フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • ブログランキング


    人気ブログランキングへ
  • 日本ブログ村

« 憲法記念日に「平和」を想う | トップページ | イエス・キリストの「愛」に抱かれて »

2018年5月 8日 (火)

「キリスト教は押しつけがましい」という誤解

お元気ですか。しぇるりんです。(^。^)

どういう理論的な根拠、個人的体験があってのことか、訊ねても答えない方が殆どなので、私にはよくわかりませんが、「キリスト教は押しつけがましい」と信じ込んでいる日本人が未だに大勢いるようです。

私がミサに向かう時、通る道には二つのキリスト教の教会があります。

一つは大きな長老会派のプロテスタント教会、もう一つは私の通う小教区のカトリック教会。どちらの教会にも何らかの聖句を張り出したショーウィンドウ型の看板があり、夕暮れになると蛍光灯をつけ、明るくしています。

この看板はみことばのともしびを伝えると同時に、暗い交差点の一隅を照らす照明の役割をも担っています。教会は、時に日没後にも人と車両の出入りが激しく、暗い交差点側に照明がないと交通事故が増えるため、事故防止用の照明としても機能しているのです。

時々、その看板の前で立ち尽くし、「どうしようかな?教会に入ってみようかな?でも、入っていいのかなぁ?」といった風情で悩んでいる方を見かけます。


時に、ミサ時間を調べてからなお、聖句の前で立ち尽くしている方も見かけます。誰かが「どうされました?教会に来たんですか?」などと声をかけてくれるのかぁな?、とでも思っているのかも知れません。

現実に、駅の前でエホバの証人派やモルモン教の宣教師がこれみよがしに宣教活動を行なっているので、伝統会派のキリスト教でも同じようなことをすると考えているのかも知れません。

ある方に「キリスト教は押しつけがましい」というとても古典的なキリスト教差別を言われて、ふと気づきました。

キリスト教に大いに関心のある方も、誰かが「キリスト教、いいですよ。教会にいらっしゃい。」と背中を押してくれるのをボンヤリ待っている方が、この日本には多いのではないか、ということです。

残念ながら、伝統会派のキリスト教はどこの国であれ「キリスト教を押しつける」という現象は存在しません。

自ら「わたしはカトリック教会で洗礼を受けて、信徒になりたいです」と教会に申し出て、司祭に受け入れられれば、一定の教育を経て信徒になるのです。

カトリック教会の幼児洗礼は、主に親の意志で「我が子をキリスト教徒に育てるつもりです。万一の時、葬式は教会でお願いします」という一種の「入会儀式」にすぎません。


日本のお宮参りに似た行事だと思ってください。


幼児洗礼を受けただけの人は、カトリック教会で葬式をしてもらえるし、先祖代々の教会墓地に入る権利を得ますが、それだけです。

欧米と違うのは、日本人信徒で教会に墓地を持つ方は殆どいないことです。

強いて言えば、日本では葬式代が仏教よりずっと安い!、という、とてもキャッシュな評価は信徒でないご家族からも聴きました。

欧米の多くの方々は、今だに家族墓地が教会敷地内にあることも多いし、教会で葬式が出せないのは「何か教会で葬式をしてもらえないような悪事をしたのか?」と勘ぐられるため、洗礼だけ受けた「紙の上では何らかのキリスト教徒」は、未だ多数派でしょう。

南米諸国、南欧、アイルランドなど、カトリックに「紙の上では特に熱心な」社会では、堅信の秘蹟まで受けて「結婚式もカトリック教会で!」という人々も素朴に多いです。

いわゆる「冠婚葬祭&常識的にキリスト教徒」です。

実際に個人の信仰として訊ねると、欧米の方の8~9割が「特に信仰があるわけではない。ビジネスや仕事に有利なら教会に通ってもいいと思っている。クリスマス、イースター、聖霊降臨祭(ペンテコステ)などの大祝日&ホリデーシーズンに帰省したら、家族と教会に行くのが習慣だと思っている、家族に信心深い人誰かがいればお付き合いで…」ぐらいです。

かと言って、葬式も無神論で、カフェを貸し切りで「人前式」と言い切れるほど徹底した無神論者にもなれないから洗礼を受けている、という点、葬式仏教の日本人とさほど違いはないのかも知れません。

じゃあ、青年(目安として15歳以上ぐらい)や成人で「日本的な意味合いで無神論、無宗教の方」が、キリスト教に強い関心を持ったらどうしたらいいのでしょうか。

まずは、お近くのキリスト教の教会の雰囲気など、直感で気にいるかどうか考えてから、看板に書かれている宗派、所属をWikipedia、グーグルなどでググってキッチリ調べましょう。


自分がこれから生き、死ぬまでの道として、「この道を歩む」かどうかを決める一大事です。キッチリと調べるべきです。

↓カトリック厚木教会。プレハブっぽい外観とは違い、中に入るとステキで大きなお聖堂です。
Images

雰囲気や建物は良さげで立派だけど、入ってみると新宗教だったということもあり得ます。カトリック教会や修道院という看板はあるけど、どうにも教会らしくないプレハブ建築や木造平屋に小さな十字架がポツンということもあります。

