フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • ブログランキング


    人気ブログランキングへ
  • 日本ブログ村

« ゆるすこと、わすれないこと | トップページ | しぇるりん流「心の傷みの癒す祈り方」 »

2019年5月28日 (火)

イエズスの愛の教えとAIとIoT

Photo_2
この世を支配する者、かの空中に権力を持つ者、すなわち不従順な者たちの中に今も働く霊に従い、過ちと罪を犯して、歩んでいました。

わたしたちも皆、こういう者たちの中にいて、以前は肉の欲望の赴くままに生活し、肉や心の欲するままに行動していたのであり、ほかの人と同じように、生まれながら神の怒りを受けるべき者でした。

しかし、憐れみ豊かな神は、わたしたちをこの上なく愛してくださり、その愛によって、罪のために死んでいたわたしたちをキリストと共に生かしーあなたがたが救われたのは恵みによるのですーキリスト・イエスによって共に復活させ、共に天の王座に着かせてくださいました。

(エフェソの信徒への第一の手紙2:2~7)

 

お元気ですか。しぇるりんです。(^ ^)

 

このブログを書き始めてから、もう5年以上になります。これもイエズスのみ恵みなのでしょう。初めのころは、面倒臭くなって放り出したこともあります。けれども、なぜか「呼ばれた」ので、週2回更新で戻ってきました。

 

ブログなどでカトリック教会の教え、イエス・キリストの教えについて検索している方は、当然ですがPC、pad, iPad、スマホ、iPhoneなど、何らかのデバイスをお持ちの方だと思います。

 

さいきん、さすがに「携帯電話の読み込み」はアクセス解析に表示されることはなくなりました。

 

アクセス解析とは、当ブログにアクセスして頂いた方々の端末やお読み頂いた当ブログ内の記事ランキングなどデーターが表示されるページのことです。

 

冒頭のエフェソの教会への手紙にあるように、使徒ペテロもみ恵みによってイエスの愛に出逢う以前は、私たちとなんら変わらない「生まれながら神の怒りを受けるべき者」、つまり原罪にまみれ、与えられた環境に「馴らされて」生きていました。

 

人間とは、与えられた環境変化に短期間で適応する方法を「智恵や道具を用いて」考え、行動する生き物です。

 

同時に、「人間は、みずからの手で創り出した環境に飼い慣らされる」生き物でもあります。

あるていど自立した学習能力を持つ人口知能であるAIやIoTなどの技術が、いつのまにか私たちの生活だけでなく、その思考や能力にも「支配力」を及ぼしているのです。

 

オギャーと生まれた時からインターネット環境のあった世代の若い方は、良くも悪くも「リア充が思考に入ってこない」現象が起きやすいようです。

 

それは、ネット時代にいつの間にか飼い慣らされてしまった年配層にも言えることです。

 

ある質問サイトで「海外でクリスマスは祝日ですか?」に、わたしが「日本の正月感覚です」と答えたことがありました。

 

そこにめちゃくちゃ生真面目な牧師さんが「教会暦の元旦は、待降節第一主日ではありませんか?」のコメントがつきました。

 

カトリック教会の教会暦的には、正解です。しかし、キリスト教文化圏の信徒で「今年の待降節第一主日はいつ?」を知っている人は、さほど多くありません。

 

およそ12月23日の終業までに年末までの仕事を終わらせ、クリスマス・バケーションを家族で楽しむには、待降節第一主日の頃はだいたい仕事で手一杯な方が多いからです。

 

そのかたは真面目なキリスト者がそのまま牧師さんになった方のようで、「教会のかき入れどき?」であるクリスマスに海外旅行をした経験はないそうです。しかも、プロテスタント教会には日本語で聖書を理解できる人しか来ません。

 

そのため、「神学校で習った通りの答えではない」ことに「違和感を感じてしまった」ようです。

 

