フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • ブログランキング


    人気ブログランキングへ
  • 日本ブログ村

2019年10月11日 (金)

希望の源である聖母マリア

ロザリオの月、10月を迎え原罪なくしてお生れになり、神の母となり、教会の祈りの招き手となられた聖母マリアを、教皇フランシスコの「使徒的書簡 福音の喜び」から読み解く。

» 続きを読む

2019年10月 8日 (火)

「トラウマ」と愛のおきて

11月に来日される教皇フランシスコの愛と深い霊性をよく表す部分を、「使徒的勧告 福音の喜び」から抜粋して論考。英語の心理学専門誌「サイコロジー・トゥデー」紙に紹介されたトラウマと先端脳生理学のかかわりをご紹介しつつ、「自分が怒っている誰かのために祈る」ことが兄弟愛を前に進める原動力であるという教皇フランシスコの勧めを一緒に考えてみたい。

» 続きを読む

2019年10月 4日 (金)

聖霊の導きとご復活の神秘

教皇フランシスコの使徒的勧告「福音の喜び」から、福音宣教者に向けたメッセージを引用。小さな信徒使徒職に招かれている、わたしたちすべてが神に希望をおき、信頼を生き抜くよう招かれています。

» 続きを読む

2019年10月 1日 (火)

福音の喜びとは?

教皇フランシスコの来日を待ち望み、「使徒的勧告 福音の喜び」から、現代の荒廃しつつある時代、人類と地球が新しい局面を迎えているこの時代における「福音の喜び」について論考。

» 続きを読む

2019年9月27日 (金)

「罪のさとり」と「ゆるし」

「罪やドロドロした出来事が、人生に遭ったことじたいを恥じ入る」傾向の強い日本人。「自身の故意の悪に起因しない人生の不運やできごと」をことばで明らかにすることは、恥ではなく、自己肯定感を高めるものだと論考。あるがままのみずからを認め、ゆるしを得て、父なる神への愛にこころ開けるキッカケを見つけたい。

» 続きを読む

2019年9月24日 (火)

罪あるひとが神を愛するとき

C年年間第25主日の福音書から、「不正な富」のたとえ話を語られたイエスの御心の中にある、深いゆるしと回心の教えが、いま日々の生活に追われるわたしたちにとってどんな意味があるのかを論考してみました。

» 続きを読む

2019年9月20日 (金)

「詩篇」に見る環境問題

詩篇に描かれた「憧れの光景」が、旧約聖書の時代には既に荒野と化していた中東地域の原風景だったことを思い起こし、環境問題が主イエスの愛、信仰、希望の教えとどのような関わりがあるのかを論考しました。

» 続きを読む

2019年9月17日 (火)

すべてのいのちを守るため

教皇フランシスコの来日日程が、正式に決定したことを受け、公式HPの来日メッセージ、「すべてのいのちを守るため」について考察しました。テレビにはあまり報道されない日本社会の状況を鑑みつ、祈りと共にパパ・フランシスコをお迎えする心の準備を整えたいものです。

» 続きを読む

2019年9月13日 (金)

天国に行くには…?

福音書でイエズ・キリストは、イエスさまの弟子として従い、そのみ国に行くにはどうしたらいいのか、について語っておられます。誰にでもいつかは来る「命の尽きる時」が「主イエスのみもとに向かう道となるよう」、生きているうちから愛、希望、信頼を生きたいと願う人々に捧げるエッセー。

» 続きを読む

2019年9月10日 (火)

あなたの考える「天国」はどんな国?

21世紀を生きるわたしたちが、それぞれに思い描く天国のイメージは、神のみ国とはかなり違うのかも知れません。神の被造物であるわたしたちが、神に生かされて、死を迎えるとはどういうことなのか、を天国のイメージから論考してみました。

» 続きを読む

«キリスト者が考えたい「罪悪感と恥の違い」