修道院や宣教会ですと、表札に「○○修道院」と小さく書かれているだけのごく普通の民家であることも多いです。

まずは電話するなり、昼間(9:00-11:00、13:00-17:00ぐらい)に直接訪問し、何時にどんな集いがあるのかなど、気になることを訊ねてみましょう。

そして、まずは「行って見る」ことです。「行ってみる」だけなら、殆どの伝統会派の教会が「来るもの拒まず、去る者追わず」です。

私の住む自治体のように、「教会なんていくつあるんだか、寺よりずっと多くて全く分からない」とタクシードライバーが嘆く地域では、ドクターショッピングならぬ「教会ショッピング」状態の方も大勢います。

「どこにしようかな?」と「ただいま、お悩み中」の方が、ある日は長老会派の礼拝に、別の日曜日にはカトリック教会のミサに出席するのだと近隣では聴きます。

これは、欧米などではとても考えられない現象です。

「この週の説教はプロテスタントの牧師さんの方が迫力があった😃」、「クリスマスはミサの方が荘厳でカッコいい💕」など、「どっちにしようか決められない理由づけ、動機づけ」はさまざまです。

どちらにせよ、まずは行ってみてください。洗礼を受けるか受けないかは、本人の意志で自ら司祭、または牧師に申し出るものです。

特に成人の場合、何年通っても本人の申し出がなければ洗礼を勧める人がいない場合もあるでしょう。

カトリック教会のミサで祝福を受ける方の中に、「信徒だけど、聖体拝領が出来ない状態の人」も一定の条件下でいるため、信徒にも、洗礼を受けたカトリックの信徒さんか、未信者さんかの区別がつかない場合があります。

未信者の誰かが自分から「洗礼を受けたいです」と言えば、健康な青年男女~であれば、一年ほど洗礼講座に通ったのち、洗礼が受けられます。男性、女性、性転換の有無などは、受洗において関係ありません。

また、臨終、または死がほぼ確定した病状で洗礼を希望する場合、洗礼講座の受講有無に関係なく「臨終洗礼」を受けることができます。洗礼は、特別な場合(離島まで司祭が臨終洗礼だけのために船をチャーターして行く、特別な遠隔地で多額の交通費が発生する場合の交通費実費)を除き、カトリック教会では洗礼にお金は頂きません。

ただし「洗礼」は、伝統会派の新旧キリスト教で「福音派の中でもその教えに異端の疑いがある。または異端である。」と知られた宗派や他の宗教からの転向でない限り、生涯で一回しか受けられません。

カトリック教会の信徒でも、一定条件下で認められれば結婚(婚姻の秘蹟)なら「再婚」もアリなことを鑑みるに、オトナにとって洗礼は、結婚より厳粛に生死を超えて受け止めるべき事柄なのかもしれません。

実際、長老会派のお隣の教会からカトリックに転向した事例がありました。この時は、長老会派の牧師さんから洗礼証明書を頂いて、伝統会派での洗礼であることを書面で確認したのち、「転向式」と「初聖体式」を行います。

どうするにせよ、キリスト教に興味がある、関心がある、悩みのある時に聖書を読んでいる…方に信徒や司祭、宣教師、牧師など、誰かがキリスト教を強要する、ということは伝統会派では起こり得ません。

戦国時代に聖フランシスコ・ザビエルが伝えたカトリック教会の教えは、江戸時代に徹底的に弾圧されました。2018年6月に世界遺産登録になる「潜伏キリシタン遺跡群」が伝えるように、270年の間、司祭なしにイエス・キリストの教えを守り続けた潜伏キリシタンがいました。

その時代に反キリシタン思想の根幹として徳川幕府が唱えたのが「南蛮のキリシタンの教えを押しつけられるのは迷惑千万なり」という考え方です。

戦国時代は応仁の乱の後、武家やサムライだけの闘争にとどまらず、大規模寺社の武力と経済闘争が複雑に入り組んで起こりました。寺社の「お助け」の恩恵を受ける人がいる一方で、寺社同士の紛争に巻き込まれて命を失い、心身不自由になる人も大勢いました。

欧米でも似た状況にありましたが、それはやがて政治革命と宗教革命、二つの革命へとそれぞれ別の道をたどることで、歳月を経て後、政教分離へと進む原動力になりました。


日本では、宗教勢力と民衆の呼応、武装勢力と地域勢力の呼応で世が乱れ、混乱期の常としてまじないやら占いなどに頼る人が増え、さらに混迷と対立を深めた当時の状況の根本的な立て直し、または新しい考えを求めていました。

