。穀物、パンなどを積んだ雌ロバ十頭を贈り…。)

 

いよいよ兄弟たちを送り出すとき、出発にあたってヨセフは「途中で争わないでください」と言った。兄弟たちはエジプトからカナン地方へ上って行き、父ヤコブのもとへ帰ると、直ちに報告した。

 

「ヨセフがまだ生きています。しかも、エジプト全国を治める者になっています。」

 

父は気が遠くなった。彼らの言うことが信じられなかったのである。彼らはヨセフが話したとおりのことを、残らず父に語り、ヨセフが父を乗せるために遣わした馬車を見せた。父ヤコブは元気を取り戻した。

 

イスラエルは言った。

「よかった。息子ヨセフがまだ生きていたとは。わたしは行こう。死ぬ前に、どうしても会いたい。」

(創世記45:9, 24-28、一部要約)

 

お元気ですか。ご無事ですか。しぇるりんです。(^ ^)

 

毎日のように交通事故、窃盗、火災などの報道ばかりが続きます。為政者が報道を統制しているかのようです。

 

為政者の改心のために祈りましょう。

 

新型コロナ禍は、欧米では拡大傾向です。日本でちょっと収まっているように見えるのは、おそらく温暖化しすぎた気候が冬風邪の季節到来を遅らせているからでしょう。

 

毎日、朝晩以外は室温が20度超えの日々がまだつづいています。ワクチン接種も賛否両論があります。後遺症や副作用で苦しむ方々の話もSNSなどで出ていますが、まだ表面化していないようです。

 

新型コロナはエアボーン感染する疾患なので、当然ながら「呼吸するヒト」なら誰でも感染する可能性があります。

 

キリスト者としてわたしたちができるのは、新型コロナに誰それが感染した…と聴いた時「それは、あなたやあなたの家族の責任や罪じゃないわ。誰でもかかる病気よ。」と伝えられます。マスク·換気·社会距離で予防はできますが、100%万全な対策が見つかってはいないから「パンデミック」なのです。

 

経済的にはいろいろと厳しい状況が続きます。お金もモノもあればあるで問題が起きやすく、なければないで困窮します。

 

前回の、ヨセフは兄弟たちと和解をしました。今回は、エジプトの地に父ヤコブと群れと人々を連れてくるよう手配するところから始まります。

 

兄弟たちに贈り物を与えて「途中で争わないでください」と頼んだヨセフの想い、そしてイスラエルの決意、の二本立てでお送りします。

 

  • 途中で争わないでください

 

これを読むみなさんはオトナとして、ヨセフがエジプトの主となったのち、兄弟たちと再会した場面を思い描いてみましょう。

 

ヨセフだと知らなかったエジプトの高官に二年間ものあいだ、飢餓だけでも十分に日々苦しいのに、穀物の買い付けに行くたびに、何かと難癖をつけられ続けました。

 

兄弟シメオンが人質に取られたり、末弟ベニヤミンを連れてこいと言われて、父ヤコブと争い続けたり…の二年間です。

 

実はエジプトの高官はヨセフで、父ヤコブと末弟ベニヤミン、兄弟たちや群れの家畜と人々と和解したかったのだ…と知り、晴れ着に銀、たくさんの穀物やパン、果物などの他、父ヨセフを乗せる馬車まで用意してくれました。

 

ヨセフの兄たちの立場で考えてみましょう。これから飢餓の心配をしなくて済む、晴れ着に食べ物もたくさんある…これからは五年間飢餓が続いても、オレたちと家族は助かるんだ…。

 

もともと、ヨセフを穴に落とした時にもこの兄たちは何かと揉めていました。飢餓という天災から逃れる道を、ヨセフが示してくれました。

 

今回の件で活躍した末弟ベニヤミンとユダを除いた残りの兄弟たち…特にヨセフや父ヤコブの前で大活躍できなかった兄たちの立場で考えてみてください。

 

「だから、オレは言っただろう…」「主なる神に逆らうなって父さんが言った通りにオレは黙ってたんだ」的な言い争いが、またもや始まる可能性は十分にありました。

 

十一人も腹違いの兄弟がいると、いくら主なる神に忠実なヤコブの子であっても、兄弟げんかをせずには生きていけないものです。

 

ヨセフは、十一人の兄弟の10番目の弟として「争わないでください」と念押しせずにはいられませんでした。兄たちは「悪い人間じゃない」からこそ、カナン地方に戻る道筋でさんざん言い争い、父ヤコブをさらに悲しませる可能性があると思ったのでしょう。