さいきん、ものごとをやたら杓子定規に考えるひとが増えました。やはり、「集積し、システム化したデーター」を元に自分の思考を組み立てるよう「飼い慣らされてしまっている」と感じます。

ネットの情報は、わたしたち自らが自分の頭の中でつぶやいた言葉で発信し、「世界中から頭の中に語りかけられる」状態を創り出しているからです。

 

イエス・キリストの教えてくださる愛、罪のゆるしやみ恵みを信じる人々は、AIやIoTの利便性と共にもたらされる厳密な監視社会、管理社会でがんじがらめにされても、たましいの自由を信仰により見失わないよう努力できます。

 

一方で権力や悪が「監視や管理をする人、される人」に恣意に人間を区別し、人間らしさのある生き方を奪おうとしています。

 

同時に「人間らしい暮らしをしたい」「みんな違って、みんないい人間でいたい」という力学がこの社会にも働いているようです。

 

AIやIoTの開発者も、人間です。とうぜん、そのプログラムを作成したひとの倫理観がシステムに反映されます。さらに、個々の国や地域でのネット環境への考え方、言語、社会、文化の特性により、わたしたちユーザーの知らないところで管理されています。

 

真実と偽りの区別は、どのような状況においても難しいのは古今東西かわりません。

そんな時代だからこそ、わたしたちには、原罪を負って生きているというより深い自覚が求められているのだと思います。

 

みなさんのネット環境でのご無事をお祈りします。

 

霊的読書(レクチオ・ディヴィナ)とは、聖書(主に福音書)などを音読し、その中の「ちょっと気になる一句」に心を留めて、祈りのうちに神さまを思い、その一句を通して神さまと語り合うことを指します。ブログ中の聖書の解釈に関する内容は、しぇるりん個人の感想です。聖句そのものと、地理、人間関係などの事実関係は、特別な記載がないものは、日本聖書協会2008年版≪新共同訳 新旧約聖書続編つき≫の解説部分に依拠しています。詳しくは、日本聖書協会発行の≪新共同訳 新約聖書≫≪新共同訳 聖書≫をご参照ください。なお、ミサの朗読福音は、カトリック中央協議会発行の《毎日のミサ》によります。

 

モルモン教、ものみの塔(エホバの証人)、世界基督教統一神霊協会(統一教)、新天地イエスの証の幕屋聖殿、Apostolic Catholic Church(カトリック使徒教会)は正統派のキリスト教ではありません。「カルト宗教」です。ご注意下さい。

 

「しぇるりん」になりすまし、他の方のブログにコメントを書き込む事例があるとのご指摘を受けました。私は他のブログに書き込みをしません。また「しぇるりん」を騙るニセブログもあるようですが、このブログの書き手とは別人です。ご注意下さい。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村←ポチッとしてください。励みになります。 ポチッとよろしく!

 

English blog is also available http://shelillelinnecatholictipoff.blogspot.jp/

 

定番の聖書なら→日本聖書協会《新共同訳 新約聖書詩編付》

 



わかりやすいと大好評のカトリック入門書

 



カトリック書籍と聖具は定価で買えるドンボスコ社HPからどうぞ!

 

ドンボスコ社ネットショップ

 





Helps meditation and lectio divina according to the Benedictine monastic spirituality.

 



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ<br/><a href=にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへにほんブログ村 カトリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
<
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ポチッとしてください。励みになります。 ポチッとよろしく!





 

 

 

http://blog.with2.net/ping.php/1862534/1472659849
http://blog.with2.net/link.php?1862534
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/dakrc9vim5c2
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/dakrc9vim5c2
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/dakrc9vim5c2
https://ping.blogmura.com/xmlrpc/dakrc9vim5c2/

 

« ゆるすこと、わすれないこと | トップページ | しぇるりん流「心の傷みの癒す祈り方」 »

キリスト教エッセー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ゆるすこと、わすれないこと | トップページ | しぇるりん流「心の傷みの癒す祈り方」 »