そこに、トリエント公会議の開催を求めたイエズス会士らが、「キリストの良い教えを伝える本来の宣教活動をしたい」と言う純粋な信仰を持ち、日本にやってきました。

戦国時代の終わりまで、真面目な仏僧ほどキリスト教に対して好意的だったようです。当時のローマ教会がめざしていた反動的宗教改革の意図を理解した上で、キリスト教が日本に根づけば、仏教寺院もまた宗教改革の技法を学べるのではないか、という考えも当時はあったようです。

そのような仏教寺院側の内部改革の意図もまた、徳川幕府には厄介ごとに思えたのでしょう。

駿河の国の領主だった頃、領内の一向一揆に悩まされた松平家(のちの徳川家)の藩士にしてみれば、「仏教寺院の改革運動?一向一揆の悪夢が蘇るのか?」と思ったのかも知れません。

それゆえ徳川幕府は寺社統制とキリシタン弾圧に特に力を入れ、少数派の一部仏教や神道、幕末には非定住者(被差別階級の人々など)や、領地の枠を超えて連帯する一部の修験道の人々まで、タテ割り行政の邪魔をすると見なされた集団は何であれ徹底弾圧する政治方針を打ち立てました。

「キリシタンは押しつけがましい南蛮、西欧の教え」という考え方の根底には、「お上=政府より、神を大切なものだと考えること自体、不遜である」という、極めて中世的で世俗的な政教一致政策に恋々とする明治維新政府の姿勢が、今も日本社会に随所に残っていることの現れだと思います。

結果として、キリシタン禁教時代が終わって一世紀以上経ったいまも、キリスト教に関心のある方が「教会に一度でも好奇心で訪問して、キリスト教を押し売りされたらどうしよう?」という、現実感も根拠もない恐怖感を持ってしまうのだろうな…と思います。

実際には、訪れた教会が新宗教でなければ、また来いなどとしつこく勧めたり、モノをくれてまで歓心を買おうとすることは滅多にないと思います。

友人のそのまた友人の誘いで大韓長老会系の教会の礼拝に一度だけ行ったうちの息子は、なぜか韓国製の美顔パックを二袋、もらって帰って来たことがあります。今だになぜ聖句のカードなど、キリスト教の教会でくれそうな月並みなプレゼントではなく、成人男子に美顔パックだったのかは謎です。

ちなみに大韓長老会派は、アメリカの長老会派が韓国に定着した韓国最大のプロテスタント会派であり、異端やその疑いのある福音派ではありません。

もし、あなたが聖書を読んでみた、キリスト教に関心があると言うなら、教会に行ってみることをお勧めします。

自分一人で一方的に本を読んだだけでは分からないことも、誰かと直接ことばのやり取りをする、聴いてみる、体験してみることで、自分がどう感じるかがわかるからです。

百聞は一見に如かず、とも言います。ぜひ、伝統会派の教会へ、できればカトリック教会へおいでください。

イエスさまが、あなたを待っておられます。

霊的読書(レクチオ・ディヴィナ)とは、聖書(主に福音書)などを音読し、その中の「ちょっと気になる一句」に心を留めて、祈りのうちに神さまを思い、その一句を通して神さまと語り合うことを指します。ブログ中の聖書の解釈に関する内容は、しぇるりん個人の感想です。聖句そのものと、地理、人間関係などの事実関係は、特別な記載がないものは、日本聖書協会2008年版≪新共同訳 新旧約聖書続編つき≫の解説部分に依拠しています。詳しくは、日本聖書協会発行の≪新共同訳 新約聖書≫≪新共同訳 聖書≫をご参照ください。なお、ミサの朗読福音は、カトリック中央協議会発行の《毎日のミサ》によります。

モルモン教、ものみの塔(エホバの証人)、世界基督教統一神霊協会(統一教)、新天地イエスの証の幕屋聖殿、Apostolic Catholic Church(カトリック使徒教会)は正統派のキリスト教ではありません。「カルト宗教」です。ご注意下さい。

 

「しぇるりん」になりすまし、他の方のブログにコメントを書き込む事例があるとのご指摘を受けました。私は他のブログに書き込みをしません。また「しぇるりん」を騙るニセブログもあるようですが、このブログの書き手とは別人です。ご注意下さい。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村←ポチッとしてください。励みになります。 ポチッとよろしく!

English blog is also available http://shelillelinnecatholictipoff.blogspot.jp/

定番の聖書なら→日本聖書協会《新共同訳 新約聖書詩編付》



わかりやすいと大好評のカトリック入門書



カトリック書籍と聖具は定価で買えるドンボスコ社HPからどうぞ!

ドンボスコ社ネットショップ





Helps meditation and lectio divina according to the Benedictine monastic spirituality.



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ<br/><a href=にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへにほんブログ村 カトリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
<
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ポチッとしてください。励みになります。 ポチッとよろしく!





« 憲法記念日に「平和」を想う | トップページ | イエス・キリストの「愛」に抱かれて »

キリスト教エッセー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1671541/73442669

この記事へのトラックバック一覧です: 「キリスト教は押しつけがましい」という誤解:

« 憲法記念日に「平和」を想う | トップページ | イエス・キリストの「愛」に抱かれて »