 

徒歩で行く道中は長く、大勢のエジプトから共に来る「他人の目」があるとはいえ、ヨセフの兄弟同士の言い争いに口をはさめる立場ではありません。

 

ヨセフにも、エジプトのファラオの代理人という立場があります。兄たちが過ぎし日のような、「あの立派なヨセフの兄弟に相応しくない行動」を取ったら、エジプト定住後に傷つくのは兄たちの評判です。

 

「ひとの口に戸は立てられない」とはよく言ったもので、馬車を引くエジプトの奴隷や御者、十頭の雌ロバと荷物を率いる隊商と共に行動する面々に、この素晴らしいカナン地方への旅の話を家族や故郷の人々に話すな…とは言えません。

 

あなただって、フランスに出張などしたら何回もその話をするでしょう。まして、古代社会でこのような長旅の隊商に参加し、帰還したら、旅の話、見たり、聞いたりしたことを話すのは義務です。この時代、隊商で旅する人は、ニュースをもたらす素晴らしい存在でした。隊商で旅をするからこそ、旅を成し遂げる若さ、体力、気力とともに語り部の素質も仲間うちでは求められたでしょう。

 

ヨセフとて、自分の部下たちの前で兄たちが兄弟げんかをまたぞろ始めたら、オレのメンツはどうなるんだ…とハラハラしたでしょう。

 

兄たちは、今こそ話し合わなくてはならないことがあったでしょう。彼らにも誰がヨセフを穴に陥れたのか…どうしてだったのか…を父ヤコブに告白する時が来たからです。

 

いま、あなたはカナン地方へと向かう隊商の中の一人、または兄弟のひとりとして、彼らといっしょに聖書の旅をしてみましょう。

 

夜が明け、隊商は粛々と出発し、オアシスでの水調達の交渉、宿営地の決定、場合によっては宿営地を支配する一族への挨拶の品を整え、誰が行って何をどう交渉するか…など日々、生命がけの仕事が続きます。

 

その上、飢餓に見舞われているのは、ヨセフの一族やエジプトの人々だけではありません。通る道筋の人々はみな、飢餓で穀物を必要としているのです。武装勢力の略奪にも備えなければならなったでしょう。

 

多くの食糧や銀は、それらの武装襲撃から身を守るため、往復の貢物、そしてエジプトに戻る道筋で必要な食糧でもありました。たくさんあるようでも、よほど上手に倹約しないと往復できません。

 

この旅は、罪悪感がある·ない以上に実務上の難題続きだったでしょう。《創世記》は、敢えてこの旅について記していません。

 

だからこそ「争わないでください」という、ヨセフのことばの重みも「高官の命令、兄弟の助言」以上のものがあったと思うのです。

 

エジプトからカナン地方に戻る旅を、彼らと共に歩き、彼らの声に耳を澄ませましょう。そこには、主なる神がおられた静けさが人間的なあれこれのなかにあったとしぇるりんは思うのです。

 

  • 死ぬ前に、どうしても会いたい

 

《創世記》によれば、カナン地方に戻る旅路はつつがなく、無事に済んだようです。

 

ヨセフの兄たちもどうにか「争わずに」話し合い、父ヤコブにヨセフが生きていること、エジプトの「偉い人」が実はヨセフだったこと、ヨセフの言った通りのことをすべて父に伝えられました。

 

まあ、この場面はおそらく、カナン地方まで兄弟たちと共に来た隊商の関係者の目もあったと思われます。

わたしがヨセフなら、ユダヤ人の部下で自身の目と耳になれるぐらい優秀で主なる神を心から信じる人を、兄弟たちの「旅の相談役」としてつけておくでしょう。

 

それぐらいしても、十人の兄弟に昔ながらの「兄弟げんか」が勃発しないとは限らない状況だからです。

 

ここで《創世記》は父ヤコブから、「イスラエルは言った」という表現に変えます。

 

おそらく、家族のなかでは「父ヤコブ」が「お父さん!」の呼び名であったのでしょうが、群れの長として彼は「イスラエル」だったのです。

 

「よかった。息子ヨセフがまだ生きていたとは。わたしは行こう。死ぬ前に、どうしても会いたい。」

 

ここではイスラエルの「よかった」に心を留めてみましょう。

 

