フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • ブログランキング


    人気ブログランキングへ
  • 日本ブログ村

« なぜ、キリスト教=クリスマスなの? | トップページ | けがれなき御心の聖母マリアに祈ろう »

2018年11月30日 (金)

悪縁を解く「結び目を解く聖母マリアの祈り」

Maria 聖母マリア、神の臨在に満ちた方

あなたはご生涯を通じて

まったく謙遜に御父のみ旨を受け入れ

悪魔さえも

あなたを罠や誘惑に陥れることは

できませんでした。

あなたはすでに息子イエスと結ばれ

私たちのすべてのもつれを

解いてくださり

単純かつ忍耐強く

私たちの人生に絡み合った結び目を

どのように解くのかを身をもって

示してくださいました。


あなたはいつも私たちの母として

主イエスと私たちを結ぶ絆を示してくださいます。

聖母マリア

神の母

私たちの母

私たちの人生のもつれ、結び目を

母の心で解いてくださるあなたのみ手に委ねます。

私たちを苦しみや不安から解放してください。

あなたの取次によって、

あなたの模範に倣うことによって

私たちを開くから解き放ち

私たちと神戸の交わりを妨げる結び目を解き

不安、過ち、誘惑、すべてのものから解放してください。

あらゆることのうちに主イエスと出会い

主に心をとめ、兄弟姉妹のうちに

いつもイエスに仕えることができますように。アーメン。

お元気ですか。しぇるりんです。(^.^)

時にひとは、どうしても避けられない善と悪との闘いに巻き込まれることがあります。

それがもし、自分自身の落ち度ではないのに巻き込まれたと感じ、どんどんと深みに吸いこまれるような状況に陥ったら、たいていは「こんな不幸なことはない。誰かが助けてくれるはずだ」と考えがちです。

しぇるりんは小学生の時、ひどいイジメに遭いました。それは理不尽とも言えるほど、ひどいものでした。担任教師は当時、旧高等師範学校、つまり東京教育大学卒業のエリートだったため、主任~校長の判断は「いじめ被害を受けている児童を握りつぶして、担任教員を守れ」でした。

そのため、いじめ被害を訴えることすら叶わず、自殺を考えるほどの状態になってから不登校になりました。

しかし、「七転び八起き」がしぇるりんの信条です。

負けてたまるかと、いまのEテレ、当時の教育放送テレビとラジオの視聴で必死で学力向上に努めました。応援してくださった塾の先生、何も言わずに受け入れてくれた日曜学校の仲間たちがいて、しぇるりんは不登校だったけど、試験の日だけ登校し、校内3位の成績になりました。

「不登校だからこそ学べる」を身をもって示したのです。

不登校の時代、「いじめっ子を責めるだけでは、自分は変われない。いじめの連鎖を抜け出すには自分が変わらなくてはならない」と思いました。

しかし、人間的に「変わりたい。成長したい。」だけでは限度がある、という苦い真実をも知りました。

成績優秀者は何かと優遇された偏差値万能時代に育ったしぇるりんですが、自分がいじめられない事には成功しましたが、いじめ加害者が「いじめをする」状況は変えられませんでした。

しぇるりんが、両親の気持ちを考えて登校したら「単純にしぇるりんをイジメると親が吊るし上げを喰らうから、他の子をイジメる」という状態が学年末まで続いたのです。

いじめっ子の心には悪が深く染み付いてしまい、悪の連鎖がイジメの連鎖となってしまったのです。その後、一部のイジメっ子は、ヤクザの手下になり、犯罪者にもなったようです。

善と悪との闘いに一度巻き込まれると、苛烈な状況が待っています。どう人間的に努力しても、もつれた糸がほどけないように、どんどんもつれがもつれを呼んでいくのです。

もつれた状態がどんどんもつれ続けていくと、「もうこんな事、止めてしまえ!」と絡んだもつれを解く努力を放棄したくなってしまいます。

そんな時、「結び目を解く聖母マリアへの祈り」を心から唱えると、不思議なぐらい、異常にかみついたねじれ、結び目が解けてきます。

結び目を解く聖母マリアは、18世紀のドイツで絡んでねじれたウエディング・リボンのようになり、妻が離婚を望むほどになった夫婦の夫が、司祭に相談し、司祭が「この祈りにより、結婚のきずなが深まり、結び目を解くように二人の間の問題が解決されますように」と祈って、結婚のきずなが深まったことに由来します。

その夫婦の孫にあたる方が司祭となったのち、結び目を解く聖母マリアへの信心が広まりました。

教皇フランシスコの「ローマ法王になるまで」の映画をご覧になった方はお分かりと思いますが、一応ご紹介します。

聖オスカル・ロメロ殉教司祭が銃殺され、南米のほとんどの国で暴政が荒れ狂った1970~のアルゼンチンで、当時のベルグレオ神父は、貧しい人、弱い立場の人々を守ろうとすればするほど、正しい人の死を見つめる羽目に陥り、疲れ切っていた時、博士号論文を書くために訪れたドイツで、「結び目を解く聖母マリア」の信心に出会いました。