イスラエルは、我が子ヨセフを失ったと十年以上嘆き、飢餓の苦しみを乗り越えるため、老身を鞭打って群れのため、懸命に働き続けて来ました。溺愛するベニヤミンすら失うかもしれない不安を感じつつも、主のみ旨にすべてを任せようとして来たことでしょう。

 

主のみ心が与えた日々は、イスラエルにとって決して平穏無事ではありませんでした。

それでも、すべてを聴いた時「よかった」と言いました。

 

あなたが長い年月ひどい不安と経済的な危機に怯え、明日食べるものをどうしようかと、苦しんでいたとしましょう。

 

その苦しみがある日とつぜん、「さあ、エジプトに行きましょう。お父さんを迎えになくなったはずのヨセフが馬車をよこしました」と言われたのです。

 

老いたイスラエルの身になって考えてください。食糧不足や病いで泣く子へから配慮、群れの人々の内部紛争解決から外交に至るまで、ありとあらゆる「群れの長」という業務を、息子たちが不在のあいだ中、老身を鞭打って馬車馬のようにこなして来たのです。

 

ヨセフは、そんな父がエジプトまで旅するだけの体力が残っているかを心配して、馬車をよこしました。現代だと決死で生き残るために労苦していたら、ある日突然、メルセデスベンツの大型ワゴンクラスの高級車が迎えに来たようなものです。

 

イスラエルは、「死ぬ前に、どうしても会いたい」という思いで新たなる旅立ちを決意しました。日々の過酷な労働は、老いたイスラエルには大きな負担だったでしょう。

 

知らない地で、新たな生活を始めるだけの気力はない…とイスラエルは知っていたでしょう。それでも「死ぬ前にどうしても、失った息子ヨセフに会いたい」という気持ちで旅立ちを決意しました。

 

人は老いるほどに、追える未来の日々が残り少ないことに気づきます。自分の生命にはいずれ終わりがある事を、感じ始めます。

 

イスラエルも、その日までは壮年の頃よりずっと頑張って働いていた事でしょう。飢餓もあり、疲労も蓄積していたでしょう。

 

群れをまとめ、長年暮らしたカナン地方を離れて、エジプトの地に行く旅に耐えられる気力と体力を、冷静に考えてみたでしょう。そして、自分がこの旅から得られるのは「生きて、ヨセフに会いたい」だったのです。

 

特に中高年の皆さん、今の現実が見えてますか?若い世代は自分たちの未来が気候変動により狭められ、苦しみがあることに声をあげています。中高年になったわたしたちに出来るのは、若い世代は彼らなりに解決すべき課題を明確にすること、そして今のオトナに出来ることと出来ないことの区別を説明することです。

 

欲望はものごとの解決策になり得ませんが、誰もが生きるために希望が必要だ…ということを若い世代に対して説明し、何が出来るのかを考えねばなりません。

 

イスラエルは、主の示された道を「良い」と言い、老いた身を起こして旅立ちを決意しました。

 

あなたには、未来への希望がありますか?望みはなんですか?それは、我欲にまみれた欲望ではありませんか?

 

主なる神は、わたしの、あなたの心のなかにあるすべてをご存じです。老いるほどにすべてを主の手に任せる覚悟、変化する覚悟が求められるのだと、最近つくづく感じます。

 

ご自愛ください。どうぞ、ご無事で。

 

 

11月21日(日・祭・白) 王であるキリスト

第一朗読: ダニエル書7·13-14  

答唱詩篇: 39①②③(詩編93·1+2,3+4,5+栄唱)

第二朗読:ヨハネの 黙示録1·5-8 

アレルヤ唱: 266(王であるキリスト)(マルコ11·9b+10a)

福音朗読: ヨハネによる福音書18·33b-37

 

 

カトリック中央協議会《教会暦と聖書朗読2021年B年》より引用しました。)

 

 

動画配信情報(11月19日午後時点):敬称ほぼ略

 

緊急事態宣言中・医学的パンデミック中は、公開ミサ全面中止、動画ミサ配信のみ、予約制・人数制限のある小教区・教区・大教区もあります。体調に不安のある方、高齢者と同居されている方だけでなく、教会共同体への愛のためにも、ご自宅で安心してあずかれる動画ミサで教会の祈りに参加しましょう。主日のミサ免除の規定など、詳しくは所在地の教区、大教区の教区長、小教区主任司祭および教会委員会のガイドラインをご確認ください。

 

カトリック東京大司教区

登録チャンネル: こちら

「週刊大司教 第五十二回 年間第三十三主日

こちら 

 

「シノドスへの歩み」第六回 みことばと共に 2021年11月7日 年間第32主日B

こちら

 

カトリック関口教会

王であるキリスト 世界青年の日 ミャンマーデー(2021年11月21日10:00~) 

こちら

 

St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会(旧:聖イグナチオ教会事務室)

 

St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会

こちら 

 

23/11/2021(火) 10:10 AM 2021年度『教会黙想会 』こちら

 

14/11/2021(日) 10 AM 『年間第33主日 ミサ(子どもとともにささげるミサ)』(B年)

こちら 

14/11/2021, 12 PM, Sunday Mass (33nd Sunday in Ordinary Time) LIVE (英語ミサ)

HERE

 

Please register “St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会” for further information. 

 

14/11/2021, 15:00 PM; Chúa Nhật XXXIII Thường Niên, Ngày 14 tháng 11 lúc 15h(ベトナム語ミサ)

đây 

02/11/2021, 19:30 PM; Thánh Lễ Cầu Cho Các Hữu Đã Qua Đời Ngày 2 tháng 11 lúc 19h30(ベトナム語ミサ)

đây 


Với những thông tin về các Thánh Lễ được phát trên YouTube sắp tới đây, xin vui lòng đăng ký vào trang của 『St.Ignatius Catholic Church, Tokyoカトリック麹町 聖イグナチオ教会』( Văn Phòng Nhà Thờ Thánh Inhaxio)

San Ignacio, Tokio, Centro Loyola

Registrar canal: 

 

14/11/2021, 1:30 PM, Domingo 33 Del Tiempo Ordinario (Ciclo B) , Liturgia Del Domingo(スペイン語ミサ)

Aquí

Por favor regístrese  “San Ignacio, Tokio, Centro Loyola.

 

カトリック高円寺教会

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック吉祥寺教会 青年会若葉

チャンネル登録:こちら

 

カトリック吉祥寺教会は、上記の大祝日には入場者制限があるため青年会がライブ配信する、とのことです。

カトリック碑文谷教会

チャンネル登録:こちら

 

カトリック葛西教会チャンネル

チャンネル登録:こちら 

 

物故者追悼ミサ・ライブ配信~2021年11月23日(火・祝)10時 カトリック葛西教会

こちら

 

江戸川区近辺の皆さま、カトリック葛西教会のミサ・ライブ配信を確認しました。

 

カトリック潮見教会(Shiomi Kyokai Channel)

チャンネル登録:こちら 

 

【カトリック潮見教会】2021114 年間第33主日

こちら

 

尊者エリザベト北原玲子を守護の聖人とする、おなじみカトリック潮見教会さんが動画ミサ配信をしているのをやっと見つけました。

カトリック本所教会

登録チャンネル: こちら  

mass11/21 王であるキリスト(10:00~)

こちら


横浜教区(登録チャンネル名:catholicyamate) 

登録チャンネル:こちら               

 

カトリック山手教会 王であるキリスト(2021年11月21日11:25~)

こちら   

CHRIST THE KING(21st November 2021, 9:25~Live Streaming)

HERE 

 

カトリック末吉町教会
登録チャンネル:こちら 

 

2021年11月14日 年間第33主日 日本語ミサ  11:30~

こちら 

 

7 November 2021 32nd Sunday in Ordinary Time (B) Mass 14:00

こちら

 

末吉町教会教会学校

登録チャンネル:こちら

 

教会学校のチャンネルをやっとみつけました。探してたのに…。

 

カトリック保土ヶ谷教会

登録チャンネル:こちら                

2021年11月21日 王であるキリスト(10:00~)

こちら   

 

カトリック鍛冶ケ谷教会青年会

チャンネル登録: こちら          

 

王であるキリスト ミサ 生配信(2021年11月21日8:20~)
こちら 

 

 

カトリック鍛冶ヶ谷教会の青年会が10月25日~ 8:30にライブ配信しております。サムネイル登録、ありがとうございます。

 

カトリック大船教会

登録チャンネル:こちら    

 

【ミサ】王であるキリスト 2021年11月21日9:30~

こちら 

 

カトリック平塚教会

チャンネル登録:こちら        

 

王であるキリスト(年間第34週)(11月21日 9:30:ミサ)

こちら

カトリック雪ノ下教会(yukinoshita church)