一人ひとりが真心込めて自分自身の心と魂の結び目を解くことで、社会、政治、経済などの諸問題も、少しずつではあっても解けていく、とベルゴリオ神父は信じたのです。

結び目を解くマリアの信心は、ベルゴリオ神父がアルゼンチンの補佐司教となり、教皇フランシスコとなることで、全世界に広まりつつあります。

悪を表すヘビの頭を素足で踏み砕く聖母が、右側の天使から受け取った絡みついたリボンを、忍耐強くほどき、左側にきれいにほどけ、聖母マリアのみ恵みで新たになったリボンをわたしたちにくださるのです。

これは悪に支配され、絡みついた悪縁や悪事に出会った時、聖母マリアが悪を打ち砕き、絡みついたリボンを解くように、良き助けをくださることをあらわしています。

「結び目を解くマリア」の祈りは、夫婦仲、金銭問題や社会問題など、具体的なことがらとして現れた状況を解くカギを示し、救いへの道を指し示されるように見えます。

わたしはもし、聖母がいま、わたしが陥っている悪の陥穽から愛する人と家族と関係者のすべてを救ってくださるなら、必ず「結び目を解くマリアの祈り」と信心を広めると約束しました。

そこで、まずこのブログを通じて、わたしの約束を果たすことに決めたのです。

いま、悪循環に陥り、どうにもならない状況にいるなら、ぜひ「結び目を解くマリア」に心から祈ってください。

そして、自分自身や周囲の人々の心と魂の結び目を解くよう、良き勧めを聴く耳を持つ人には問いかけましょう。

聖母マリアは、心からその取り次ぎを願って祈る人を見捨てるようなことは決してなさらないと、わたしは信じます。


悪が身近に迫る時、悪の濁った空気のようなものが漂い、魂がムカムカするような不快感に襲われ続ける感じを、しぇるりんは受けます。

聖母マリアは悪に打ち勝たれますが、悪が迫って来た時にイエズスが鞭打ちの苦難を耐えたように、魂が鞭打たれるがままにわたしたちもまた耐えねばならない時もあります。

わたしたち一人ひとりは、けがれなき聖母マリアの騎士として、聖母マリアと共にこの世において、日常生活の中で悪との闘いを生涯、たたかい続けるよう招かれています。

そんな苦難の時、ぜひ「結び目を解く聖母マリアの祈り」を唱えてください。聖母は必ずあなただけでなく、関係者すべての結び目をほどいてくださいます。


霊的読書(レクチオ・ディヴィナ)とは、聖書(主に福音書)などを音読し、その中の「ちょっと気になる一句」に心を留めて、祈りのうちに神さまを思い、その一句を通して神さまと語り合うことを指します。ブログ中の聖書の解釈に関する内容は、しぇるりん個人の感想です。聖句そのものと、地理、人間関係などの事実関係は、特別な記載がないものは、日本聖書協会2008年版≪新共同訳 新旧約聖書続編つき≫の解説部分に依拠しています。詳しくは、日本聖書協会発行の≪新共同訳 新約聖書≫≪新共同訳 聖書≫をご参照ください。なお、ミサの朗読福音は、カトリック中央協議会発行の《毎日のミサ》によります。

モルモン教、ものみの塔(エホバの証人)、世界基督教統一神霊協会(統一教)、新天地イエスの証の幕屋聖殿、Apostolic Catholic Church(カトリック使徒教会)は正統派のキリスト教ではありません。「カルト宗教」です。ご注意下さい。

 

「しぇるりん」になりすまし、他の方のブログにコメントを書き込む事例があるとのご指摘を受けました。私は他のブログに書き込みをしません。また「しぇるりん」を騙るニセブログもあるようですが、このブログの書き手とは別人です。ご注意下さい。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村←ポチッとしてください。励みになります。 ポチッとよろしく!

English blog is also available http://shelillelinnecatholictipoff.blogspot.jp/

定番の聖書なら→日本聖書協会《新共同訳 新約聖書詩編付》



わかりやすいと大好評のカトリック入門書



カトリック書籍と聖具は定価で買えるドンボスコ社HPからどうぞ!

ドンボスコ社ネットショップ





Helps meditation and lectio divina according to the Benedictine monastic spirituality.



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ<br/><a href=にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへにほんブログ村 カトリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
<
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ポチッとしてください。励みになります。 ポチッとよろしく!





« なぜ、キリスト教=クリスマスなの? | トップページ | けがれなき御心の聖母マリアに祈ろう »

キリスト教エッセー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1671541/74635210

この記事へのトラックバック一覧です: 悪縁を解く「結び目を解く聖母マリアの祈り」:

« なぜ、キリスト教=クリスマスなの? | トップページ | けがれなき御心の聖母マリアに祈ろう »