チャンネル登録:こちら

 

カトリック雪ノ下教会 主日ミサ(2021.11.14)

こちら

 

カトリック鷺沼教会

チャンネル登録:こちら

 

カトリック二俣川教会

登録チャンネル:こちら

 

カトリック二俣川教会 年間第33主日ミサ 録画配信

こちら

 

カトリック二俣川教会ホームページからも見られます。

 

カトリック太田教会(さいたま教区、群馬県)

チャンネル登録:こちら

 

ミサカトリック太田教会 年間第33主日ミサ(B年)

こちら

 

さいたま教区(群馬県)のカトリック太田教会さんのミサ動画録画配信を確認しました。

 

札幌教区「日ごとの福音テレビ」

 

B年・王であるキリストのミサ・日ごとの福音テレビ

こちら

 

カトリック新潟教区

チャンネル登録: こちら 

2021年新潟地区信仰養成講座(第1部) 

こちら 

2021年新潟地区信仰養成講座(第2部) 

こちら

 

カトリック広島教区「平和の使徒推進本部」Catholic Hiroshima Diocese

 

広島教区ライブミサ配信は、カトリック幟町教会チャンネルさんが主体です。世界平和記念聖堂が、とても美しいです

カトリック幟町教会の登録チャンネル:こちら
 

2021年11月21日 カトリック幟町教会 - 王であるキリスト・年間第34主日(B年)ミサ -

こちら 

 

2021年11月6日 結婚感謝の集い

こちら

 

Diocese of Fukuoka カトリック福岡司教区

 

~2023年 シノドスへの旅~ 開幕ミサ

こちら

年間第33主日 33rd Sunday in Ordinary Time(2021年11月14日)

こちら

 

平日にもみことばの配達 ~普段着のあなたへ~ ⑪ イエスに出会った人々 出血病の女性 2021年11月10日公開

こちら

 

直方カトリック教会の動画

チャンネル登録:こちら 

 

2021年11月14日(日)年間33主日のミサ@田川カトリック教会 

こちら

 

京都 みんなで捧げるミサ

登録チャンネル: こちら 

 

京都洛北ブロック主日ミサの登録チャンネル名が変更になりました。

 

年間第33主日 司式 一場 修 師(京丹ブロック担当司祭 マリスト会)

こちら

 

カトリック名古屋教区- Nagoya Diocese

登録チャンネル: こちら

 

カトリック安城教会(Kyokai AnjoTv)

登録チャンネル: こちら 

 

2021年11月14日・年間第33主日

こちら

 

やっとヒットしました。愛知県のカトリック安城教会さんのミサ配信です。

 

カトリック岐阜教会

登録チャンネル:こちら

2021年11月14日 年間第33主日ミサ

こちら

 

カトリック南山教会

登録チャンネル:こちら

 

Sacra Familia Osaka

(サグラダファミリア・カトリック大阪梅田教会)
チャンネル登録:こちら

 

年間第33主日 2021.11.14

こちら 

 

33rd Sunday in Ordinary Time

HERE

 

カトリック大阪梅田教会さんのミサ配信続いてます。大阪大教区の皆さん、大阪人のみなさん、ぜひチャンネル登録お願いします!

 

カトリック和歌山紀北教会-屋形町聖堂

チャンネル登録:こちら    

ミサ(王であるキリスト)世界青年の日10:15~ 

こちら  

 

 

カトリック仁川教会

チャンネル登録:こちら 

 

兵庫県西宮市のカトリック仁川教会💒さんをやっと見つけました。正直、関西地方の地名はよく判らない所も多いので、失礼しました!

 

酒井俊弘司教

チャンネル登録:こちら 

 

2021年11月14日 年間第33主日ミサ説教 ドムスガラシアにて

こちら 

 

新しいチャンネルを見つけました。

 

カトリック鹿児島教区

登録チャンネル:こちら 

 

死者のためのミサ(2021年11月13日)

こちら

福者レオ税所七右衛門殉教祭(2021年11月14日)

こちら

 

Roman Catholic Archdiocese of Nagasaki

カトリック長崎大司教区登録チャンネル:こちら 

長崎教区司教座聖堂献堂記念ミサ2021年11月1日17:55~ 

こちら

 

カトリック黒島教会福音宣教部

チャンネル登録:こちら 

 

カトリック平戸口教会

チャンネル登録:こちら

 

カトリック司祭・修道院の登録チャンネルのご紹介;

名古屋教区内 

Kataoka Yoshihiroチャンネル登録: こちら

 

Hiro Francisco(カトリック大和高田教会)

チャンネル登録:こちら 

 

ドミニコの友OP(カトリック松山教会)

チャンネル登録:こちら

チャンネル名が「Antonio Lee, OP」から「ドミニコの友OP」に変更になりました。

  

聖パウロ修道会サンパウロ

登録チャンネルURL: こちら 

 

第54回 アッシジの聖フランシスコ【カトリック入門】

こちら 

山内堅治神父さんが「アッシジの聖フランシスコ」を熱く語ってくださいます。教皇フランシスコが教皇名をいただいた聖人としても有名です。

 

カルメル会上野毛修道院チャンネル登録:こちら

 

サレジオ会日本管区チャンネル登録: こちら 

 

主に平日ミサは小立神父の「ぼっちミサ」へどうぞ!
小立花忠チャンネル: こちら

毎日、平日ミサなら「ぼっちミサ」カトリック彦根教会の小立神父司式でどうぞ!

 

迫真のぼっちミサ、ついにB年まで続いています。基礎疾患がある、平日ミサがないとどうも元気の出ない方はぜひどうぞ!(継続中を確認済)

 

Gerard GOUINEAUグイノジェラール

チャンネル登録:こちら

 

#short#洲本市の滝

こちら 

淡路島の洲本市にも、滝があるんですね。今回はスマホで撮ったと思われるショート動画です。

 

今日のしぇるりんイチオシ動画

「聖イグナチオの霊操」第23回『3組の人』(第2週)

こちら

 

「2021年5月20日より2022年7月31日まで、全世界でイグナチオの年を祝います。」ということですので、企画は続くみたいです。

 

※YOUTUBEでのチャンネル登録者数や再生回数の増加、および操作回数とわたしの検索頻度により、ライブ&動画配信情報に時差が生じております。ご容赦ください。また、掲載されていないカトリック教会のミサが多々あると思われますが、増減する動画配信に一人で検索する限界を感じています。全国で公開ミサが行われるようになり次第、ライブ配信・動画情報提供も終了いたします。

 

 

霊的読書(レクチオ・ディヴィナ)とは、聖書(主に福音書)などを音読し、その中の「ちょっと気になる一句」に心を留めて、祈りのうちに神さまを思い、その一句を通して神さまと語り合うことを指します。ブログ中の聖書の解釈に関する内容は、しぇるりん個人の感想です。聖句そのものと、地理、人間関係などの事実関係は、特別な記載がないものは、日本聖書協会2008年版≪新共同訳 新旧約聖書続編つき≫の解説部分に依拠しています。詳しくは、日本聖書協会発行の≪新共同訳 新約聖書≫≪新共同訳 聖書≫をご参照ください。なお、ミサの朗読福音は、カトリック中央協議会発行の《毎日のミサ》によります。

 

モルモン教、ものみの塔(エホバの証人)、世界基督教統一神霊協会(統一教)、新天地イエス教証しの幕屋聖殿、Apostolic Catholic Church(カトリック使徒教会)は正統派のキリスト教ではありません。「カルト宗教」です。ご注意下さい。

 

「しぇるりん」になりすまし、他の方のブログにコメントを書き込む事例があるとのご指摘を受けました。私は他のブログに書き込みをしません。また「しぇるりん」を騙るニセブログもあるようですが、このブログの書き手とは別人です。ご注意下さい。

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村←ポチッとしてください。励みになります。 ポチッとよろしく!

 

English blog is also available http://shelillelinnecatholictipoff.blogspot.jp/

 

定番の聖書なら→日本聖書協会《新共同訳 新約聖書詩編付》

 



わかりやすいと大好評のカトリック入門書

 



カトリック書籍と聖具は定価で買えるドンボスコ社HPからどうぞ!

 

ドンボスコ社ネットショップ

 





Helps meditation and lectio divina according to the Benedictine monastic spirituality.

 



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ<br/><a href=にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへにほんブログ村 カトリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
<
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ポチッとしてください。励みになります。 ポチッとよろしく!





« 年間第33主日-王であるキリストの祝日2021「オトナのための天地創造ものがたり」: ヨセフの涙 | トップページ | 王であるキリストの祝日2021-2022待降節第一週C年「オトナのための天地創造ものがたり」: ヤコブとヨセフの再会 »

キリスト教エッセー」カテゴリの記事